豆類(大豆等)の直火式焙煎技術を導入したソフトで香ばしい豆菓子の開発

豆類(大豆等)の直火式焙煎技術を導入したソフトで香ばしい豆菓子の開発

企業名 池田食品株式会社
採択年度・活用した事業

2014・札幌型ものづくり開発推進事業

概要
池田食品では、地元大豆を積極的に活用した豆菓子の製造に力を注ぎ、現在は契約栽培による大豆の商品開発も10種類程度となり、契約栽培大豆の開発・普及に取り組んでいます。
 北海道の大豆は表皮が固く、池田食品ではその克服のために研究開発を行い、温風焙煎によるソフト化に成功しました。しかし、豆本来の美味しさは香ばしさも重要な要素であり、現状の温風焙煎だけでは香ばしさに欠けるという欠点があります。大豆の香ばしさを引き出すために、温風焙煎技術に新たに直火焙煎技術を導入し、ソフトで香ばしい豆菓子の開発を目指しました。直火焙煎装置では、均一な焙煎を確保するために回転壁を増やし、焙煎時に必要な豆の回転を良くするための回転調節、豆のサイズの違いによる焙煎むらをなくすための上下焙煎熱の調節を行います。また、直火焙煎技術と温風焙煎技術との掛け合わせによる表皮の剥がれや損傷を防ぐため、製造時の粉の配合・コーティング技術の改良を検討しました。
 試作品での市場調査では、香ばしさに対する評価が高く好評でした。
連絡先

011-811-2211

カタログ・リンク等
豆類(大豆等)の直火式焙煎技術を導入したソフトで香ばしい豆菓子の開発
豆類(大豆等)の直火式焙煎技術を導入したソフトで香ばしい豆菓子の開発

掲載内容は2019年1月時点の情報です。最新の製品情報と相違する場合がございますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ
ノーステック財団 クラスター事業部
TEL:011-708-6526 FAX:011-747-1911