エビデンス取得支援補助金(H29)

目的
 健康意識の高まりにより、機能性を有する商品等への注目が高まる中、北海道食品機能性表示制度「ヘルシーDo」や国の「機能性表示食品」制度に代表されるように、科学的データ(エビデンス)を取得した商品・素材が重要視されています。
 こうした健康機能性の科学的データ(エビデンス)取得は、商品の付加価値を高め、販路の拡大につながることが期待されます。
 本補助金は、機能性表示制度への申請や海外への販路拡大を視野に入れて、食品・食素材・化粧品等の科学的データ(エビデンス)を取得しようとする札幌市内の中小企業を支援し、機能性商品の開発を促進するとともに、食・バイオ関連産業の振興を図ることを目的とします。
補助金額(限度額)
1件につき300万円以内(補助率1/2)
応募締切
平成29年5月23日(火)17時
応募要領
申込書類
選定方法

専門家や関係機関で構成する審査委員会において、「事業(補助金)目的との適合性」及び「計画の妥当性」について判断のうえ決定します。

※審査にあたり、計画内容について電話等で確認させていただく場合があります。

決定通知

平成29年6月中旬を目処に内定する予定です。採択結果を通知し、公表します。

問い合わせ先

〒001-0021

札幌市北区北21条西12丁目 北海道大学構内 コラボほっかいどう

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

研究開発支援部 三井   TEL:011-708-6392 FAX:011-747-1911

E-mail:kenkyu@noastec.jp

対象者

札幌市内に本社または事業活動の拠点(工場・研究所等)を有する食・バイオ関連の中小企業

採択予定件数

2件程度(必要と認める事業がない場合、採択を行わないこともあります。)

補助率

補助対象経費の1/2

事業実施期間

補助金交付決定の日から平成30年3月9日(金)まで

対象経費
食品・食素材・化粧品等の健康機能性に関連して、大学・研究機関、受託分析機関などへの委託により実施する試験に係る経費を対象とします。
なお、対象となる試験の例は以下のとおりです。

 

【試験例】

○ ヒト試験費

○ 動物による機能性評価試験費(ヒト試験に向けた安全性試験を含む)

○ 培養細胞等による試験管内(in vitro)での機能性評価試験費

○ 成分分析費

○ 「機能性表示食品の届出等に関するガイドライン」に基づく研究レビュー

○ その他各種試験分析で、補助目的を達成するために必要と認められるもの

 

注意事項

本事業の成果は、一般に公表することがあります。また、札幌市やノーステック財団が実施する成果報告会、セミナー等で発表を要請する場合があります。

(ただし、特許出願などの知的財産戦略上、支障がある場合はこの限りではありません。)