「地域産学官AI/IoT実証モデル委託事業」の募集について

目的

人口知能(AI)関連技術やインターネット・オブ・シングス(IoT)活用関連技術に関し、北海道の大学等試験研究機関と民間企業等との産学官連携による研究成果を活用した先導的な実証システムを構築することにより、北海道における地域課題の解決を図るとともに、北海道経済の自立・発展及び道民生活の向上に資することを目的とします。

補助金額(限度額)
研究開発費(委託料)年間1,000万円を上限とします。
応募締切
平成29年4月26日(水)※ただし、ファクシミリやE-Mail等による提出は受けられません
応募要領
申込書類
選定方法

ノーステック財団が組織する外部有識者を含む「選考委員会」において、次の「選考基準」からヒアリング選考を行ったうえで選定します。

※選考基準

1 業務遂行能力(AI、IoTを活用したシステムの開発・運用実績及び業務実施体制)

2 企画提案内容(企画内容、実証内容及び効果・目標の設定、報告内容)

3 実用化・波及効果(実用化・事業化の可能性及び地域への波及効果)

4 積算内容

決定通知

選考会による採択案件(委託契約予定者)の決定後、提案者に対して、速やかに採択・不採択の結果をノーステック財団から各共同研究グループ代表機関に通知します。

問い合わせ先

産学連携支援部   島崎

℡011-708-6536

sangaku@noastec.jp

(迷惑メール対策のため、「@」は全角を使用。送信の際は半角に置き換えて下さい。)

対象者

北海道内の産学官(または産学、産官)で構成された共同研究グループ

補助対象分野

委託対象事業

超スマート社会の実現に向けた、AI・IoT実証モデル構築に係る次のいずれかの開発業務を対象とし、委託事業を選定します。

(1)人手不足への対応や生産性の向上等、産業振興を目的としたもの

(2)地域のインフラ確保や地域交通網の維持等、過疎・コミュニティ対策を目的としたもの

 (注1)既存補助事業により国や道などから補助金等が交付されている研究は除きます。

 (注2)委託料と同額以上の地域資金(研究に関連する取組を独自に実施するための資金)を用意していただく必要があります。

採択予定件数

1件

事業実施期間

委託契約締結の日から平成30年3月30日(金)まで

対象経費

研究補助員賃金、共済費、設備備品費(汎用物品を除く)、消耗品費、

旅費(国内旅費に限る。その他規定あり)、謝金、使用料・賃借料、役務費、

印刷製本費、通信運搬費、一般管理費、その他

注意事項

本事業は、補助事業ではなく、ノーステック財団と委託契約を締結し、事業を行っていただくものとなっております。

また、本事業は委託契約額と同額以上の地域資金(研究に関連する取組を独自に実施するための資金)を用意していただく必要がありますので、ご注意ください。