【公募】(START)スタートアップ・エコシステム形成支援 起業活動支援プログラム研究開発課題

趣旨・目的
 米国ではGAFAMを代表とするスタートアップが経済成長を牽引し、雇用や財政を支える新たな担い手となっています。同様に、欧州や中国をはじめとするアジアでも、大学は新しい知識の源であり新産業を生み出す基盤となっています。

 一方、国内においては、近年、スタートアップ・エコシステム構築に向けた支援体制が強化され、起業数が増加していますが、各国との差は拡大しているのが現状です。

大学というフィールドを最大限に活かし、技術革新の成果を速やかに事業化するため、大学発スタートアップを数多く産み出すことが重要となっています。

 この様な状況の中、道内の大学には、世界に通用する技術や国内産業の成長を牽引するシーズが多く蓄積されており、大学発スタートアップの更なる活躍が期待されております。

 本事業は、JST「スタートアップ・エコシステム形成支援事業」の起業活動支援プログラムとして実施するもので、研究の事業化可能性の検討(PoC:概念実証)とビジネスモデル構築に向けた研究開発を進め、北海道発スタートアップの創出による新産業創出を目指します。

 
北海道未来創造スタートアップ育成相互支援ネットワークの概要

 本事業を推進するため、昨年度設立した北海道大学を主幹機関とした「北海道・大学等発スタートアップ育成プラットフォーム」を拡大改組し、新たに「北海道未来創造スタートアップ育成相互支援ネットワーク(HOKKAIDO Startup Future Creation development by mutual support network, HSFC(エイチフォース、“叡智の力”)」を設立しました。

本ネットワーク設立の目的は、北海道内の大学等の知を統合し、そこを起点としたエコシステムの循環を創り、持続可能な社会と新しい未来社会を創造し続けることです。

 本ネットワークでは、教育・研究機関の使命の一つである研究成果の社会実装を起業という形で行い、新たなスタートアップコミュニティの形成により、大学等の機関に所属する研究者や学生のみならず、それを取り巻く様々な人々と共に事業を推進していきます。

また、研究開発課題の公募のほか、起業活動支援プログラムによる学習の機会や、ネットワーク作り等を通じ、専門的な知識の上に経験を積み、自らの力で困難を乗り越えるための思考能力の習得により、自己実現を図ります。

 今回は、起業に向けた資金の提供を目的とした、研究開発課題の公募を行います。

 

startup_A4flyer_0606_fix_ページ_1.jpg

 

フライヤーダウンロード: startup_A4flyer.pdf

 

対象となる研究開発課題

  対象は事業化に向けて研究機関の研究成果と起業・事業化とのギャップを埋めるために行う、ビジネスモデルのブラッシュアップ、試作品製作及び仮説実証のためのデータ(実験結果、計算結果等)の取得、市場調査、特許侵害調査等に限ります。純粋な基礎研究用途や、既存及び立ち上げたベンチャー企業のためには使用することはできません。

 

応募対象者

次の機関に所属する研究者及び学生(修士課程もしくは博士課程の学生に限る)

  •  主幹機関:北海道大学
  •  共同機関:小樽商科大学、室蘭工業大学、北見工業大学、公立はこだて未来大学、北海道情報大学、苫小牧工業高等専門学校、函館工業高等専門学校
  •  協力機関:旭川医科大学、帯広畜産大学、北海道教育大学、札幌医科大学、札幌市立大学、公立千歳科学技術大学、藤女子大学、北海道科学大学、酪農学園大学、旭川工業高等専門学校、釧路工業高等専門学校

※協力機関や上記に記載のない北海道内の大学に所属している研究者等で本プログラムに応募希望がある方は、ノーステック財団までご相談ください。

 

研究開発費用

① ビジネスチャレンジ:1,000万円〜3,000万程度/1件、補助対象経費の10/10:3件程度 

② DeepTech:500万円以下/1件、補助対象経費の10/10:10件程度

 研究成果実践・地域課題解決型:250万円以下、補助対象経費の10/10:12件

 

応募前の取り組み
  1. e-learningプログラム:応募前にアントレプレナーシップ養成のためのe-learningプログラムを受講いただきます。詳細は、エントリーシート提出者に別途お知らせします。
  2. 事前研修:エントリーシートを提出した申請予定者に対して、原則としてスタートアッブ立上げや申請書作成のポイントなどに関する事前研修を実施します。

 

公募要領・申請書等/Application Guideline and Application Forms

 公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。

 

   【様式3】申請書.pptx(①ビジネスチャレンジへ申請する方の様式になります)

   【様式4】申請書.pptx(②DeepTech、③研究成果実装・地域課題解決へ申請する方の様式になります

 

【学生が代表者の場合のみ】 ※様式をアップしました※

(1)学生(研究代表者)は、学生および指導教員が双方署名した確認書を作成してください。なお、署名は「研究代表者氏名」「指導教員氏名」欄に、手書きでサインしてください。また「プログラム代表者氏名」欄は空欄としてください。 

(2)作成した確認書は、スキャンしPDFファイルとして、申込書と共にノーステック財団に提出してください。

 

 

[English Version]

                 Form3.pptx

                              Form4.pptx

NOTICE:Fill in the forms in Japanese,since the screening will be conducted in Japanese.

 

Use this form of "Letter of Confirmation of Agreement " in case the principal investigator is a student.(in Japanese)

Please follow the steps below to prepare the form.
(1) The student (principal investigator) should prepare a letter of confirmation signed by both the student and the supervisor. Signatures should be handwritten in the "Principal Investigator's Name" and "Supervisor's Name" columns. The "Name of the Program Leader" field should be left blank.
(2) Please submit the completed letter of  confirmation as a scanned PDF file to Noastec together with the application forms.

 

 

 

受付期間・提出方法/Period and Method of Application
  •  エントリーシート:2022年6月24日(金) 正午必着

   メールにて提出(start-gap@noastec.jp)

     提出に際してはメール件名の頭に【GAPファンド応募】と入力すること。

 

  •  申請書・合意確認書:2022年6月24日(金)~7月20日(水)正午必着

     オンラインにて申請(詳細は、エントリーシートを提出された方に別途お知らせします)

 

<Period and Method of Application>

Deadline for entry sheet submission: by noon on June 24, 2022 (Friday)

Send the entry sheet by e-mail to "start-gap@noastec.jp" with a title starting "GAP fund application."

 

Period for online submission of application forms and confirmation of agreement: From June 24, 2022 (Friday) to noon on July 20, 2022 (Thursday)

Details of online application will be provided separately to persons who have submitted the entry sheet.

 

 

応募前の取り組み/Pre-application requirements

(1) e-learningプログラム

応募前にアントレプレナーシップ養成のためのe-learningプログラムを受講いただきます。詳細は、エントリーシート提出者に別途お知らせします。

(2) 事前研修

 エントリーシートを提出した申請予定者に対して、スタートアッブ立上げや申請書作成のポイントなどに関する事前研修を実施します。

 詳細は、エントリーシート提出者に別途お知らせします。

 

<Pre-application requirements>

(1) e-learning program

Attend the e-learning program on entrepreneurship before applying. Details will be provided separately to persons who have submitted the entry sheet.

 

(2) Advance training

Advance training regarding starting a startup and advice on how to prepare the application forms will be provided to persons who have submitted the entry sheet and are planning to submit an application.

Details will be provided separately to persons who are planning to submit an application.

 

   NOTICE:This e-learning program is provided only in Japanese.

 

申込書提出先・問い合わせ先

ノーステック財団 産学連携支援部 GAPファンド担当

start-gap@noastec.jp

011-708-6536