「若手研究者交流会」と理事長賞授与式を開催しました

 8月4日、当財団が若手研究者(40歳以下)の人材育成・ネットワーク形成支援を目的として実施している若手研究人材育成事業の助成対象者等、22名の若手研究者を参集して交流会を開催しました。  工学、医学、歯学、薬学、農学など、それぞれ異分野間での研究者交流が行なわれ、同世代の研究者間で積極的な情報交換を行なうことができました。当日は大学研究者のみならず、産学連携支援を行なう行政機関等の参加もあり、連携を深めようと交流を図りました。

 

また、助成対象研究テーマの中から、北海道大学大学院工学研究院 助教 福山 智子 氏の「鋼繊維補強コンクリート中鉄筋に対する正確な腐食診断手法の開発」に対し、本年度の理事長賞を贈呈しました。

 

【写真】研究者交流会と理事長賞贈呈式の様子

3DSCF6316.jpg 3DSCF6536.jpg

 

3DSCF6525.jpg 3DSCF6500.jpg