「若手研究者交流会」と理事長賞贈呈式を開催しました

 10月4日、当財団が若手研究者(40歳以下)の人材育成・ネットワーク形成支援を目的として実施している若手研究人材育成事業の助成対象者等、23名の若手研究者を参集して交流会を開催しました。  医学、薬学、材料工学、情報工学など、それぞれ異分野間での研究者交流が行なわれ、同世代の研究者間で親睦を深めました。当日は大学研究者のみならず、道内大学と産学連携で事業を進める企業や、産学連携支援を行なう行政機関等の参加もあり、連携を深めるべく積極的な交流が図られました。

 

また、助成対象研究テーマの中から、旭川医科大学医学部 病理学講座免疫病理分野 准教授 大栗敬幸氏の「がんの免疫逃避機構を利用したがん免疫治療法の確立に向けた基礎研究に対し、本年度の理事長賞を贈呈しました。

 

【写真】研究者交流会と理事長賞贈呈式の様子

IMG_3235.JPGIMG_3215.JPGIMG_3312.JPGIMG_3334.JPG

このページに関するお問い合わせ
ノーステック財団 研究開発支援部
TEL:011-708-6392 FAX:011-747-1911