「ノースタレント補助金」 理事長賞贈呈式を開催しました

 令和4年3月30日、令和2年度(第13回・令和3年度贈呈)「ノースタレント補助金」の理事長賞贈呈式を開催しました。

 

 当財団では、若手研究者(40歳以下)の人材育成・ネットワーク形成支援を目的として、若手研究人材育成事業を実施しており、助成対象者の研究成果から1名選考し理事長賞を贈呈しています。例年、若手研究者を参集して併せて交流会を開催していますが、感染症拡大防止の観点から交流会の開催を断念し、理事長賞贈呈式のみの開催となりました。  

 

 令和2年度(第13回・令和3年度贈呈)は、北海道大学大学院保健科学研究院 助教 吉村 高明 氏に贈呈しました。

 研究テーマ 「人工知能を用いた前立腺がんに対する動体追跡陽子線治療計画技術の開発

 

  吉村先生は、放射線医療分野に最先端のAI技術(超解像深層学習)を取り入れ、がん患者への負担が少ない画像検査・放射線治療の実現に向けた研究を進めています。
 ノーステック財団は、先進的な取り組みでこれからの課題解決を担う若手研究者を応援していきます。

 

 

【写真】 理事長賞贈呈式の様子

1A7A6092.jpg 1A7A6116.jpg
1A7A6035.jpg 1A7A6003.jpg

 

このページに関するお問い合わせ
ノーステック財団 研究開発支援部
TEL:011-708-6392 FAX:011-747-1911