バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第362号 (2018.1.24発行)

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■□■------------------------------------------------2018/1/24

   □■       メルマガ NOASTEC通信 第362号           ■

   ■                 http://www.noastec.jp          ■□

    ----------------------------------------------------------■□■

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━≪目次≫━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

募集・案内

------------------------------------------------------------------------

【1】北大リサーチ&ビジネスパークセミナー in 札幌

------------------------------------------------------------------------

【2】(再掲)北大リサーチ&ビジネスパークセミナー in 東京

------------------------------------------------------------------------

【3】(文部科学省)

   『地域イノベーションシンポジウム2018 in 函館』開催のお知らせ

------------------------------------------------------------------------

【4】(札幌商工会議所)

   食品見本市Food Taipei(台湾)出展企業募集のお知らせ

------------------------------------------------------------------------

■「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

------------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────────┼

 募集・案内

┼──────────────────────────────────┼

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 【1】北大リサーチ&ビジネスパークセミナー in 札幌

□     

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北海道大学の北キャンパスエリアに広がる「北大リサーチ&ビジネスパーク」で

は、産学官金12機関が連携し研究開発から事業化までの取り組みを一貫して推進

する場を提供しています。

札幌セミナーでは、産学官連携事業に数多く関わり、ベンチャー企業等の開発支

援を積極的に推進されている、株式会社浜野製作所 代表取締役 浜野慶一氏によ

る基調講演のほか、浜野氏がご出演されている映画「未来シャッター」を道内初

上映いたします。

 

 日 時:平成30年2月19日(月)14:00~17:00

 会 場:京王プラザホテル札幌

     (札幌市中央区北5条西7丁目)

 参加料:無料

 対象者:道内の産学官金のコーディネータ、ものづくり産業関連企業経営社等

 定 員:150名程度

 申込締:平成30年2月13日(火)

 主 催:北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会

 共 催:(独)中小企業基盤整備機構北海道本部、(地独)北海道立総合研究

     機構

 後 援:北海道、北海道大学産学・地域協働推進機構、(一社)北海道中小企業

     家同友会札幌支部、(公財)北海道科学技術総合振興センター(ノー

     ステック財団)

 問合先:北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会事務局(ノーステック財団

     内)TEL:011-708-6536 FAX:011-708-6529 

     E-Mail:sangaku@noastec.jp

 詳 細:https://www.hokudai-rbp.jp/business-idea/2425/

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 【2】(再掲)北大リサーチ&ビジネスパークセミナー in 東京

□    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北海道大学の北キャンパスエリアに広がる「北大リサーチ&ビジネスパーク」で

は、産学官金12機関が連携し研究開発から事業化までの取り組みを一貫して推進

する場を提供しています。東京セミナーでは、「食」と「健康」をテーマに、北

海道大学の研究シーズや北海道の食素材及びフードビジネス環境などをご紹介い

たします。

 

 日 時:平成30年2月7日(水)13:00~17:00

 会 場:TKP東京駅大手町カンファレンスセンター

     (東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル)

 参加料:無料

 対象者:企業関係者および研究者等

 定 員:100名

 申込締:平成30年2月2日(金)

 主 催:北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会

 共 催:(独)中小企業基盤整備機構北海道本部、(地独)北海道立総合研究

     機構

 後 援:北海道、北海道大学産学・地域協働推進機構、(公財)北海道科学技

     術総合振興センター(ノーステック財団)

 問合先:北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会事務局

     (ノーステック財団内)TEL:011-708-6536 FAX:011-708-6529 

     E-Mail:sangaku@noastec.jp

 詳 細:https://www.hokudai-rbp.jp/business-idea/2359/

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 【3】(文部科学省)

□      『地域イノベーションシンポジウム2018 in 函館』開催のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文部科学省は、例年開催している『地域イノベーションシンポジウム』を今年度

も開催いたします。今年度の開催地は北海道の函館市です。

 

 日 時:平成30年2月15日(木)13:00~17:00

         2月16日(金) 9:30~11:45

     ※初日の17:15~19:00に会費制の交流会を行います。

 会 場:函館北洋ビル 8階大・小ホール、9階会議室

     (函館市若松町15-7) https://hakodate-kankou.com/convention/2629/

 テーマ:今後の展望と課題

 参加料:無料 ※会費制交流会の参加費はお一人3,000円の予定です。

 定 員:150名 

     ※事前申込制とし、定員に達し次第、参加受付を締め切ります。

 申込締:平成30年1月31日(水)

 参加申込:インターネット上の専用ウェブサイトで、事前の参加申込みを受け

      付けます。下記のURLから当該ウェブサイトにアクセスし、参加

      申込み手続きを行ってください。

      https://sc-form.jp/94/108/f74/

 問合先:『地域イノベーションシンポジウム2018 in 函館』開催事務局

     (株式会社リベルタス・コンサルティング) 担当者: 五十嵐、関

       Email: r-innovation@libertas.co.jp

       TEL: 03-3511-2161(直通)/ FAX: 03-3511-2162

      ◎文部科学省における担当部署

       文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課

       担当者: 門倉、長谷川 Tel: 03-6734-4194(直通)

 プログラム(予定):

 ※内容・タイトルや発表者等は諸事情によりやむを得ず変更することがあり

  得ます。

 

  ===== 1日目(2月15日[木])13:00~17:00 =====

  ●開会挨拶 13:00-

    主催者(文部科学省)

 

 ●基調講演 及び 特別講演 13:05-14:05

 「地域科学技術を活用したイノベーション創出をめぐる今後の展望と課題」

   - 基調講演者

  前田   真 氏(株式会社産学連携機構九州 代表取締役社長)

   - 特別講演者

  後藤 芳一 氏(一般財団法人機械進行協会 副会長 技術研究所長)

  「地域科学技術」とは何であるか、それを活用したイノベーション創出を

 めぐりどのような展望と課題を指摘できるかについて、2名の有識者の講演

 を通じて、シンポジウム全体を貫く問題提起をいただきます。

  「基調講演」(前田氏)では「地域イノベーション戦略支援プログラム」

 での講演者自らの経験等に基づき、また、「特別講演」(後藤氏)では事業

 化や社会実装に関わる知見に基づき、ご講演いただきます。

 

 ●関係者への事前アンケート結果報告 14:05-14:15

    開催事務局(株式会社リベルタス・コンサルティング)

 

  ●パネルディスカッション 14:15-15:25

   「地域科学技術を活用したイノベーション創出をめぐる障壁・課題の解決に

  向けた仕組み・方策の改善点」

   - モデレーター

     前田  真 氏(株式会社産学連携機構九州 代表取締役社長)

   - パネリスト(五十音順)

  大津留 榮佐久 氏(一般社団法人中部経済連合会

           イノベーション委員会 特別参与)

     後藤 芳一 氏(一般財団法人機械振興協会 副会長 技術研究所長)

     堤   孝志 氏(ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社

                   代表取締役)

     増田 洋介 氏(公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構 専務理事)

     安井   肇 氏(北海道大学大学院 水産科学研究院長)

 関係各界の有識者をパネリストに迎え、地域科学技術を活用したイノベー

 ション創出をめぐる障壁・課題とそのブレークスルーについて、過去の地域

 イノベーションシンポジウムで取り上げた主要テーマを踏まえ、下記の観点

 から討議します。これを通じて、地域科学技術を事業化・社会実装という成

 果に結びつけるための仕組みを version up する上でのポイントを探ります。

  ○ 地域主体の「交流ネットワーク構築」「内外との連携」

  ○「リニアモデル」とは異なる地域イノベーション実現

  ○ 地域発のイノベーションの「持続性」の涵養

 

  ~ 休憩(15分)~

 

  ●ワークショップ(WS) 15:40-17:00

   「地域イノベーションの創出に必要な仕組みの基盤強化:人材と資金」

   - WS①:地域イノベーションを担う人材の確保・育成・登用・定着

  [ファシリテーター]大津留 榮佐久 氏

   (一般社団法人中部経済連合会 イノベーション委員会 特別参与)

   - WS②:研究推進・事業化・社会実装に向けた必要資金の確保と有効活用

  [ファシリテーター]西岡 純二 氏

   (公益財団法人北海道科学技術総合振興センター 専務理事)

 シンポジウム前段の基調・特別講演とパネルディスカッションの内容を踏

 まえて、事業化・社会実装を成功させる上で必要な仕組みを支える基盤的要

 素である「人材」と「資金」をテーマとして、有識者のファシリテーション

 により、これらの要素を地域においていかに強化し、有効性を高めていくか

 について、参加者同士の率直な意見交換を行います。

 

  ●1日目の17:15-19:00に会費制交流会を行います(参加費はお一人3,000円の

  予定)。

   ※交流会への参加を希望される方は、参加申込み(後記参照)の段階で申し

  込んでください。

 

  ===== 2日目(2月16日[金])9:30~11:45 =====

  ●平成30年度「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」個別相談

  会を設置し、個別のご相談に対応いたします。

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 【4】(札幌商工会議所)

□       食品見本市Food Taipei(台湾)出展企業募集のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、札幌食と観光国際実行委員会(事務局:札幌市)では、2018年6月27日(

水)~30日(土)までの4日間、台湾・台北市にて開催される、国際食品見本市

「Food Taipei(フード・タイペイ)」の出展企業を募集しています。

 

 名 称:FOOD TAIPEI(フード・タイペイ)2018

 日 程:平成30年6月27日(水)~30日(土)

 場 所:台湾・台北市(台北南港展示ホール1)

 募集企業:北海道内に本社を有し、かつ、札幌市内に営業所・工場・販売拠店

      を保有し、海外への販路拡大に取り組んでいる又は予定している食

      品製造者及び商社

 募集企業数:6社程度(3小間、1社1/2小間ずつの予定)

 補助内容:ブース小間代(出品料)、備品代(1社上限10万円)、商品紹介チ

      ラシ作成経費や通訳手配料の一部等

     ※中小企業以外の大企業はブース小間代に一部をご負担いただきます。

     ※過去に当実行委員会を通じてFood Taipeiに出展した企業については、

      備品代の全額をご負担いただきます。

 申込締:2018年2月5日(月)まで<必着>

 申込・問合せ先:札幌商工会議所 国際・観光部 食産業・貿易課

         (担当者:中森、菅原、平岡) TEL:011-231-1332

         Email:trade@sapporo-cci.or.jp

         ◎メールアドレスに申込みフォームをご送付ください。

 詳 細:http://www.city.sapporo.jp/keizai/tradeinfo/business/business.html

 ※本実行委員会並びにジェトロによる選考がございます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします。

募集施設及び入居条件等は次のとおりとなっております。

まずは施設の見学だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 条 件:北海道経済に寄与する産学官又は産学共同研究を実施する企業・団体

 施 設:コラボほっかいどうDルーム

     所在地/札幌市北区北21条西12丁目北海道大学構内

     料金/2,542円/平方メートル(冷暖房費、駐車料金込、水道光熱費別)

     面積/各室約50平方メートル

 問合先:公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

     総務企画部 菊地・中井

     TEL:011-708-6525 FAX:011-708-6529

     Email:info@noastec.jp(@は全角になっています)

 詳 細:http://www.noastec.jp/web/collabo/index.html

 

 

========================================================================

このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当

財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。

また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作

以外には使用いたしません。

 

ご意見・ご質問、変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

 

E-mail: mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

配信停止はこちら↓

https://www.noastec.jp/web/magazine/index.html

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。

当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。

(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)

[Northern Advancement Center for Science & Technology]

URL: http://www.noastec.jp

 

お問い合わせ:総務企画部

E-mail:mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

TEL: 011-708-6525  FAX: 011-708-6529

 

このメールの表示は、固定ピッチで最適化しております。

--------------------------------------------- end ----------------------