バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第327号 (2017.2.8発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2017.2.8発行・-・-

         メルマガ  NOASTEC通信  第327号

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━

 

私は写真を撮るのが好きで、たまに撮影に出かけたりしていたのですが、最近は

 

めっぽう減ってしまいました。

 

というのも、最近のスマホのカメラ機能がすばらしすぎて、ごついカメラや機材

 

を持って「いざ出陣」と意気込まなくても、簡単に、しかもかなりきれいに撮影

 

することができるようになったからです!

 

というのは、ものぐさの言い訳ですが、スマホのカメラ機能がすばらしいのは、

 

スマホをお使いの方なら皆さん感じておられるのではないでしょうか。カメラそ

 

のものの性能も向上していますが、撮った写真を加工するアプリもかなり使えま

 

す。

 

多少露出が悪くても、多少色が悪くても、多少水平がずれていても、多少構図が

 

悪くても、かなりプロっぽく(言いすぎか)補正・編集できます。写真が急に上

 

手くなったようなような気になりますが、やはりそこは勘違い。

 

自動的に美人にしてくれたりもするようですよ。そういえば、どこぞやの国では

 

証明写真は修正しているのが当たり前だそうですが、「見た目別人じゃ証明でき

 

んだろ!」と突っ込みたくなりますね。

 

そんな中、スマホで写真が上手くなったと勘違いしながら、一眼レフを使ってき

 

っちり気合いを入れて撮った写真に落胆することしきりです。

 

でも、たまに「奇跡の一枚」があったりするととてもうれしいもので、次の撮影

 

が楽しみになります。

 

とは言え、やはり手軽なスマホは手放せなくなりました。

 

(ひ。)

 

それでは、2月8日号をお送りいたします。

 

 

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス

◆「地域イノベーション広域連携シンポジウム~

  地域産品の育成と機能性評価への取り組み」を開催しました。

◆「平成28年度研究発表会・事業説明会及び交流会 (兼 北大北キャンパス交

  流会)」を開催しました

〔2〕募集・案内

◆「生産現場をカイゼンしよう!

  自社内カイゼンマネージャー育成講座 導入セミナー」開催のご案内

◆2月22日開催!「医療ビジネスセミナー」

 ~バイオ産業・医療ビッグデータの最新動向と札幌の可能性~

◆ 「ものづくりシンポジウム」中小企業の連携が生み出す新たな市場とは

    ~鋳物シンジケートの取組~ のご案内

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────────┼

〔1〕トピックス

┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「地域イノベーション広域連携シンポジウム~

  地域産品の育成と機能性評価への取り組み」を開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文部科学省の「地域イノベーション戦略推進プログラム」事業を推進している北

海道地域(総合調整機関~ノーステック財団)と神奈川地域(同~公益財団法人

神奈川科学技術アカデミー(以下、「KAST」)では、平成26年6月に連携協定を

締結し、食の機能性評価に関する取り組みを連携して行っております。

 

このたび、1月18日(水)かながわサイエンスパーク(神奈川県川崎市)にお

いて、KAST、ノーステック財団、神奈川ライフサイエンス実用化開発拠点推進協

議会、北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会の連携による「地域イノベーシ

ョン広域連携シンポジウム~地域産品の育成と機能性評価への取り組み」を開催

しました。

 

今回は、これまでの成果として地域の特徴ある食素材や評価技術などを紹介する

ため、

・ノーステック財団、KASTが取組む地域イノベーション戦略推進プログラム事業

の概要説明

・KAST未病改善食品評価法プロジェクトリーダーの東京大学大学院 特任教授 

阿部啓子氏より

「機能性食品の解析と品質評価-桑葉のヒト介入試験」と題しての講演

・北海道情報大学医療情報学部 教授 西平 順氏より

「『食と健康と情報』をコンセプトにした地域プラットフォームの構築と国内展

開」と題しての講演

を行いました。

あわせて、神奈川、北海道、沖縄の各地域における食の機能性評価や食素材につ

いての講演を行いました。

 

 さらに別会場では、北海道、神奈川地域以外の地域(公益財団法人沖縄産業振

興公社、公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構、公益財団法人栃木県産業

振興センター、一般財団法人北陸産業活性化センター、公益財団法人静岡県産業

振興財団、公益財団法人わかやま産業振興財団)における、食と健康に関するさ

まざまな取り組みを紹介する場としてポスターセッションを開催しました。

 首都圏の食やライフサイエンス系の企業関係者など80名を超える参加があり、

盛況に終えることができました。

 

 今後は、本日ご紹介した事例を一例として、各地域の成果を結集してメリット

の最大化を目指す広域連携の取組みを拡大していきたいと考えています。

 

ホームページ:https://www.noastec.jp/web/news/details/post_129.html

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「平成28年度研究発表会・事業説明会及び交流会 (兼 北大北キャンパス交

  流会)」を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団と中小企業基盤整備機構北海道本部は、1月25日(水)にコ

ラボほっかいどう大会議室・交流スペースにおいて、「平成28年度研究発表会

・事業説明会及び交流会(兼 北大北キャンパス交流会)」を開催いたしました

   

 この発表会・説明会は、「コラボほっかいどう」および「北大ビジネス・スプ

リング」の入居企業の皆さまに研究開発や商品開発などの成果をご発表いただき

、北大北キャンパス関係者との情報交換や相互交流を図ることを目的に開催して

います。

 

 当日は、5社の入居企業の皆さまが研究発表や事業説明を行い、約50名と多

数の方々にご参加をいただきました。発表会・説明会終了後は、交流会を行い意

見交換等で有意義な会となりました。

 

皆さまのご協力に感謝申し上げます。

 

ホームページ:https://www.noastec.jp/web/news/details/post_128.html

 

 

┼──────────────────────────────────┼

〔2〕募集・案内

┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「生産現場をカイゼンしよう!

  自社内カイゼンマネージャー育成講座 導入セミナー」開催のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団では、道総研工業試験場と連携し、「生産現場のカイゼン」を

実践的に学び、自社のカイゼンをマネージメントする人材を養成する講座を3年

間にわたりに実施する予定です。

1年目の今年度は、「導入セミナー」としてカイゼン手法の基礎を学ぶとともに

道内企業等のカイゼン実例をご紹介します。この機会に改善手法を学び、生産性

の向上を目指しましょう!

 

開催概要

【日時】平成29年3月10日(金)13:30~16:30

【会場】ホテルモントレーエーデルホフ札幌 12階ベルクホール

    (札幌市中央区北2条西1丁目1-10)

【定員】50名(先着順) 

    ※下記URLより参加申込書にてお申込みください。

【対象】機械金属工業をはじめとする道内ものづくり企業の現場管理者など、社

    内におけるカイゼンのキーパーソンとなる立場の方や、カイゼンに興味

    のある方

【主催】公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

【共催】地方独立行政法人北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 工業試験

    場

【協力】一般社団法人北海道機械工業会

 

開催内容

講演Ⅰ「道内ものづくり企業の現状と生産現場カイゼンのすすめ」

講師:道総研工業試験場 製品技術部長 飯田 憲一 氏

講演Ⅱ「ムダ取りと改善の進め方事例の紹介」

講師:堀口ビジネスコンサルティング 代表 堀口 敬 氏(中小企業診断士)

 

問い合わせ先

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団) 

クラスター事業部 郡司、栗林

TEL:011-708-6526  FAX:011-747-1911

 

詳しくはこちらをご覧下さい

https://www.noastec.jp/web/news/details/post_130.html

(参加申込書をダウンロードできます)

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2月22日開催!「医療ビジネスセミナー」

~バイオ産業・医療ビッグデータの最新動向と札幌の可能性~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後の成長が期待される医療・バイオ分野では、医療ビッグデータや人工知能(A

I)といったIT技術との融合により、業界の構造が変わりつつあります。本セミナ

ーでは、医療・バイオ産業の最新情報や、札幌で行われている先端的な医学研究

が地域産業にもたらす大きな可能性をご紹介します。

 

◆開催概要

【日時】平成29年2月22日(水) 14:00~17:00

【会場】京王プラザホテル札幌 2階エミネンスホール

    (札幌市中央区北5条西7丁目2-1)

【定員】100名(参加無料、事前申込制)

【主催】ノーステック財団、札幌市

【共催】北海道医療福祉産業研究会

【協力】北海道経済産業局、北海道、一般社団法人北海道IT推進協会

 

◆申込み方法・詳細【締切 平成29年2月17日(金)】

https://www.noastec.jp/web/news/details/post_122.html

 

◆プログラム

特別講演:医療・バイオ産業の最新トピックと札幌・北海道の可能性

(14:05-15:05)

>日経BP社 特命編集委員 Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満 氏

 

講演1:北海道大学のクリニカルバイオバンクと医療ビッグデータ

(15:20-15:50)

>北海道大学病院 がん遺伝子診断部 統括マネージャー 

 特任教授 西原 広史 氏

 

講演2:先端医療にITはどう寄与できるか 

(16:00-17:00) 

>三菱スペースソフトウェア株式会社 関西事業部

 バイオメディカルインフォマティクス開発室  副室長 谷嶋 成樹 氏

>株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン 

 医療ITソリューションズ サービス ビジネスグループ 

 ビジネスグループ長 古濱 淑子 氏

 

◆問い合わせ

ノーステック財団 研究開発支援部 担当:岡、鈴木洋平

電話:011-708-6392  FAX:011-747-1911

Email:kenkyu@noastec.jp

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「ものづくりシンポジウム」中小企業の連携が生み出す新たな市場とは

    ~鋳物シンジケートの取組~ のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北海道経済産業局では、室蘭工業大学と共同で「ものづくりシンポジウム」を開

催します。

 

◆地域で幅広いネットワークを築き上げた(株)浜野製作所(東京都墨田区)が運営

する、ものづくりの支援拠点「ガレージ・スミダ」

 

◆技術力を武器に小さな鋳物企業が連携し、大手鉄鋼メーカーが求める高度な部

品供給に挑戦する「鋳物シンジケート」

 

2つのプロジェクトを通じて、ものづくり企業の新たなビジネスチャンスの可能

性を探ります。

 

 

【日時】平成29年2月23日(木)

     シンポジウム14:00~17:40(交流会18:00~19:00)

【会場】JRタワーホテル日航札幌 36階 たいよう

    (札幌市中央区北5条西2丁目5)

【定員】200名/参加無料

    (交流会に参加される方は別途会費5,000円が必要です。)

【主催】経済産業省北海道経済産業局、室蘭工業大学

【後援】(株)北海道新聞社、(株)室蘭民報社ほか

 

【プログラム】

14:00 開会挨拶 経済産業省 北海道経済産業局長 児嶋 秀平

14:05 基調講演

   「下町工場の新しいモノづくりへの挑戦」

    (株)浜野製作所 代表取締役 浜野 慶一 氏

15:05 基調講演

   「素形材産業を巡る現状と課題」

    経済産業省 製造産業局 素形材産業室長 蘆田 和也

15:35 プロジェクト紹介

   「鋳物シンジケートの取組について」

    室蘭工業大学 もの創造系領域 機械航空創造系学科 教授 清水 一道

16:15 パネルディスカッション

    経済産業省 製造産業局 素形材産業室長 蘆田 和也

    (一社)日本鋳造協会 会長 伊藤 光男 氏

    (株)浜野製作所 代表取締役 浜野 慶一 氏

    佐藤鋳工(株) 代表取締役社長 佐藤 孝造 氏

    室蘭工業大学 もの創造系領域 機械航空創造系学科 教授 清水 一道

18:00~19:00 交流会

 

【申込方法】

以下のウェブサイトをご覧下さい。

http://www.hkd.meti.go.jp/hokis/20170127/index.htm

 

【申込・問い合わせ先】

ものづくりシンポジウム事務局(道新サービスセンター内)

電話:011-614-3944(平日10:00~17:00)、FAX:011-614-3943

E-mail:chuzou@doshin-sc.co.jp

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします。

募集施設及び入居条件等は次のとおりとなっております。

まずは施設の見学だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

◆入居条件

 北海道経済に寄与する産学官または産学共同研究を実施する企業・団体

 

◆募集施設

 施設名称 コラボほっかいどうC・D・H・Iルーム

 所在地  札幌市北区北21条西12丁目北海道大学構内

 料金   2,542円/平方メートル(冷暖房費、駐車料金込、水道光熱費別)

 面積   各室約50平方メートル

 

◆お申込方法

お電話またはe-mailでお問い合わせください。

e-mailでご連絡いただく場合は、次の事項を記載してください。

・企業(団体)名

・研究の内容(研究テーマ等)

・ご担当者様のご氏名

・ご連絡先(お電話番号・e-mailアドレス)

 

◆お問い合わせ先  

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

企画・産学連携本部 小関 ・ 総務部 中井

電話(011)708-6525   FAX(011)708-6529  

e-mailアドレス info@noastec.jp(@は全角になっています

 

◆詳細はこちらでご確認ください。

URL http://www.noastec.jp/web/collabo/index.html

 

 

========================================================================

このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当

財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。

また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作

以外には使用いたしません。

 

ご意見・ご質問、変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

 

E-mail: mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

配信停止はこちら↓

https://www.noastec.jp/web/magazine/index.html

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。

当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。

(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)

[Northern Advancement Center for Science & Technology]

URL: http://www.noastec.jp

 

お問い合わせ:企画部

E-mail:mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

TEL: 011-716-9168   FAX: 011-708-6529

 

このメールの表示は、固定ピッチで最適化しております。

--------------------------------------------- end ----------------------