バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第305号(2016.6.22発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2016.6.22発行・-・-

         メルマガ  NOASTEC通信  第305号

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━

 

昨日、北半球では太陽高度が最も高く、昼間の時間が最も長い『夏至』でした。

 

毎年、夏至が来ると「今年も半分終わってしまった!早い~」と感じます。

 

日本の場合は、梅雨の時期に当たるため分かりにくいと言われていますが北海道

 

は久し振りの晴天で日中のような明るい時間が非常に長く感じました。

 

毎年、開催されている札幌のキャンドルナイトをご存知でしょうか?夏至の日に

 

企業やレストラン・カフェが夜8~10時の間は一斉に電気を消して、スローな

 

夜を過ごそうという取組で節電にもなります。

 

キャンドルナイトにあやかって、お家でも就寝の少し前に電気を消してキャンド

 

ルを灯したのですが、いつもとは違う幻想的な雰囲気に子どもも楽しんでいるよ

 

うでした。

 

(あ。)

 

それでは、6月22日号をお送りいたします。

 

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス

◆標津町産業クラスター創造研究会、若い世代が新たな第一歩!

 

〔2〕募集・案内

◆「北洋銀行ものづくりテクノフェア2016」開催のご案内

◆北大リサーチ&ビジネスパーク ライフサイエンスセミナー の開催について

◆医療健康関連産業新規参入促進セミナー

~医療・健康分野におけるIT技術の可能性を探る~ 

◆「NEDOフォーラム2016 in 北海道」の開催について

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

┼──────────────────────────────────┼

〔1〕トピックス

┼──────────────────────────────────┼

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆標津町産業クラスター創造研究会、若い世代が新たな第一歩!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ノーステック財団は、地域の仕組みづくり事業の一環として、地域の特色を活

かした産業クラスター形成を目指して活動する地域産業クラスター研究会の活動

を支援しております。

標津町でクラスター活動に取組む標津町産業クラスター創造研究会は、去る6月

16日、若い世代による第2期の活動をスタートしました。

 平成19年8月に設立された標津町研究会は、設立以来、「地域資源を搾って

宝に輝かす」を目標に、地域資源を活用した産業おこしに積極的に取組んできま

した。

 約10年のクラスター活動は、標津町産品をはじめ北海道産の食材を専門に扱

う「北海道食彩」(東京の食品メーカー「光商」子会社)のたちあげ、標津町産

のいくらを中心として知床周辺の食材にこだわって提供する「北海道知床標津い

くら丼うえだ」の首都圏2店舗出店など、標津町ブランド・地域資源の発信に大

きく貢献する成果を産み出してきました。

今回、活動開始から10年を経過し、設立メンバーの多くが60~70代になっ

てきたことから、今後も将来にわたってクラスター活動を標津町産業おこしのた

めに継続していくことを目指し、活動を若い世代に引き継ぐこととして、研究会

第1期は5月に解散。6月16日、第2期メンバーによる「標津町産業クラスタ

ー創造研究会第2期設立総会」が開催され、建設業の(株)上田組上田修平副社長

を代表に選出し、新たな活動がスタートしました。

 第2期メンバーは、30~40代の若手の漁業、酪農、食品加工、精肉、建設

業、ホテル業、農協等1次から3次産業まで幅広い業種で構成され、「地域資源

の可能性を磨き宝に輝かす」を目標に活動を進めていきます。若いメンバーそれ

ぞれの標津町に対する熱い思いが、地域資源を宝に変える成果を産み出すことを

期待しています。

 これまでの先駆者の取組みの成果をいかに次の世代につないでいくかは、20

年を経過した北海道産業クラスター創造活動のこれからの大きな課題です。標津

町研究会の見事なバトンの受け渡しは、今後のクラスター研究会活動の一つのモ

デルケースとなる取組みです。私たちノーステック財団も、標津町研究会の第2

期メンバーの活動に注目して、その活動を様々な面でサポートしていきます。

 これまで第1期の活動を支えてきた中村前代表以下、第1期のメンバーの皆様

のクラスター活動に対するご尽力と大きな成果を産み出されたことに、心から敬

意を表します。

 

 

┼──────────────────────────────────┼

〔2〕募集・案内

┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「北洋銀行ものづくりテクノフェア2016」開催のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「北洋銀行ものづくりテクノフェア2016」が、7月21日(木)にアクセス

サッポロで開催されます。

開催10周年となる今年は、「ものづくり北海道の未来」をテーマに、『宇宙ロ

ケット』(植松電気、インターステラテクノロジズ社)、『移動式水素ステーシ

ョン』(道内初)、『燃料電池・EV自動車』、『人型ロボット』など、先端技

術の展示を多数用意しています。

 

また今年は、東京都大田区、静岡、愛知、三重、青森など、道内外を合わせ過去

最大の228企業・団体が出展します。展示場内には商談専用ブースがあり、濃

密な商談も可能です。さらに、支援機関や道内大学等も多数出展しており、経営

・技術相談や採用活動に向けた情報収集等にも役立ちます。

 

入場無料ですので、この機会に北海道の「ものづくりの力量」を是非ご実感くだ

さい。

 

 

日時:平成28年7月21日(木)10時~17時

 

場所:アクセスサッポロ(札幌市白石区流通センター4丁目)

 

問い合わせ先:

 運営事務局(北電興業 広告部) 0120-000-641 

 北洋銀行地域産業支援部       011-261-1321

 詳しくは、北洋銀行ホームページ

 http://hokuyo-monotec.jp/index.html まで。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆北大リサーチ&ビジネスパーク ライフサイエンスセミナー の開催について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会(産学官12機関加盟、事務局:ノー

ステック財団)では、平成24年度から、文部科学省の地域イノベーション戦略

支援プログラムである「さっぽろヘルスイノベーション‘Smart-H’」を

実施しております。

 

本事業では、“技術シーズの開発から事業化まで一貫した産学官の研究開発支援

基盤”の構築を進める北大リサーチ&ビジネスパークを核に、「食」の機能性分

析・評価拠点の機能強化、食素材の高付加価値化をはじめとした「食」・「健康

」・「医療」領域の融合・発展的な研究の推進、「食」のスペシャリスト育成、

知のネットワーク構築、食素材の機能性分析評価機器・設備の開放など、『ヘル

スイノベーション』の展開に向けた高度・先進的な取組みを行なっております。

このたび、当協議会では、本事業における研究テーマや協議会の一員である北海

道大学におけるライフサイエンス系の最新のシーズについて広く公開し、企業様

等において今後の製品化や事業化の一助としていただくべく、以下の通りセミナ

ー(シーズ公開会)を開催いたしますので、是非ご参加くださいますよう、ご案

内申し上げます。

 

■日 時 平成28年7月7日(木) 13時~17時30分

■場 所 札幌アスペンホテル(札幌市北区北8条西4丁目5番地)

■主 催 北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会

■後 援 北海道バイオ工業会、北海道バイオ産業振興協会、北海道食品産業協

     議会

■定 員 80名

■プログラム

 ・チョウザメの総合利用(食材と機能性材料)

 ・道産新品種マイタケ“大雪華の舞1号”の機能性について

 ・健康素材セラミドの可能性

 ・食品成分の吸収評価と改善

 ・血清マイクロRNAの免疫体質評価マーカーとしての有用性と個別化医療へ

  の応用

 ・幹細胞ニッチが制御する腸管機能の解析と応用

 ・核内受容体による食の機能性評価

 ・高度脂質分析ラボのご紹介と実績

 

■申込方法

下記の「参加申込書」により、6月30日(木)までにFAXまたは電子メール

によりお申し込みください。なお、Webサイトからもお申し込みいただけます

 http://www.hokudai-rbp.jp/business-idea/1856/

 

■お申込み・お問い合わせ先

 北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会事務局

公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

企画・産学連携本部

電 話(011)708-6536  FAX(011)708-6529

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆医療健康関連産業新規参入促進セミナー

~医療・健康分野におけるIT技術の可能性を探る~ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団と札幌市では「医療・健康分野でのIT活用」をテーマに、IT分

野から医療・健康産業への新規参入の基礎知識やビジネス展開、参入事例などを

紹介するセミナーを開催いたします。

医療・健康産業分野への参入にご関心をお持ちの方は、この機会にぜひ、参加下

さいますようお願いいたします。

 

■日 時 平成28年7月29日(金) 15時~17時30分

■場 所 札幌アスペンホテル(札幌市北区北8条西4丁目5番地)

■主 催 ノーステック財団、札幌市

■共 催 北海道医療福祉産業研究会

■協 力 北海道経済産業局、一般財団法人北海道IT推進協会

■定 員 80名

■プログラム

第1部 医療・ヘルスケア分野への新規参入とビジネス展開(15:05~16:00)

>講師 公益財団法人医療機器センター 医療機器産業研究所 

     調査研究室 室長/主任研究員 鈴木 孝司 氏

 

第2部 医療ITの研究動向と企業参入事例(16:10-17:10)

  「医療ICT動向と利活用事例紹介」 (16:10-16:40)

>講師 公立はこだて未来大学 情報システム学科 教授 藤野 雄一 氏

  「医療分野への参入事例紹介」 (16:40-17:10)

>講師 ドゥウェル株式会社 代表取締役 中谷 純士 氏

 

名刺交換会(17:15-)

 

■詳しい内容は以下ウェブサイトをご覧ください

  ノーステック財団URL: https://www.noastec.jp/web/news/details/-it.html

  札幌市URL:http://www.city.sapporo.jp/keizai/bio/seminar.html

 

■申込方法

  下記の「参加申込書」により、7月26日(火)までにFAXまたは電子メー

  ルにより お申し込みください。

  URL:https://www.noastec.jp/web/news/details/-it.html

■お申込み・お問い合わせ先

 公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

 研究開発支援部 担当:岡、鈴木 

 TEL:011-708-6392  FAX:011-747-1911

  E-mail: y-suzuki@noastec.jp

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「NEDOフォーラム2016 in 北海道」の開催について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 とかく、大企業向けナショナルプロジェクトの運営機関との印象が強い、

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の認知度向

上と制度の活用促進に向けたフォーラムが下記の通り札幌で開催されます。

 本フォーラムではNEDOを活用した技術開発事例や地域電取組紹介とともに

「未来を拓く技術開発を支援」をテーマに、ベンチャー、中小・中堅企業への支

援制度の紹介・情報提供等が行われる予定です。

 また、NEDO公募事業へ応募を予定されている方向けの個別相談会も開催さ

れる予定ですので奮ってご参加下さい。

 

実施要領

「NEDOフォーラム2016 in 北海道」~未来を拓く技術開発を支援~」

日時:平成28年7月25日(月) 13:00~17:00

場所:札幌国際ビル(国際ホール)

主催:国立研究科初法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

 

お問い合せ先

NEDOフォーラム2016運営事務局

東京都中央区日本橋小網町14-1

TEL:03-5644-7032

FAX:09-5644-7397

E-mail:info@nedo-forum2016.jp

URL:http://www.nedo-forum2016.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします。

募集施設及び入居条件等は次のとおりとなっております。

まずは施設の見学だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

◆入居条件

 北海道経済に寄与する産学官または産学共同研究を実施する企業・団体

 

◆募集施設

 施設名称 コラボほっかいどうA・B・C・Dルーム

 所在地  札幌市北区北21条西12丁目北海道大学構内

 料金   月額256,742円(冷暖房費、駐車料金込、水道光熱費別)

 面積   101㎡

 

◆お申込方法

お電話またはe-mailでお問い合わせください。

e-mailでご連絡いただく場合は、次の事項を記載してください。

・企業(団体)名

・研究の内容(研究テーマ等)

・ご担当者様のご氏名

・ご連絡先(お電話番号・e-mailアドレス)

 

◆お問い合わせ先  

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

企画・産学連携本部 小関 ・ 総務部 中井

電話(011)708-6525   FAX(011)708-6529  

e-mailアドレス info@noastec.jp(@は全角になっています

 

◆詳細はこちらでご確認ください。

URL http://www.noastec.jp/web/collabo/index.html

 

 

========================================================================

このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当

財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。

また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作

以外には使用いたしません。

 

ご意見・ご質問、変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたし

ます。

 

E-mail: mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

配信停止はこちら↓

https://www.noastec.jp/web/magazine/index.html

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。

当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。

(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)

[Northern Advancement Center for Science & Technology]

URL: http://www.noastec.jp

 

お問い合わせ:企画部

E-mail:mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

TEL: 011-716-9168   FAX: 011-708-6529

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2016.6.22発行・-・-

         メルマガ  NOASTEC通信  第305号

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━

 

昨日、北半球では太陽高度が最も高く、昼間の時間が最も長い『夏至』でした。

 

毎年、夏至が来ると「今年も半分終わってしまった!早い~」と感じます。

 

日本の場合は、梅雨の時期に当たるため分かりにくいと言われていますが北海道

 

は久し振りの晴天で日中のような明るい時間が非常に長く感じました。

 

毎年、開催されている札幌のキャンドルナイトをご存知でしょうか?夏至の日に

 

企業やレストラン・カフェが夜8~10時の間は一斉に電気を消して、スローな

 

夜を過ごそうという取組で節電にもなります。

 

キャンドルナイトにあやかって、お家でも就寝の少し前に電気を消してキャンド

 

ルを灯したのですが、いつもとは違う幻想的な雰囲気に子どもも楽しんでいるよ

 

うでした。

 

(あ。)

 

それでは、6月22日号をお送りいたします。

 

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス

◆標津町産業クラスター創造研究会、若い世代が新たな第一歩!

 

〔2〕募集・案内

◆「北洋銀行ものづくりテクノフェア2016」開催のご案内

◆北大リサーチ&ビジネスパーク ライフサイエンスセミナー の開催について

◆医療健康関連産業新規参入促進セミナー

~医療・健康分野におけるIT技術の可能性を探る~ 

◆「NEDOフォーラム2016 in 北海道」の開催について

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

┼──────────────────────────────────┼

〔1〕トピックス

┼──────────────────────────────────┼

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆標津町産業クラスター創造研究会、若い世代が新たな第一歩!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ノーステック財団は、地域の仕組みづくり事業の一環として、地域の特色を活

かした産業クラスター形成を目指して活動する地域産業クラスター研究会の活動

を支援しております。

標津町でクラスター活動に取組む標津町産業クラスター創造研究会は、去る6月

16日、若い世代による第2期の活動をスタートしました。

 平成19年8月に設立された標津町研究会は、設立以来、「地域資源を搾って

宝に輝かす」を目標に、地域資源を活用した産業おこしに積極的に取組んできま

した。

 約10年のクラスター活動は、標津町産品をはじめ北海道産の食材を専門に扱

う「北海道食彩」(東京の食品メーカー「光商」子会社)のたちあげ、標津町産

のいくらを中心として知床周辺の食材にこだわって提供する「北海道知床標津い

くら丼うえだ」の首都圏2店舗出店など、標津町ブランド・地域資源の発信に大

きく貢献する成果を産み出してきました。

今回、活動開始から10年を経過し、設立メンバーの多くが60~70代になっ

てきたことから、今後も将来にわたってクラスター活動を標津町産業おこしのた

めに継続していくことを目指し、活動を若い世代に引き継ぐこととして、研究会

第1期は5月に解散。6月16日、第2期メンバーによる「標津町産業クラスタ

ー創造研究会第2期設立総会」が開催され、建設業の(株)上田組上田修平副社長

を代表に選出し、新たな活動がスタートしました。

 第2期メンバーは、30~40代の若手の漁業、酪農、食品加工、精肉、建設

業、ホテル業、農協等1次から3次産業まで幅広い業種で構成され、「地域資源

の可能性を磨き宝に輝かす」を目標に活動を進めていきます。若いメンバーそれ

ぞれの標津町に対する熱い思いが、地域資源を宝に変える成果を産み出すことを

期待しています。

 これまでの先駆者の取組みの成果をいかに次の世代につないでいくかは、20

年を経過した北海道産業クラスター創造活動のこれからの大きな課題です。標津

町研究会の見事なバトンの受け渡しは、今後のクラスター研究会活動の一つのモ

デルケースとなる取組みです。私たちノーステック財団も、標津町研究会の第2

期メンバーの活動に注目して、その活動を様々な面でサポートしていきます。

 これまで第1期の活動を支えてきた中村前代表以下、第1期のメンバーの皆様

のクラスター活動に対するご尽力と大きな成果を産み出されたことに、心から敬

意を表します。

 

 

┼──────────────────────────────────┼

〔2〕募集・案内

┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「北洋銀行ものづくりテクノフェア2016」開催のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「北洋銀行ものづくりテクノフェア2016」が、7月21日(木)にアクセス

サッポロで開催されます。

開催10周年となる今年は、「ものづくり北海道の未来」をテーマに、『宇宙ロ

ケット』(植松電気、インターステラテクノロジズ社)、『移動式水素ステーシ

ョン』(道内初)、『燃料電池・EV自動車』、『人型ロボット』など、先端技

術の展示を多数用意しています。

 

また今年は、東京都大田区、静岡、愛知、三重、青森など、道内外を合わせ過去

最大の228企業・団体が出展します。展示場内には商談専用ブースがあり、濃

密な商談も可能です。さらに、支援機関や道内大学等も多数出展しており、経営

・技術相談や採用活動に向けた情報収集等にも役立ちます。

 

入場無料ですので、この機会に北海道の「ものづくりの力量」を是非ご実感くだ

さい。

 

 

日時:平成28年7月21日(木)10時~17時

 

場所:アクセスサッポロ(札幌市白石区流通センター4丁目)

 

問い合わせ先:

 運営事務局(北電興業 広告部) 0120-000-641 

 北洋銀行地域産業支援部       011-261-1321

 詳しくは、北洋銀行ホームページ

 http://hokuyo-monotec.jp/index.html まで。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆北大リサーチ&ビジネスパーク ライフサイエンスセミナー の開催について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会(産学官12機関加盟、事務局:ノー

ステック財団)では、平成24年度から、文部科学省の地域イノベーション戦略

支援プログラムである「さっぽろヘルスイノベーション‘Smart-H’」を

実施しております。

 

本事業では、“技術シーズの開発から事業化まで一貫した産学官の研究開発支援

基盤”の構築を進める北大リサーチ&ビジネスパークを核に、「食」の機能性分

析・評価拠点の機能強化、食素材の高付加価値化をはじめとした「食」・「健康

」・「医療」領域の融合・発展的な研究の推進、「食」のスペシャリスト育成、

知のネットワーク構築、食素材の機能性分析評価機器・設備の開放など、『ヘル

スイノベーション』の展開に向けた高度・先進的な取組みを行なっております。

このたび、当協議会では、本事業における研究テーマや協議会の一員である北海

道大学におけるライフサイエンス系の最新のシーズについて広く公開し、企業様

等において今後の製品化や事業化の一助としていただくべく、以下の通りセミナ

ー(シーズ公開会)を開催いたしますので、是非ご参加くださいますよう、ご案

内申し上げます。

 

■日 時 平成28年7月7日(木) 13時~17時30分

■場 所 札幌アスペンホテル(札幌市北区北8条西4丁目5番地)

■主 催 北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会

■後 援 北海道バイオ工業会、北海道バイオ産業振興協会、北海道食品産業協

     議会

■定 員 80名

■プログラム

 ・チョウザメの総合利用(食材と機能性材料)

 ・道産新品種マイタケ“大雪華の舞1号”の機能性について

 ・健康素材セラミドの可能性

 ・食品成分の吸収評価と改善

 ・血清マイクロRNAの免疫体質評価マーカーとしての有用性と個別化医療へ

  の応用

 ・幹細胞ニッチが制御する腸管機能の解析と応用

 ・核内受容体による食の機能性評価

 ・高度脂質分析ラボのご紹介と実績

 

■申込方法

下記の「参加申込書」により、6月30日(木)までにFAXまたは電子メール

によりお申し込みください。なお、Webサイトからもお申し込みいただけます

 http://www.hokudai-rbp.jp/business-idea/1856/

 

■お申込み・お問い合わせ先

 北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会事務局

公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

企画・産学連携本部

電 話(011)708-6536  FAX(011)708-6529

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆医療健康関連産業新規参入促進セミナー

~医療・健康分野におけるIT技術の可能性を探る~ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団と札幌市では「医療・健康分野でのIT活用」をテーマに、IT分

野から医療・健康産業への新規参入の基礎知識やビジネス展開、参入事例などを

紹介するセミナーを開催いたします。

医療・健康産業分野への参入にご関心をお持ちの方は、この機会にぜひ、参加下

さいますようお願いいたします。

 

■日 時 平成28年7月29日(金) 15時~17時30分

■場 所 札幌アスペンホテル(札幌市北区北8条西4丁目5番地)

■主 催 ノーステック財団、札幌市

■共 催 北海道医療福祉産業研究会

■協 力 北海道経済産業局、一般財団法人北海道IT推進協会

■定 員 80名

■プログラム

第1部 医療・ヘルスケア分野への新規参入とビジネス展開(15:05~16:00)

>講師 公益財団法人医療機器センター 医療機器産業研究所 

     調査研究室 室長/主任研究員 鈴木 孝司 氏

 

第2部 医療ITの研究動向と企業参入事例(16:10-17:10)

  「医療ICT動向と利活用事例紹介」 (16:10-16:40)

>講師 公立はこだて未来大学 情報システム学科 教授 藤野 雄一 氏

  「医療分野への参入事例紹介」 (16:40-17:10)

>講師 ドゥウェル株式会社 代表取締役 中谷 純士 氏

 

名刺交換会(17:15-)

 

■詳しい内容は以下ウェブサイトをご覧ください

  ノーステック財団URL: https://www.noastec.jp/web/news/details/-it.html

  札幌市URL:http://www.city.sapporo.jp/keizai/bio/seminar.html

 

■申込方法

  下記の「参加申込書」により、7月26日(火)までにFAXまたは電子メー

  ルにより お申し込みください。

  URL:https://www.noastec.jp/web/news/details/-it.html

■お申込み・お問い合わせ先

 公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

 研究開発支援部 担当:岡、鈴木 

 TEL:011-708-6392  FAX:011-747-1911

  E-mail: y-suzuki@noastec.jp

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「NEDOフォーラム2016 in 北海道」の開催について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 とかく、大企業向けナショナルプロジェクトの運営機関との印象が強い、

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の認知度向

上と制度の活用促進に向けたフォーラムが下記の通り札幌で開催されます。

 本フォーラムではNEDOを活用した技術開発事例や地域電取組紹介とともに

「未来を拓く技術開発を支援」をテーマに、ベンチャー、中小・中堅企業への支

援制度の紹介・情報提供等が行われる予定です。

 また、NEDO公募事業へ応募を予定されている方向けの個別相談会も開催さ

れる予定ですので奮ってご参加下さい。

 

実施要領

「NEDOフォーラム2016 in 北海道」~未来を拓く技術開発を支援~」

日時:平成28年7月25日(月) 13:00~17:00

場所:札幌国際ビル(国際ホール)

主催:国立研究科初法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

 

お問い合せ先

NEDOフォーラム2016運営事務局

東京都中央区日本橋小網町14-1

TEL:03-5644-7032

FAX:09-5644-7397

E-mail:info@nedo-forum2016.jp

URL:http://www.nedo-forum2016.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします。

募集施設及び入居条件等は次のとおりとなっております。

まずは施設の見学だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

◆入居条件

 北海道経済に寄与する産学官または産学共同研究を実施する企業・団体

 

◆募集施設

 施設名称 コラボほっかいどうA・B・C・Dルーム

 所在地  札幌市北区北21条西12丁目北海道大学構内

 料金   月額256,742円(冷暖房費、駐車料金込、水道光熱費別)

 面積   101㎡

 

◆お申込方法

お電話またはe-mailでお問い合わせください。

e-mailでご連絡いただく場合は、次の事項を記載してください。

・企業(団体)名

・研究の内容(研究テーマ等)

・ご担当者様のご氏名

・ご連絡先(お電話番号・e-mailアドレス)

 

◆お問い合わせ先  

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

企画・産学連携本部 小関 ・ 総務部 中井

電話(011)708-6525   FAX(011)708-6529  

e-mailアドレス info@noastec.jp(@は全角になっています

 

◆詳細はこちらでご確認ください。

URL http://www.noastec.jp/web/collabo/index.html

 

 

========================================================================

このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当

財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。

また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作

以外には使用いたしません。

 

ご意見・ご質問、変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたし

ます。

 

E-mail: mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

配信停止はこちら↓

https://www.noastec.jp/web/magazine/index.html

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。

当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。

(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)

[Northern Advancement Center for Science & Technology]

URL: http://www.noastec.jp

 

お問い合わせ:企画部

E-mail:mail_magazine@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

TEL: 011-716-9168   FAX: 011-708-6529

 

このメールの表示は、1行半角73文字、固定ピッチで最適化しております。

--------------------------------------------- end ----------------------

 

 

 

 

 

このメールの表示は、1行半角73文字、固定ピッチで最適化しております。

--------------------------------------------- end ----------------------