バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第300号(2016.5.11発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2016.5.11発行・-・-

         メルマガ  NOASTEC通信  第300号

  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━

 

 

今年もバイクの季節がやって来ました。

 

若い頃は年に1度休みを取って、大型バイクで長距離ツーリングに出かけたりし

 

たものです。

 

海を越える程の休暇は取れなかったので道内だけでしたが、当時はオートバイブ

 

ームで、北海道はバイクツーリングのメッカとして非常に人気がありました。

 

バイク雑誌には果てしなくまっすぐ続く道東の道が紹介されていたりしました。

 

もっとも、永遠に続くわけではないので油断すると急カーブが突然現れ、肝を冷

 

やすのですが・・・

 

ツーリング中のバイクの後ろには、必ずと言って良いほどお土産屋さんで売って

 

いる小さな旗がはためいていました。

 

道でバイク同士がすれ違うときは、ピースサインを出し合って挨拶したものです。

 

私の場合宿泊はもっぱらユースホステルでしたが、キャンプやライダーハウスで

 

自炊しながら旅をする人も多かったです。

 

出発前に立てた予定は、旅先で大きく変わり、結局一カ所に最後まで連泊したこ

 

ともあります。

 

最近はバイクに乗る人は少なくなり、二輪車の販売台数は過去に比べ大幅に減少

 

しています(大型を中心にやや増加してきているようですが)。

 

国際的にはJAPANブランドがシェアの40%以上を占めるにもかかわらず、国

 

内で販売台数が減少しているのは、バイクファンの私としては歯がゆいばかりで

 

す。

 

違法駐車の問題が取り上げられたこともありますが、そもそも二輪車用の駐車場

 

がほとんど整備されていないのも問題かと思います。

 

勿論、乗る側のマナー向上は欠かせませんが。

 

最近は教習所で大型二輪免許がとれるようですが、私たちの頃は試験場での実技

 

試験が必要で、数ヶ月をかけてやっととりました。これには執念が必要でした。

 

ETC車載器ももう少し安くなれば良いと思います。バイクメーカーは後付けも

 

考えて車体の設計をして欲しいですね。

 

最近になってやっと国の自動車産業戦略にバイクも取り上げられるようになった

 

ようで、一ファンとしては、また二輪車ブームが来ればいいと思います。

 

産業の振興は技術力や生産性だけで解決できない部分も多いよな、等と、これは

 

独り言ですが・・・

 

 

いまのバイクでは長距離ツーリングはキツいですが、いつかまた大型バイクでツ

 

ーリングに出かけるのは私の夢の一つです。

 

 

(ひ。)

 

 

それでは、5月11日号をお送りいたします。

 

 

 

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

〔1〕募集・案内

◆訂正とお詫び(「試作実証施設活用事業」応募関係)

◆札幌型ものづくり開発推進事業の募集について

◆ノーステック財団が現在募集中の助成金について

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

┼──────────────────────────────────┼

〔1〕募集・案内

┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆訂正とお詫び(「試作実証施設活用事業」応募関係)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

前号のNOASTEC通信299号で、「試作実証施設活用事業」の募集締切を5月31日

としておりましたが、5月13日(金)の誤りでした。

応募をご予定の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

お詫びして訂正いたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆札幌型ものづくり開発推進事業の募集について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌市の様々な産業をけん引する「重点分野」及び、札幌市産業全体の底上げが

期待される「ものづくり分野」において、札幌市内の中小企業者等が行う新製品

・新技術開発(既製品の改良を含む)の取り組みを支援することによって、札幌

市経済の活性化を図っていくことを目的として、「札幌型ものづくり開発推進事

業」を募集します。

 

●補助金額(限度額)

  500万円以内/1件(千円未満切り捨て)

 

●応募締切

  平成28年6月8日(水)

 

●応募要領

  http://www.noastec.jp/web/search/02/files/H28sapporo_ouboyoryo.pdf

 

●問い合わせ先

  〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目 北海道大学構内コラボほっかいどう

  ノーステック財団(公益財団法人北海道科学技術総合振興センター)

  クラスター事業部 TEL:011-708-6526 FAX:011-747-1911

 

詳しくは財団ホームページをご覧下さい

  http://www.noastec.jp/web/search/02/details/post_1.html

  

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ノーステック財団が現在募集中の助成金について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

現在下記助成金を受付中です

詳細は各ホームページでご確認下さい

 

「札幌型ものづくり開発推進事業」

●応募締切

  平成28年6月8日(水)

 http://www.noastec.jp/web/search/02/details/post_1.html

 

「平成28年度 食・バイオ品質管理認証取得補助金」

●公募締切

  平成28年5月13日(金)

 http://www.noastec.jp/subsidy/2016/post-70.html

 

「ノーステック財団『研究開発助成事業』」

●募集締切

  平成28年5月24日(火)

 http://www.noastec.jp/division01.html 

 

「試作実証施設活用事業」

●募集締切

  平成28年5月13日(火)

 http://www.noastec.jp/web/d_business/details/post_3.html

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします。

募集施設及び入居条件等は次のとおりとなっております。

まずは施設の見学だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

◆入居条件

 北海道経済に寄与する産学官または産学共同研究を実施する企業・団体

 

◆募集施設

 施設名称 コラボほっかいどうCルーム

 所在地  札幌市北区北21条西12丁目北海道大学構内

 料金   月額256,742円(冷暖房費、駐車料金込、水道光熱費別)

 面積   101㎡

 

◆お申込方法

お電話またはe-mailでお問い合わせください。

e-mailでご連絡いただく場合は、次の事項を記載してください。

・企業(団体)名

・研究の内容(研究テーマ等)

・ご担当者様のご氏名

・ご連絡先(お電話番号・e-mailアドレス)

 

◆お問い合わせ先  

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)

企画・産学連携本部 小関 ・ 総務部 中井

電話(011)708-6525   FAX(011)708-6529  

e-mailアドレス info@noastec.jp(@は全角になっています

 

◆詳細はこちらでご確認ください。

URL http://www.noastec.jp/subsidy/2015/post-65.html

 

 

========================================================================

このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当

財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。

また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作

以外には使用いたしません。

 

(※このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。ご返信いただ

いてもお答えできませんのでご了承ください。)

 

ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたし

ます。

 

E-mail: kikaku@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。

当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。

(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)

[Northern Advancement Center for Science & Technology]

URL: http://www.noastec.jp

 

お問い合わせ:企画部

E-mail: kikaku@noastec.jp

(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529

 

このメールの表示は、1行半角73文字、固定ピッチで最適化しております。

--------------------------------------------- end ----------------------