バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第296号(2016.3.23発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2016.3.23発行・-・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第296号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━

本州からは桜の便りが聞こえてきました。

周りの雪もどんどん減ってきています。

今年はほとんど雪かきらしい雪かきをしませんでした。札幌の雪は本当に少なか

ったです。

年によっては雪かきが追いつかず、車庫から車が出せないこともありましたが、

今年は家の前の道の氷割りすらしていません。贅沢な話ですが、ちょっと拍子抜

けです。(たくさん降った地域の方々、すみません)


ところで、この時期北海道で一番取り上げられているニュースといえば、やはり

3月26日に開業する北海道新幹線です。

1987年11月に青函トンネルが完成し、すでに28年あまりが経過しています。

子供達がまだ小さかった頃、ドラえもん列車で吉岡海底駅に降り、ドラえもん達

と遊んできた思い出がありますが、今では二人とも成人しています。

青函トンネルは、当初から新幹線が通ることを想定して設計されました。いつか

は新幹線が来ると、道民の誰もが待ち望んでいた瞬間が目の前に迫っています。

新幹線の開通により人の流れは大きく変わることが予想されますが、実際にどの

ような効果や課題が見えてくるか未知数の部分も多いです。

毎年、たくさんのお客様に来道していただいていますが、「北海道」ブランドに

胡座をかいていてはいつかブランドが廃れます。

新幹線で、北海道がより身近になればなるほど、しっかりした価値を維持しなけ

れば飽きられるのも早いでしょう。

より多くのお客様が、北海道に足を運んでもらうために、道民一人一人が心のこ

もったおもてなしをしましょう。

必ず在る課題を克服し、地域の振興になんとしても繋げるという、道民の決意が

必要ですね。


(ひ。)


それでは、3月23日号をお送りいたします。

 


━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス
◆第11回評議員会、第12回評議員会を開催いたしました
〔2〕募集・案内
◆「ベンチャーキャピタルを使いこなす ~ベンチャーの成長を加速~ 」
   ★★★第9回北大発ベンチャー促進懇談会★★★
◆平成28年度「ノーステック財団研究開発助成事業」の公募予告について
◆平成28年度 「地域食品加工施設活用モデル事業」の募集について
◆平成28年度「地域産業クラスターものづくり支援事業」の募集について
◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────────┼
〔1〕トピックス
┼──────────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第11回評議員会、第12回評議員会を開催いたしました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月16日水曜日、公益財団法人北海道科学技術総合振興センター第11回理事
会と第12回評議員会を開催いたしました。
理事会、評議員会では平成28年度事業計画ならびに予算を中心にご審議いただ
き両案について承認を得ることができました。
両案は、当財団ホームページに掲載しておりますのでご覧下さい。
http://www.noastec.jp/about/report/


┼──────────────────────────────────┼
〔2〕募集・案内
┼──────────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「ベンチャーキャピタルを使いこなす ~ベンチャーの成長を加速~ 」
   ★★★第9回北大発ベンチャー促進懇談会★★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北海道大学産学・地域協働推進機構主催の年次報告会では以下の内容を企画して
います。
・「ベンチャーキャピタルを使いこなす」と題して1年間の総まとめを行います
。基調講演ではVCの世界の全貌をつかむことができるようなお話していただき
ます。
・NEDOと北大が共催して実施する北大発ベンチャーの模擬ピッチを行い経営支援
のプロが助言する様子を見ていただけます。
・北海道大学と(株)東京大学エッジキャピタルが協力して北大発ベンチャーを発
掘し支援する協定を締結する調印式が行われます。

 *プログラム詳細は下記HPをご参照ください。
 http://www.mcip.hokudai.ac.jp/startup/recent.html
【日 時】2016年3月29日(火) 14:00~17:15
【会 場】北海道大学 百年記念会館
【参加費】無料
【定 員】100名(興味のある方ならどなたでも参加できます)
【アクセス】https://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/100th/
【プログラム(予定)】
第1部
≪連携協定調印式≫14:00~14:10
北海道大学 産学・地域協働推進機構 機構長 川端 和重
東京大学エッジキャピタル(UTEC)代表取締役社長 郷治 友孝
≪基調講演≫14:10~14:50
「ベンチャーキャピタルの機能と活用」
   独立行政法人 中小企業基盤整備機構  理事 矢島 敬雅
「大学発ベンチャーとベンチャーキャピタルの活動について」
   東京大学エッジキャピタル(UTEC) 代表取締役社長 郷治 友孝
≪創業デスク年間報告会≫15:00~15:30
北海道大学 産学・地域協働推進機構  副機構長 牧内 勝哉
≪道内起業家ピッチ≫15:30~17:15
コメンテータ紹介
◇ 東京大学エッジキャピタル(UTEC) 代表取締役社長 郷治 友孝   
◇ 株式会社セラフ   代表取締役社長 土屋  努
◇ ウエルインベストメント株式会社 投資部 部長 前田 信敏
◇ ブラザー工業株式会社 新規事業推進部グランド・マスター 安友雄一
◎ビジネスプラン発表
 4組(各15分:5分プレゼン、10分質疑応答)
【お申込フォーム】
 http://www.mcip.hokudai.ac.jp/startup/MKnew.html
【メルマガのご登録】
 新規登録をご希望の方は下記アドレスから。
 http://www.mcip.hokudai.ac.jp/MF/startupMM.html
【お問合せ先】北海道大学産学・地域協働推進機構 創業デスク事務局
 TEL:011-706-9559,E-Mail:startup@mcip.hokudai.ac.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成28年度「ノーステック財団研究開発助成事業」の公募予告について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成28年度「ノーステック財団 研究開発助成事業」の助成対象案件の公募を
予定しています【予告】。

道内の若手研究者、共同研究グループの皆様、是非、ご応募をご検討ください。
※4月中頃からを目処に、応募要領・様式などの公開、配布をはじめる予定です。

【公募内容】
◆若手研究人材育成事業 
 北海道の将来の発展に資する独創的な研究を担う若手研究者の支援します。
 ・若手研究人材・ネットワーク育成補助金 : 40万円 (20件程度)
    (通称:ノースタレント補助金)

◆イノベーション創出研究支援事業
 大学等の研究シーズや地域資源などの活用をはかる研究開発の支援します。
 ※対象者:北海道内の企業と大学等研究機関の研究者による共同研究グループ

 ①スタートアップ研究補助金 : 200万円以内  (14件程度) 
  北海道内での事業化に向けた先導的な技術シーズ創出を目指す研究開発
    →産学連携研究のスタートアップ(きっかけ)

 ②発展・橋渡し研究補助金 : 400万円以内  (5件程度) 
  産学の共同研究成果等を活用して北海道内での事業化を目指す研究開発
    →産学連携研究成果のステップアップ

◆札幌ライフサイエンス産業活性化事業 ※札幌市補助事業
 ライフサイエンス分野の研究シーズ発掘と事業化支援を目的とします。

 ①研究シーズ発掘補助金 : 40万円以内 (10件程度)
  (通称:札幌タレント補助金)※対象者:札幌圏の若手研究者(40才以下)

 ②事業化支援補助金 : 300万円以内 
            (医療分野/食・健康分野 各3件/計6件程度)
 ※対象者:北海道内の研究機関等と札幌市内の企業の共同研究グループ

◇本予告内容は、平成 28 年度補助事業予算の決定が前提であり、今後内容等に
変更があり得ることを予めご了承ください。

HPもご覧下さい
http://www.noastec.jp/subsidy/2016/8.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成28年度 「地域食品加工施設活用モデル事業」の募集について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団では、道内食品の高付加価値化を図るため、地域の食品加工施
設を有効活用した食品開発のモデル事業支援を目的とした「地域食品加工施設活
用モデル事業」について募集をいたします。

支援対象
    自治体・公設試験研究機関・農協・漁協などが運営する地域の食品加工
    施設を利用して、食品開発および商品化に取り組む事業者・グループ等
支援対象事業
    食品開発における試作に関する事業(既存商品の改善改良も含む)。
    試作品のマーケティング調査に関する事業。
採択予定件数
    5件程度
補助金限度額
    30万円(千円未満切捨て)
補助率
    補助対象経費の2/3以内
期間
    補助金交付決定日から平成29年2月末日まで
対象経費
    事業実施に直接必要な費用とする。
    なお、事業に直接必要な経費であっても、運営費などのランニングコス
    ト、人件費、食費・接待費等の経費、土地・建物等の固定資産の購入に
    関わる経費は対象外とする。
応募方法
    募集期間内に次の申請書等を、ノーステック財団クラスター事業部に郵
    送してください。
    (様式1)「地域食品加工施設活用モデル事業」申込書
    (様式2)実施計画書
様式は財団ホームページ(http://www.noastec.jp/subsidy/2016/post-68.html)
からダウンロードできます

応募締切り
    平成28年4月18日(月)必着
選定方法
    「実施計画書」の内容・実施体制・役割等について事前にヒアリングし
    、当財団の審査会において選定する。選考にあたっては、以下の選定基
    準を満たすものを優先して選定する。
    【選定基準】
    ①地域の食品加工施設の設備を利用して試作をおこなうこと。
    ②1年程度で事業化が可能なもの。
    ③産業クラスター形成につながることが期待されるもの。
    ④事業概要が整理されているもの。
注意事項
    ■原則として、プロジェクト推進会議に財団担当者が参加します。
    ■適宜、事業の進捗確認や適切な会計整理がなされているか証拠の確認
    をします。
    ■事業終了後、2週間以内に「事業報告書」および決算・証拠書類を提
    出願います。
    ■財団刊行物による事例紹介や、成果報告会等における取組み事例の発
    表に協力願います。
    ■事業終了後数年間、活動状況や売上等について、電話等により確認を
    行います。

詳細はホームページをご覧下さい。

お問い合わせ先
公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
(ノーステック財団)
クラスター事業部 福 山 幸 枝
TEL:011-708-6526
FAX:011-708-6529
E-mail:s-fukuyama@noastec.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成28年度「地域産業クラスターものづくり支援事業」の募集について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団では、道内各地の地域産業クラスター研究会、および産業クラ
スター活動に参加する地域活動グループ等を対象に、産業クラスター形成につな
がることが期待される取組みに対して支援を行なう目的で、平成28年度「地域
産業クラスターものづくり支援事業」を募集いたします。

支援対象
    産業クラスター創造活動の趣旨に賛同し、産業クラスター活動に参加す
    る以下の研究会・地域活動グループ等。
    ・地域産業クラスター研究会
    ・産業クラスター活動に参加する地域活動グループ
    ・食クラスター活動に取り組む地域のグループ
支援対象事業
    研究会・地域活動グループ等が取り組む新商品開発および新ビジネス開
    発
採択予定件数
    7件程度
補助金限度額
    50万円(千円未満切捨て)
補助率
    補助対象経費の2/3以内
期間
    補助金交付決定日から平成29年2月末日まで
対象経費
    事業実施に直接必要な費用とする。
    なお、事業に直接必要な経費であっても、運営費などのランニングコス
    ト、人件費、食費・接待費等の経費、土地・建物等の固定資産の購入に
    関わる経費は対象外
応募方法
    募集期間内に次の申請書等を、ノーステック財団クラスター事業部に郵
    送してください。
    (様式1)「地域産業クラスターものづくり支援事業」申込書
    (様式2)実施計画書
    (様式3)産業クラスター活動への参加表明(産業クラスター研究会は
    不要)

様式は財団ホームページ(http://www.noastec.jp/subsidy/2016/post-67.html)
からダウンロードできます。

応募締切り
    平成28年4月18日(月)必着

選定方法
    「実施計画書」の内容・実施体制・役割等について事前にヒアリングし
    、当財団の審査会において選定する。選考にあたっては、以下の選定基
    準を満たすものを優先して選定する。
    【選定基準】
    ①道内で事業を実施するもの。生産拠点が道内にあるもの。
    ②1~2年で事業化が可能なもの。
    ③産業クラスター形成につながることが期待されるもの。
    ④事業概要(市場性、販売面、採算性、技術面、資金面等)が整理され
    ているもの。

注意事項
    ■原則として、プロジェクト推進会議に財団担当者が参加します。
    ■適宜、事業の進捗確認や適切な会計整理がなされているか証拠の確認
    をします。
    ■事業終了後、2週間以内に「事業報告書」および決算・証拠書類を提
    出願います。
    ■財団刊行物による事例紹介や、成果報告会等における取組み事例の発
    表に協力願います。
    ■事業終了後数年間、活動状況や売上等について、電話等により確認を
    行います。

詳細はホームページをご覧下さい。

お問い合わせ先
公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
(ノーステック財団)
クラスター事業部 福 山 幸 枝
TEL:011-708-6526
FAX:011-708-6529
E-mail:s-fukuyama@noastec.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊財団では、「コラボほっかいどう」への入居企業を募集いたします。
募集施設及び入居条件等は次のとおりとなっております。
まずは施設の見学だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

◆入居条件
 北海道経済に寄与する産学官または産学共同研究を実施する企業・団体

◆募集施設
 施設名称 コラボほっかいどうCルーム
 所在地  札幌市北区北21条西12丁目北海道大学構内
 料金   月額256,742円(冷暖房費、駐車料金込、水道光熱費別)
 面積   101㎡

◆お申込方法
お電話またはe-mailでお問い合わせください。
e-mailでご連絡いただく場合は、次の事項を記載してください。
・企業(団体)名
・研究の内容(研究テーマ等)
・ご担当者様のご氏名
・ご連絡先(お電話番号・e-mailアドレス)

◆お問い合わせ先  
公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)
企画・産学連携本部 小関 ・ 総務部 中井
電話(011)708-6525   FAX(011)708-6529  
e-mailアドレス info@noastec.jp(@は全角になっています)

◆詳細はこちらでご確認ください。
URL http://www.noastec.jp/subsidy/2015/post-65.html


========================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当
財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作
以外には使用いたしません。

(※このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。ご返信いただ
いてもお答えできませんのでご了承ください。)

ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたし
ます。

E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529

このメールの表示は、1行半角73文字、固定ピッチで最適化しております。
--------------------------------------------- end ----------------------