バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第281号(2015.9.9発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2015.9.9発行・-・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第281号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━

今日は、何の日かみなさんご存じでしょうか?

五節句のひとつである「重陽の節句(菊の節句)」の日です。

奇数を陽とし、その一桁の最大の「9」が重なる最もおめでたい日とされ、長寿

を願い、菊の花を飾ったり、お酒を酌み交わし、江戸時代には栗ご飯を食べる習

わしがあったそうです。

「9」が付くと"苦労"や"苦しい"などいいイメージがなかったのですが、本

来は縁起のいい数字だったのですね!

また、今日9月9日は、ケンタッキーフライドチキンでおなじみのカーネル・サ

ンダースの誕生日で1日限定チキン・ポテト・ドリンクの食べ飲み放題を実施し

ている店舗があるそうですが、残念ながら北海道では実施していないようです。

というわけで、今日は、夕飯作りをサボり、主人の大好物であるフライドチキン

で「カーネルサンダースの誕生日」と「重陽の節句」をお祝いしようかと密かに

考えています(^0^)

それでは、9月9日号をお届けいたします。

(あ.)


━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス
◆「英国ライフサイエンスセミナー(札幌)」を開催しました
◆ユジノサハリンスク日本食文化週間が開催されました
〔2〕募集・案内
◆「次世代産業フォーラム ~地方創生の切り札を探る~」のご案内
◆「ヘルスイノベーションカレッジ」ベーシックプログラム受講生募集のご案内
◆「グリーンケミカル研究所」(GCC)レンタルラボについて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼──────────────────────────────────┼
〔1〕トピックス
┼──────────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「英国ライフサイエンスセミナー(札幌)」を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月4日(金)、北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点(FMI
国際拠点)において、英国貿易投資総省・英国大使館主催、ノーステック財団・
北海道バイオ工業会共催により「英国ライフサイエンスセミナー(札幌)」を開催
いたしました。英国の「Innovation is GREAT~英国と創る未来~」キャンペー
ンの一環として行われたこのセミナーでは、英国のライフサイエンス・ヘルスケ
ア・機能性食品分野の概要や日英連携によるビジネス・研究機会の実例等が紹介
されました。
セミナーには72名の方が参加され、英国におけるバイオサイエンス分野の研究
や投資環境について興味深く耳を傾けておられました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ユジノサハリンスク日本食文化週間が開催されました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ノーステック財団では、農林水産省からの委託を受け,ロシア連邦・サハリン
州ユジノサハリンスク市において,8月29日から9月2日までの5日間の日程で,「
日本食・食文化の世界的普及プロジェクト」の一環として「日本食文化週間事業
」を実施しました。この事業では,ノーステック財団とサハリン経済交流促進等
協議会(事務局:旭川市・稚内市),道内外の自治体及び協力企業等が連携して取
組み,多様な日本食文化や日本食の健康機能の高さ及び北海道産の農林水産物や
加工食品の魅力を幅広く発信しました。
 8月29日,30日の両日ホテルを会場に行われたメインイベントには,自治体関
係者,食品関連事業者及び市民ら310名の招待者が訪れ,調理セミナーなどの体
験型イベントやパネル展示を通じてお米を中心とした日本食の調理方法や食材の
健康機能を紹介するとともに,天ぷら,道産米で握った寿司,総菜,和菓子,漬
物,果物など約20品目の試食コーナーや,茶道による日本文化を体験するコーナ
ーを設け,来場者に日本食の魅力をPRしました。
 また,8月31日から9月2日までのサブイベントでは,市内の日本料理店でスペ
シャルメニューの提供や調理レシピの配布を実施し,メインイベントに参加でき
なかった市民にもPRを行ない大変好評を得ました。


┼──────────────────────────────────┼
〔2〕募集・案内
┼──────────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「次世代産業フォーラム ~地方創生の切り札を探る~」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北海道主催で、日本総合研究所理事長の寺島実郎氏、元観光庁長官(現大阪観光
局理事長)の溝畑宏氏などの方々を招き、北海道が秘める可能性など、地方創生
の切り札を探るとともに、観光関連サービス産業の高度化など、次世代につなが
る産業振興策とは何かを議論するフォーラムを開催いたします。

【次世代産業フォーラム】

■日時  平成27年9月29日(火)14:00~16:30

■場所  京王プラザホテル札幌 2階 エミネンスホール
     (札幌市中央区北5条西7丁目2-1)

■基調講演
 ・演題 「創造的観光立国論~観光を軸に北海道の活性化を図る~」
 ・講師 (一社)日本総合研究所 理事長 寺島 実郎 氏

■パネルディスカッション
 ・コーディネーター
  (一社)日本総合研究所 理事長 寺島 実郎 氏
 ・パネリスト
  (公財)大阪観光局 理事長 溝畑  宏 氏
  (株)桐光クリエイティブ 代表取締役 吉田 聡子 氏
  (株)苫東 代表取締役社長 成田 一憲 氏
  室蘭商工会議所 会頭 栗林 和徳 氏


参加ご希望の方は、【リンク】から参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX
(011-232-1104)で9月18日(金)までにお申し込みください。
(参加無料、先着300名)

【お問い合わせ先】
 北海道 経済部 経済企画室経済企画グループ 新津、寺下
 電話:011-204-5308

【リンク】
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kks/jisedai-sangyo-forum.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「ヘルスイノベーションカレッジ」ベーシックプログラム受講生募集のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北海道における健康科学・医療融合拠点の形成を目指して平成24年7月よりスタ
ートした「さっぽろヘルスイノベーション'Smart-H'」事業の一環として、ノ
ーステック財団では、同年10月より「ヘルスイノベーションカレッジ」を開講し
ています。本カレッジは、ベーシックプログラムとアドバンスプログラム(いず
れも集合型授業)およびeラーニングから成り、「食の機能」を積極的に活用し
て、道民の健康の維持・増進、健康回復、疾病予防に寄与する人材や、道産の機
能性食材を利用した新食品開発を通じて、食産業の振興に貢献できる人材の育成
を目的としています。
7月をもってアドバンスプログラム(第3期)が終了し、10月のベーシックプログ
ラム第4期開講に向け、現在、受講生を募集中です。
皆様からのお申し込みをお待ちしております。

・日程:2015年10月~2016年1月(全15講座)
・時間:毎週金曜日19:00~20:30
・会場:会議研修施設ACU(札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12階)
・定員:25名程度
・受講料:無料
・授業内容:食の安全、食の機能性、食品加工、食品のブランド構築、新食品の
 開発、サイエンスコミュニケーションなど
・申込方法:申込書(ホームページからダウンロード)を事務局まで送付下さい
・申込締切:9月25日(金)

プログラムの詳細、お申込みについては、ホームページをご確認下さい。
http://www.healthinnovation-hokkaido.jp/hic/nurture/member.html


【問合せ】公益財団法人北海道科学技術総合振興センター  
地域イノベーション戦略推進室
ヘルスイノベーションカレッジ事務局(宍戸・渡辺)
TEL: 011-757-2288  E-mail:innovation@noastec.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「グリーンケミカル研究所」(GCC)レンタルラボについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「グリーンケミカル研究所」(GCC)への入居企業を募集してい
ます。

募集しているのは「E室」です。

当研究所は、産業技術総合研究所北海道センター等が持つ技術シーズを活用し、
植物で機能性成分や工業原料等の高付加価値有用物質を生産するため、実証・実
用化研究を実施する企業に対し研究設備等を提供することを目的としています。

入居企業選定に当たっては、応募企業の事業計画等を確認審査させていただきま
す。

詳しくはホームページをご覧下さい。
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/e-1.html

「 グリーンケミカル研究所入居企業公募説明書(27年4月) 」はこちら
http://www.noastec.jp/subsidy/EroomOffering.pdf

研究室の諸元はこちら
http://www.noastec.jp/subsidy/EroomSpec.pdf

========================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当
財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作
以外には使用いたしません。

(※このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。ご返信いただ
いてもお答えできませんのでご了承ください。)

ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたし
ます。

E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529

このメールの表示は、1行半角73文字、固定ピッチで最適化しております。
--------------------------------------------- end ----------------------