バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第276号(2015.7.8発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2015.7.8発行・-・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第276号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━


ここ最近涼しい日が続いています。

寒いと言うほどの日は少ないものの、油断すると風邪を引きそうな気温です。


サッカー女子ワールドカップは残念な結果でした。見ている私たちも悔しかった

ですが一番悔しい思いをしたのは彼女たちです。

完全アウェーの状態で戦うプレッシャーはどれほどのものだったでしょうか。

そんな中、出足で たて続けに失点しながらもあきらめず戦い続けた選手達には

心から拍手を送りたいです。

私は、テレビを通して応援していましたが(お休みいただいておりました)、会

場に行かなくても応援の気持ちは届くなどと、子供じみているかもしれませんが

ちょっと信じていたりします。

また、応援しているときは否定的な考えはせず、とにかく最後まで応援し続ける

と決めています。

それでもため息が出てしまうことがあり反省したりもしますが、とにかく力を込

めて応援します。

息子が小さかったとき、あまりに興奮しすぎて、近くで寝ていた息子が泣き出し

たこともありました。

そんな上の子も、今では私に劣らず興奮して応援しています。

選手達は、既に来年のオリンピックを見据え気持ちを切り替えていますが、私達

も全力で応援しましょう。

それでは、7月8日号をお届けします。

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス
◆平成27年度ノーステック財団・研究開発助成事業の採択について
〔2〕募集・案内
◆「食品の機能性評価分析支援事業」の公募について【追加公募】
◆フードイノベーション創造支援事業
 エビデンス取得支援補助金の公募について【追加公募】
◆「北洋銀行ものづくりテクノフェア」が7月23日(木)に開催されます
◆「グリーンケミカル研究所」(GCC)レンタルラボについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────────┼
〔1〕トピックス
┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成27年度ノーステック財団・研究開発助成事業の採択について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 平成27年度研究開発助成事業のうち、①「若手研究人材育成事業」、②「フー
ドイノベーション創造支援事業」の助成対象研究課題について、審査委員会の厳
正な評価及び審査を経て、計34件の助成研究課題の採択を決定しました。  

 本件は、平成26年3月10日から4月27日までの間に公募を行い、応募のあった
159件の課題の中から採択したものです。

 ◆採択研究課題の一覧及び、応募・採択状況は以下の資料でご参照頂けます。

   【資料1】H27年度(第22回) 採択テーマおよび概要一覧.pdf
http://www.noastec.jp/topics/%EF%BC%A827%E6%8E%A1%E6%8A%9E%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E6%A6%82%E8%A6%81.pdf

   【資料2】H27年度(第22回) 応募・採択状況①.pdf
http://www.noastec.jp/topics/H27%E5%BF%9C%E5%8B%9F%E3%83%BB%E6%8E%A1%E6%8A%9E%E7%8A%B6%E6%B3%81.pdf

(リンクに改行が入る場合は改行を削除して下さい。)


┼──────────────────────────────────┼
〔2〕募集・案内
┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「食品の機能性評価分析支援事業」の公募について【追加公募】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当財団では、標記支援事業の対象案件を公募いたします。
北海道内で機能性食品の開発をお考えの皆様には、「公募要領」をご参照のうえ
、期間内に奮ってご応募ください。


【 支援事業の目的 】
 北海道では、全国初の取り組みである地域独自の食品機能性表示制度「ヘルシ
ーDo」を平成25年から運用しており、平成27年4月には、国による新たな「機能
性表示食品」もスタートしました。このような中、地域食材の機能性を活かした
商品のブランド化や差別化が期待されています。
 しかしながら、機能性表示制度の申請に必要となる食品の機能性評価分析には
多額の費用がかかり、企業等が自ら取り組む場合に困難も予想されます。
 そこで、北海道で製造される食品、食素材の健康機能性の評価分析試験を支援
し、地場企業の機能性商品開発の促進を目的とします。


【支援対象】
北海道内に本社または事業活動の拠点(工場・研究所等)を有する食・バイオ関
連企業
※「北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)」への申請を目指す取組みを優先
します。


【補 助 率】 補助対象経費の1/2以内
【補 助 金】 250万円以内/1件あたり (1件程度)
【申請締切】 平成27年8月12日(水) 17:00必着

詳しくはホームページをご覧下さい
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/post-61.html


お問い合わせ
ノーステック財団 研究開発支援部 
TEL:011-708-6392   FAX:011-747-1911


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆フードイノベーション創造支援事業
 エビデンス取得支援補助金の公募について【追加公募】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当財団では、標記支援事業の対象案件を公募いたします。
 札幌市内で機能性食品の開発をお考えの皆様には、「公募要領」をご参照のう
え、期間内に奮ってご応募ください。


【 支援事業の目的 】
 北海道では、全国初の取り組みである地域独自の食品機能性表示制度「ヘルシ
ーDo」を平成25年から運用しており、平成27年4月には、国による新たな「機能
性表示食品」もスタートしました。こうした食品・食素材の科学的データ(エビ
デンス)の取得によって、商品の付加価値が高まり、企業の販路拡大につながる
ことが期待されています。
 また、販路に関しては、新たな市場を求めて、国内にとどまらず海外への輸出
に取り組む動きも広がっています。
 本補助金は、こうした食品機能性表示制度への申請や、海外への販路拡大を視
野に入れて、食品・食素材の科学的データ(エビデンス)を取得しようとする札
幌市内の食・バイオ関連企業を支援し、機能性商品の開発を促進するとともに、
食関連産業の振興を図ることを目的とします。


【支援対象】
札幌市内に本社または事業活動の拠点(工場・研究所等)を有する食・バイオ関
連企業
※1)ヘルシーDoへの申請を目指す取組みを優先します。


【 補助対象経費 】
食品・食素材に関して、食品機能性表示制度への申請や海外への販路拡大を視野
に入れて、大学・研究機関、受託分析機関などへの委託により実施する、以下の
試験等に係る経費

①動物による機能性評価試験費
②ヒト介入試験費
③「機能性表示食品の届出等に関するガイドライン(平成27 年3 月消費者庁発
 表)」に基づく研究レビュー など


【補 助 率】 補助対象経費の1/2以内
【補 助 金】 150万円以内/1件あたり (3件程度)
【申請締切】 平成27年8月12日(水) 17:00必着


※北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)への申請を目指す場合には、ノース
テック財団が実施する「食品の機能性評価支援事業」との併用も可能です。必ず
事前にお問い合わせください。

詳しくはホームページをご覧下さい
http://www.noastec.jp/subsidy/post-62.html

お問い合わせ
ノーステック財団 研究開発支援部 
TEL:011-708-6392   FAX:011-747-1911

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「北洋銀行ものづくりテクノフェア」が7月23日(木)に開催されます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9回目を迎える今年は、道内外から209社・団体の「ものづくりの企業」が参
加し、自慢の技術を商談会で熱く売込みます。

今年のフェアの注目は、『東京都大田区VS北海道 ~ものづくり対決~』

東京都大田区からは「下町ボブスレー」を、

北海道からは世界も納得する「農業機械」を展示します。

是非会場で道内企業の「ものづくり力」をご覧ください。

1 日時 平成27年7月23日(木)10時~17時
2 場所 アクセスサッポロ(札幌市白石区流通センター4丁目)
3 お問い合わせ先
  運営事務局 :0120-000-641
  北洋銀行地域産業支援部 :011-261-1321

  詳しくは、北洋銀行ホームページをご覧下さい
  http://www.hokuyobank.co.jp/company/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「グリーンケミカル研究所」(GCC)レンタルラボについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「グリーンケミカル研究所」(GCC)への入居企業を募集してい
ます。

募集しているのは「E室」です。

当研究所は、産業技術総合研究所北海道センター等が持つ技術シーズを活用し、
植物で機能性成分や工業原料等の高付加価値有用物質を生産するため、実証・実
用化研究を実施する企業に対し研究設備等を提供することを目的としています。

入居企業選定に当たっては、応募企業の事業計画等を確認審査させていただきま
す。

詳しくはホームページをご覧下さい。
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/e-1.html

「 グリーンケミカル研究所入居企業公募説明書(27年4月) 」はこちら
http://www.noastec.jp/subsidy/EroomOffering.pdf

研究室の諸元はこちら
http://www.noastec.jp/subsidy/EroomSpec.pdf


========================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当
財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作
以外には使用いたしません。

(※このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。ご返信いただ
いてもお答えできませんのでご了承ください。)

ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたし
ます。

E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529

このメールの表示は、1行半角73文字、固定ピッチで最適化しております。
--------------------------------------------- end ----------------------