バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第271号(2015.5.13発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2015.5.13発行・-・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第271号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━


皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。

今年の連休は天気に恵まれ桜の開花とも重なり行楽日和だったのではないでしょ

うか。

私も静内二十間道路と浦河の優駿ビレッジの桜を見に行ってきました。

どちらも満開で、久しぶりにすばらしい桜を見ることができました。

財団周辺では、ちょうど前号を発行した頃から桜が咲きましたが、やはり平年よ

りはかなり早い開花だったように感じます。

既に散ってしまいましたが北海道立総合研究所構内の桜もきれいです。来年にな

ってしまいますがぜひご覧下さい。。

ところで、前号に書いた財団入り口横花壇の黄色い花の名前が分かりました。

「タルダ」というチューリップの仲間だそうです。

財団の女子職員が執念で解明してくれました。

かわいらしい花を咲かせてくれていますが、放っておくと球根が密集して大きく

ならないので株分けした方が良いそうです。球根を育てたら株分けしてみようか

と思います。チューリップも一輪咲いているので、これもうまく株分けできれば

来年はもう少し賑やかな花壇になるかもしれません。

 


それでは、5月13日号をお届けします。

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス
◆道産機能性食素材を活用した製品化事例のご紹介

〔2〕募集・案内
◆平成27年度「札幌型ものづくり開発推進事業」公募について
◆「食・バイオ品質管理認証取得補助金」の公募について
◆「食べて健康!い~しょく北海道フォーラム」を開催します
◆「グリーンケミカル研究所」(GCC)への入居企業を募集中
◆NEDO研究開発助成事業に係る制度説明会の開催について
◆「札幌型環境・エネルギー技術開発支援事業」の公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────────┼
〔1〕トピックス
┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆道産機能性食素材を活用した製品化事例のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月28日大塚食品様から「しぜん食感 極ベジ onion」という商品が新発売されま
した。
この商品は、ケセルチンたっぷりのスーパーオニオン「さらさらゴールド」をま
るごと使った、初めての飲料です。

健康のために食べたいたまねぎは、1 日約50g。 しかし実際には、その半分程し
かとれていないと言われます。「さらさらゴールド」は、一般のたまねぎのおよ
そ2~3倍の〈ケルセチン〉がつまった希少なたまねぎです。
ノーステック財団では道産の高付加価値の食材を求めておられた大塚食品様に、
「さらさらゴールド」を紹介するとともに、その商品化に向けた機能性評価分析
をお手伝いいたしました。
今後は、商品の販売拡大とともに、機能性食材としての「さらさらゴールド」の
生産拡大が期待されます。
ノーステック財団は、これからも「さっぽろヘルスイノベーション'Smart-H' 」
事業で培った 食品の機能性評価分析プラットフォームを活用し、さらなる商品
価値の向上を支援するとともに道産食材の製品化や高付加価値化を支援いたしま
す。
ご興味がおありの方は以下のサイトをご覧下さい
http://www.shizenshokkan.com/gokuveggie-onion/

┼──────────────────────────────────┼
〔2〕募集・案内
┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成27年度「札幌型ものづくり開発推進事業」公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
札幌市の様々な産業をけん引する「重点分野」及び、札幌市産業全体の底上げが
期待される「ものづくり分野」において、札幌市に本社(団体の場合は主たる事
業所)を有する中小企業者等が行う新製品・新技術開発(既製品の改良を含む)
の取り組みに対し支援(補助)いたします。

本事業は、札幌市の補助金を活用して、ノーステック財団が推進・実施いたしま
す。


【公募期間】 平成27年5月13日(水)~ 6月10日(水)

         ※申込書類のご提出は公募期間内必着です。

           当日消印有効ではありません。

【補 助 金】 500万円以内/1件あたり

【補 助 率】 補助対象経費の1/2以内


 ※詳しくは、下記リンクURLからご覧下さい。
http://www.noastec.jp/h27_mono.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「食・バイオ品質管理認証取得補助金」の公募について
                    【ノーステック財団・札幌市】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団では、標記補助金の公募を開始しました。

これは、札幌市内の企業等が行う健康食品GMP、HACCP等の品質管理認証を取得す
る取組を支援するためのものです。

HACCP等の品質管理認証の取得を通じて、国内外での販路拡大をお考えの皆様は
、本補助金を是非ご活用ください。

【補助対象者】
以下のいずれかの条件を満たす中小企業
①札幌市内に本社を有する食・バイオ関連企業
②札幌市内に工場を有する食・バイオ関連企業

【補助対象事業】
国内及び海外での競争力を高めるため、食・バイオ(食品や化粧品等)関連製品
の製造・加工について、各種の品質管理認証を取得し、あるいは取得に向けた社
内体制構築を行う事業

【補助金額】
500 万円以内(補助対象経費の2/3)

【締切】
平成27年6月16日(火)17:00必着

【応募要領・申請書様式】
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/27.html

【お問合せ先】
ノーステック財団 研究開発支援部 岡・関原
TEL:011-708-6392


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「食べて健康!い~しょく北海道フォーラム」を開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月28日(木)、北海道大学フード&メディカルイノベーション(FMI)国
際拠点がオープンします。

 FMI国際拠点では、「健康拠点を『病院』から『家庭』へ」「健康維持は『
治療』から『予防』へ」「健康情報管理は『医療機関・分散』から『個人へ一元
化』へ」といった、健康でアクティブなエイジレス社会の実現に向けた研究開発
を進めていくことになっています。
 ノーステック財団では、6月10日(水)12時から、FMI国際拠点の開所
を記念して、「食べて健康!い~しょく北海道フォーラム」を開催します。沢山
の皆さまのご来場をお待ちしています。

1.開催日時 6月10日(水)12時 開場 ~ 17時終了   
2.場 所 FMI国際拠点多目的ホール(札幌市北区北21条西11丁目)
3.主 催 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター/北海道大学
  後 援(予定)北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会、一般社団法人地
     域健康社会研究会、北海道バイオ産業クラスターフォーラム、北海道
     経済団体連合会
4.定 員 100名
5.参加費 無 料(参加特典として「北海道産すこやかレシピ」を進呈致しま
      す)
6.フォーラム内容
(1)記念講演13時30分~15時50分
   主催者挨拶 ノーステック財団専務理事        西岡純二
  「北海道牛乳で美味しく減塩」札幌医科大学学長     島本和明 氏
  「北海道の農水産物には機能性がいっぱい」天使大学教授 荒川義人 氏
  「さっぽろヘルスイノベーション"Smart-H"のご紹介」
                  ノーステック財団参与 常俊 優
(2)ポスターセッション12時~16時50分
   北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)では、これまで
   道産食素材の機能性評価・分析に関する研究活動への支援と、食クラス
   ター、健康科学産業クラスター形成活動を展開してまいりましたが、そ
   の一端をポスターと成果品でご紹介します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「グリーンケミカル研究所」(GCC)への入居企業を募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「グリーンケミカル研究所」(GCC)への入居企業を募集してい
ます。

今回募集するのは「E室」です。

当研究所は、産業技術総合研究所北海道センター等が持つ技術シーズを活用し、
植物で機能性成分や工業原料等の高付加価値有用物質を生産するため、実証・実
用化研究を実施する企業に対し研究設備等を提供することを目的としています。

入居企業選定に当たっては、応募企業の事業計画等を確認審査させていただきま
す。

詳しくはホームページをご覧下さい。
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/e-1.html

「 グリーンケミカル研究所入居企業公募説明書(27年4月) 」はこちら
http://www.noastec.jp/subsidy/EroomOffering.pdf

研究室の諸元はこちら
http://www.noastec.jp/subsidy/EroomSpec.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆NEDO研究開発助成事業に係る制度説明会の開催について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 北海道経済産業局は、NEDOと協力し、NEDOが実施する研究開発助成
事業に係る制度説明会を開催しますのでご案内します。説明会後、個別相談会
も行います。
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokig/20150501/index.htm

●日時:平成27年5月26日(火)13:00~16:30
●場所:北海道経済産業局 第1会議室
●定員:40名
●プログラム:
13:00~13:30【制度説明会】(1)戦略的省エネルギー技術革新プログラム
13:30~14:00【制度説明会】(2)エネルギー・環境新技術先導プログラム
14:00~15:00【個別相談会】上記(1)及び(2)に関する個別相談
15:00~15:30【制度説明会】(3)中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業
15:30~16:30【個別相談会】上記(3)に関する個別相談
●制度概要・申込:
 説明会への参加を希望する制度ごとに、以下のサイトからお申し込み下さい。
(1)戦略的省エネルギー技術革新プログラム
  【概要】
   本事業は、我が国における省エネルギー型経済社会の構築および産業競
   争力の強化に寄与することを目的としています。現行の「省エネルギー
   技術戦略」で掲げる「重要技術」、および「特定技術開発課題」を中心に

   高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発を対象として助成します。
   http://www.nedo.go.jp/events/DA_100039.html

(2)エネルギー・環境新技術先導プログラム
  【概要】
   本事業は、省エネルギー・新エネルギー・CO2削減等のエネルギー・環境
   分野において、2030年以降の実用化を見据えた革新的な技術・システム
   の先導研究を産学連携の体制で実施します。これにより、革新的な技術の
   原石を発掘し、将来の国家プロジェクト化への道筋をつけることを目指し
   ています。
   http://www.nedo.go.jp/koubo/CA1_100079.html

(3)中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業
  【概要】
   本事業では、中堅・中小・ベンチャー企業(中小企業等)が、橋渡し研
   究機関(※)から技術シーズの移転を受けてビジネスにつなげることや、
   中小企業等が保有する技術を橋渡し研究機関の能力を活用して迅速かつ
   着実に実用化することを通じて、自社の技術力向上や生産方法等の革新
   等を実現することを支援します。
   http://www.nedo.go.jp/koubo/CA1_100076.html

   ※本制度上の「橋渡し研究機関」とは、NEDOへ申請し、橋渡し業務
    を主要ミッションとして位置付けている等の一定の要件を満たすこと
    について、NEDOへ申請して確認を受ける必要があります。
    詳細は、上記WEBサイトの文末の資料をご参照下さい。

<お問い合わせ先>
 経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 産業技術課
 TEL.011-709-2311 内線:2585,2587,2589
 FAX.011-707-5324

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「札幌型環境・エネルギー技術開発支援事業」の公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌市では、環境・エネルギー分野(省エネルギー、創エネルギー、蓄エネルギ
ー及びそれらを組み合わせたもの)に関する技術・製品・システムの開発及び実
証実験の取り組みに対して、その費用の一部を補助します。

□公募期間:平成27年5月12日(火)から6月12日(金)まで
□補助率:2/3以内上限額1,000万円

□公募の詳細はこちらをご覧ください◇
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kankyo-energy/kankyo-energy.html


お問い合わせは下記までお願いいたします。

■お問い合わせ先:
札幌市経済局産業振興部ものづくり産業課 担当:越智
TEL:011-211-2362

========================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当
財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作
以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、以下
のアドレスまでお願いいたします。

E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529

このメールの表示は、1行半角73文字、固定ピッチで最適化しております。
--------------------------------------------- end ----------------------