バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第268号(2015.4.8発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2015.4.8発行・-・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第268号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━━━━


ここ何年かは経験していませんが、数年前は度々金縛りを経験しました。

寝ていて急に、全く体が動かず声も出ないことに気付くのですが、たまにこれに

物音や、人の気配、または何かが枕元を走り回るような気配まで感じることもあ

り、ちょっと怖いけど、座敷童か?・・・と

医学的には、金縛りは寝入りばなにウトウトした状態でレム睡眠(体を休ませる

ために筋肉が完全に弛緩した状態)に突入すると起こりやすく、比較的眠りが深

い夜中よりも朝方、特に二度寝をしたときなどに起こりやすいということです。

つまり、何らかの原因で筋肉の弛緩を自覚したのが金縛りの状態というわけです。

私が数年前に経験した金縛りはいずれも朝方ではなく、寝入りばなでした。

それにしても、何故枕元に気配を感じるのでしょうか?

眠りにつくかつかないかというときに突然廊下を走り回る気配を感じたかと思う

と枕元にやって来てドタバタ騒いでいます。止めろと叫びたくても声も出ない。

顔は見ていないので座敷童という確信は持てないし・・・

そもそも座敷童は覚醒しているときに現れるのでは?

もしかして本当に何かが私に呪文をかけ、枕元で走り回っていたのかも・・・

ただ、何故か襲われると感じたことは無く、枕元を走っていたのはきっと座敷童

だったに違いないと勝手に信じております。

座敷童は家に幸福をもたらすという伝説もあるので、最近現れてくれないのはち

ょっと寂しい・・・かな?


それでは、4月8日号をお届けします。

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕トピックス
◆ビジネスコーディネータによる商品開発・販路開拓活動について

〔2〕募集・案内
◆「ヘルシーDoへの申請」に向けたエビデンス取得補助金の公募について
                    【ノーステック財団・札幌市】
◆「ヘルスイノベーションカレッジ」アドバンスプログラム受講生募集のご案内
◆ノーステック財団「地域の仕組みづくり事業」締切間近(4月17日締切)
◆平成27年度「地域食品加工施設活用モデル事業」締切間近(4月17日締切)
◆「ノーステック財団研究開発助成事業」の公募について(4月27日締切)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────────┼
 〔1〕トピックス
┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ビジネスコーディネータによる商品開発・販路開拓活動について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当財団では北海道経済産業局委託事業の「新産業集積創出基盤構築支援事業」
により、コーディネータを配して企業の皆様の商品開発や販路開拓への支援を
実施してまいりました。

 この事業によるコーディネータの訪問先企業の皆様に、平成26年度の活動成果
についてアンケート調査したところ、新商品開発 52品、販売額増加 1億9
千万円、雇用増25人(臨時雇用を含む)等の回答をいただきました。

 回答の中には、
「新規案件や商流等、通常は商社や得意先、若しくはコンサルタントに持ちかけ
る段階で何かしらの利害関係や、フィーが発生するものですが、本コーディネー
タ支援に関しては、守秘義務の中で非常にフランクに情報交換、相談できる窓口
として多くの企業の方から信頼を得、必要とされているのだと思います。(中略)
企業のことを中立的に考えることができ、時には厳しい評価を含めてアドバイス
、指摘していただけるコーディネータに関しては、今後も我々のため、更には北
海道経済のために支援継続を切に希望いたします。」(水産会社様)

等の意見をいただきました。

 こうした皆様の声にお応えすべく、今年度は経済産業局の委託事業は終了する
も平成27年度は財団の自主財源により本事業を継続することといたしました。
企業の皆様には、大いに活用していただき更なる飛躍へと繋げていただきたいと
思います。

                             

┼──────────────────────────────────┼
 〔2〕募集・案内
┼──────────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「ヘルシーDoへの申請」に向けたエビデンス取得補助金の公募について
                    【ノーステック財団・札幌市】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団では、標記支援事業の対象案件を公募いたします。
北海道内で機能性食品の開発をお考えの皆様は、「公募要領」をご参照のうえ、
期間内に奮ってご応募ください。

補助メニューは2つあります。ご質問等はいずれもノーステック財団研究開発支
援部担当者までご連絡ください。

①「食品の機能性評価分析支援事業」(ノーステック財団自主事業)

【公募要領・申請書様式】
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/post-55.html

【支援対象】
北海道内に本社又は事業拠点を有する企業、研究機関等、およびそれらの共同事
業体が、研究機関、受託分析機関などに委託して実施する食品の機能性評価分析
試験。
※1)北海道内に食品の製造拠点を有する企業の参画が必須です。
※2)「北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)」への申請を目指す取組みを
優先します。

【補 助 率】 補助対象経費の1/2以内
【補 助 金】 250万円以内/1件あたり (4件程度)
【申請締切】 平成27年5月12日(火) 17:00必着


②札幌市「エビデンス取得支援補助金」(札幌市補助事業)

【公募要領・申請書様式】
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/post-56.html

【支援対象】
札幌市内に本社または事業活動の拠点(工場・研究所等)を有する食・バイオ関
連企業
※1)ヘルシーDoへの申請を目指す取組みを優先します。

【補 助 率】 補助対象経費の1/2以内
【補 助 金】 150万円以内/1件あたり (4件程度)
【申請締切】 平成27年5月12日(火) 17:00必着

【補助対象経費】
食品・食素材に関して、大学・研究機関や受託分析機関などへの委託により実施
する、健康機能性の評価分析試験

※北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)への申請を目指す場合には、ノース
テック財団が実施する「食品の機能性評価支援事業」との併用も可能です。必ず
事前にお問い合わせください。

【お問合せ先】
ノーステック財団 研究開発支援部 伊藤・岡
TEL:011-708-6392


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「ヘルスイノベーションカレッジ」アドバンスプログラム受講生募集のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北海道における健康科学・医療融合拠点の形成を目指して平成24年7月よりスタ
ートした「さっぽろヘルスイノベーション'Smart-H'」事業の一環として、ノ
ーステック財団では、同年10月より「ヘルスイノベーションカレッジ」を開講し
ています。本カレッジは、ベーシックプログラムとアドバンスプログラム(いず
れも集合型授業)およびeラーニングから成り、「食の機能」を積極的に活用し
て、道民の健康の維持・増進、健康回復、疾病予防に寄与する人材や、道産の機
能性食材を利用した新食品開発を通じて、食産業の振興に貢献できる人材の育成
を目的としています。
1月をもってベーシックプログラム(第3期)が終了し、来たる5月よりアドバン
スプログラムの第3期が開講となります。現在、受講生を募集中です。皆様から
のお申し込みをお待ちしております。

・日程:2015年5月~2015年7月(全15講座)

・授業内容:座学学習(アドバンスⅠ)と、コース別演習(アドバンスⅡ)で構
成されています。
アドバンスⅠ:遺伝子組換え食品、機能性食品の開発、食習慣と病気など
アドバンスⅡ:A)「食素材」開発コース、B)「食と健康」研究コース、C)「食
と医療」融合コース(全3コース)

・時間:アドバンスⅠ:19:00~20:30
    アドバンスⅡ:A)15:00-18:00  B)18:30-21:30  C)17:30-20:30

・会場:アドバンスⅠ:会議研修施設ACU
    (札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12階)
    アドバンスⅡ:各コース担当大学・企業が会場となります

・定員:20名程度(書類選考あり)

・受講料:無料

・申込方法:申込書(ホームページからダウンロード可)を事務局まで送付下さ
い。

・申込締切:4月30日(木)

プログラムの詳細、お申込みについては、ホームページをご確認下さい。
http://www.healthinnovation-hokkaido.jp/hic/nurture/member.html


【お問合せ】公益財団法人北海道科学技術総合振興センター  
地域イノベーション戦略推進室
ヘルスイノベーションカレッジ事務局(佐藤・渡辺・金丸)
TEL: 011-757-2288  E-mail:innovation@noastec.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ノーステック財団「地域の仕組みづくり事業」締切間近
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ノーステック財団では、道内各地の地域産業クラスター研究会、および、産業ク
ラスター活動に参加する地域活動グループを対象に、産業クラスター形成につな
がることが期待される取組みに対して支援を行なう目的で、平成27年度「地域
の仕組みづくり事業」の締切が間近です。
皆様のご応募をお待ちしております。


【応募締切】
 平成27年4月17日(金)必着

【募集内容】
①地域産業クラスターものづくり支援事業 補助金限度:50万円(5件程度)
補助対象経費の2/3以内
②専門家招聘支援事業 補助金限度額:10万円(5件程度)
補助対象経費の2/3以内

応募方法など詳細については、下記URLよりご確認ください。
  http://www.noastec.jp/subsidy/2015/post-52.html 

【問合せ先】
ノーステック財団 クラスター事業部 福山
TEL:011-708-6526


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成27年度「地域食品加工施設活用モデル事業」締切間近
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ノーステック財団では、道内食品の高付加価値化を図るため、地域の食品加工施
設を有効活用した食品開発の事業支援を目的とした「地域食品加工施設活用モデ
ル事業」について募集中です。

本事業は、自治体・公設試験研究機関・農協・漁協が運営する食品加工施設を利
用して、食品開発に取組む事業者・グループ等を対象にした支援制度です。
是非本事業への応募をご検討ください。

申込締切:平成27年4月17日(金)必着


詳細は下記、ホームページをご覧下さい。
http://www.noastec.jp/subsidy/2015/post-53.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「ノーステック財団研究開発助成事業」の公募について(4月27日締切)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回の臨時号でもお知らせしましたが、平成27年度「ノーステック財団 研究
開発助成事業」のうち、「若手研究人材育成」、「フードイノベーション創造支
援事業」の二事業において、助成対象案件を公募中です。


※「イノベーション創造支援事業」(産学連携グループで行う研究開発への助成
:200万円~ 400万円)については、6月頃公募の予定です。

道内の若手研究者、食関連の共同研究グループの皆様には、事業概要、応募要領
をご参照のうえ、期間内に奮ってご応募ください。多くの皆様のご応募をお待ち
しております。


【公募締切り】
 平成27年4月27日(月) 17:00必着

【募集内容】
1.若手研究人材育成事業 
 北海道の将来の発展に資する研究を担う若手研究者を支援します。
 ◆若手研究人材・ネットワーク育成補助金 : 40万円 (20件程度) 
    (通称:ノーステックTalent補助金)

2.フードイノベーション創造支援事業 ※札幌市補助事業
 「食・健康」分野の基礎研究から実用化までの研究開発を支援します。
 ◆研究シーズ発掘補助金 : 40万円以内 (10件程度)
    (通称:札幌フードTalent補助金)
 ◆実証研究支援補助金 : 300万円以内 ( 3件程度)


◆応募要領・提案様式など詳細は、下記URLよりご確認ください。
  http://www.noastec.jp/division01.html 

【お問合せ先】
ノーステック財団 研究開発支援部 
TEL:011-708-6392


========================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さま、当
財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまに配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および制作
以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、以下
のアドレスまでお願いいたします。

E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ----------------------