バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第262号(2015.1.28発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2015.1.28発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第262号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━

昨日の暖気から打って変わって今、日は全道的にとても寒い日になりました。

昨日融けてがたがたになった路面がそのまま凍ってしまったので、通勤の足元も

とても歩きづらく、足をくじいてしまいそうです。

日中の気温もあまり上がらないようですので、外出される方は怪我に注意してい

ただければと思います。

話は変わりますが、ハフィントンポスト日本版を読んでいたら2014年もっと

も検索が多かった和食ランキング2位に「枝豆」が入っている(http://www.huf

fingtonpost.jp/tabizine/japanese-food_b_6551774.html)という記事がありま

した。ちょっと意外な話ですが、

・低カロリー、高たんぱくでヘルシー
・ゆでて塩をふるだけ、手軽に作れる
・大人から子どもまで食べられる

というのが理由ではないかとのことです。

私も枝豆は大好きで、もぎたてのおいしい枝豆にありつけたときは本当に幸せで

すね。

Googleの該当ページを見てみると、急上昇ワードの2位に「おにぎり」が

あったりとなかなか面白いです。

因みにGoogleの「Googleトレンド」という無料ツールがあるという

のでここ(http://www.google.co.jp/trends/explore#cmpt=q&tz=)で「Japanese

food」と入れて検索してみると地域別検索ボリュームはシンガポールがダントツ

の一番でマレーシア、オーストラリアと続いていると出ました。

興味がある方はお試し下さい。

(ただし、あくまで、「Japanese food」と検索した人が多いというだけで「日本

食」と入れると、当然ながら漢字を使う国が上位に来ます。日本食に興味を持っ

ている人の絶対数が多いということではないのでご注意を)

それでは、1月28日号をお届けします。

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕トピックス
◆北大北キャンパス周辺の 平成26年度 研究発表会・事業説明会を開催しました
〔2〕募集・案内
◆北海道大学・先端NMRファシリティ共用促進プログラム
 平成27年度企業等利用課題の募集について
◆「ノーステック財団「研究開発助成事業」研究開発事例報告会・交流会
 を開催いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕トピックス
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北大北キャンパス周辺の 平成26年度 研究発表会・事業説明会を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラボほっかいどう及び北大ビジネススプリングに入居し北大リサーチ&ビジネスパークで活躍されている企業さんによる「平成26年度研究発表会・事業説明会(兼 北キャンパス交流会)を開催しました。
説明会には54名の方々が参加され、北キャンパスで活躍される7社の企業様の最近の研究成果や活動に関するお話しに興味深く聞き入っていました。
また、発表会の後開催された交流会には37名の方が参加されお互いの交流を深めていました。
北大リサーチ&ビジネスパークは、北大の北キャンパスに良好な研究環境とビジネス環境を整備し大学の知的資産の有効活用によって新たなビジネスを創出していこうという取り組みで、様々な研究開発やビジネス開発が進められています。
エリアには北大の先端研究施設や北海道立総合研究機構本部、同工業試験場などが立地しビジネスをサポートできる環境が整っています。また、北大ビジネススプリング(中小機構)コラボほっかいどう(ノーステック財団)などのレンタルラボもあります(コラボほっかいどうは現在満室)。様々な支援メニューもありますので、大学との共同研究・開発をお考えの方は是非足をお運び下さい。

発表内容
1.「抗体糖鎖の迅速定量解析法の開発」
  医化学創薬㈱ 様
2.「幻のSTAP細胞とエピゲノム研究」
  ㈱モノクローナル抗体研究所 様
3.「仕事関数測定装置の開発」
  ㈱北海光電子 様
4.「日本ハム㈱中央研究所札幌サテライトの取り組み」
  日本ハム㈱ 様
5.「災害廃棄物処理の最適化に関する研究」
  ㈱吉成総合研究所 様
6.「エアロゲル透明断熱材の研究開発」
  ㈱柊研究所 様
7.「廃棄木製パレットを利用した製品開発、
   バイオマスコージェネレーションにおける応用製品開発」
  ㈱北海道パレットリサイクルシステム 様

┼───────────────────────────────┼
 〔2〕募集・案内
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北海道大学・先端NMRファシリティ共用促進プログラム
 平成27年度企業等利用課題の募集について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北海道大学では、文部科学省「先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業」
により、先端研究基盤のNMR施設の共用促進プログラム実施いたしております。
この度、平成27年 1月 20日(火)~ 2月 19日(金)の期間で、平成27年度の
企業等の利用課題を募集いたします。

産業界の利用コースは、初めての試し測定、高性能機器によるデータ比較、
守秘義務に基づく占有利用など3種類からなります。
[1] トライアルユース(産業界のみ対象・成果公開義務あり・無償)
[2] 成果非占有利用(利用者制限なし・成果公開義務あり・有償(割引料金適用))
[3] 成果占有利用(利用者制限なし・成果公開義務なし・有償)

測定相談・応募要領等お問い合わせは、下記WEBサイトよりご覧ください。
http://altair.sci.hokudai.ac.jp/facility/nmr/

【連絡先】
〒060-0810 北海道札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学・先端生命科学研究院・先端NMRファシリティ共用事業担当
TEL:011-706-3572,FAX:011-706-3573
E-mail:nmrfacility@mail.sci.hokudai.ac.jp

【補足】課題募集期間後も測定相談等は随時受け付けており、追加利用課題を受付
する場合があります。詳細は連絡先へお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「ノーステック財団「研究開発助成事業」研究開発事例報告会・交流会
 を開催いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当財団では「研究開発助成事業」を通して、大学・研究機関の持つ「知」
と、企業の持つ「技」の種をはぐくみ、新事業の芽を創る研究開発支援
を行っています。この取り組みをより広く知って頂き、本事業をより一層
ご活用いただけますように、「事例報告会・交流会」を開催いたします。
是非ご参加いただきます様、ご案内申し上げます。

◆日にち:平成27年2月18日(水)
◆時間:15:00~17:05(事例発表会)、 17:15~(交流会)
◆場所:ホテルポールスター札幌(札幌市中央区北4条西6丁目)

◆【詳細(パンフレット)、参加申込書】はこちら↓
http://www.noastec.jp/event/2014/post-64.html

◆プログラム:
15:00 開会・挨拶
【研究事例紹介】15:05~15:35
 ・北海道大学大学院薬学研究院 助教 仁木 加寿子 氏
  「仮題)パーキンソン病関連遺伝子DJ-1の機能解明」
 ・北海道大学大学院薬学研究院 助教 佐藤 夕紀 氏
  「トランスポーターを介した低吸収性成分の吸収改善の可能性」
【実用化事例紹介】15:35~16:05  
 ・北海道三井化学(株) ライフサイエンスセンター長 多葉田 誉 氏 
  「植物培養細胞由来レスベラトロール(レスベールアクア)」
 ・コスモ・バイオ(株) プライマリーセル事業部 金濱 吉範 氏
  「創薬スクリーニング用小型肝細胞培養キット」
 ・(株)化合物安全性研究所 安全性研究部 毒性研究室 小西 晃司 氏
  「牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP)」
【研究開発助成事業・制度紹介】16:15~16:25
【地域ブランド支援技術紹介】16:25~17:05
 ・帯広畜産大学 教授 口田 圭吾 氏
  「牛肉のおいしさの客観的評価技術と地域ブランド牛肉」
 ・北海道立工業技術センター 研究主査 木下 康宣 氏
  「春採りコンブの利用技術開発とブランド形成の取組み」
17:15~  交流会 (会費2,000円)

◆参加申込み:
「ご所属・お名前・電話・E-mail・交流会出欠」をご記入のうえ、
2月10日(火)までにFAX(011-747-1911)またはE-mail(y-ito@noastec.jp)
にて、ノーステック財団伊藤までお申し込みください。

皆様からのお申し込みをお待ちしております。

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さま、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまのほか、ビジネスエキス
ポにご来場された皆様にも配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------