バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第255号(2014.10.22発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2014.10.22発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第255号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━

秋はいよいよ深まり、私の周りでは紅葉が真っ盛りです。

北大構内の銀杏並木や紅葉の色づきも、昨年に比べると1~2週間くらい早いで

すね。

札幌中心部でも街路樹がきれいに色づいており、個人的には好きな季節です。

ただ、ちょっと寒いです。前回いつから暖房を使おうか悩んでいると書きまし

たが、「万一不具合があったら困るから試しに使ってみよう!」ということで

何度か使ってみました。

そろそろタイヤ交換も予定しています。

あっという間にやってくる冬に備え始めている今日この頃です。


それでは10月22日号をお届けします。

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕トピックス
◆「地域ネットワーク会議in岩内」を開催しました
〔2〕募集・案内
◆フランス・日本合同シンポジウム
  「どの様に食の付加価値を高めるか 機能性? 味?」
◆科学技術振興機構(JST)からのお知らせ
◆産学官連携・若手ネットワークづくり交流会のご案内
◆ビジネスEXPOニュース
◆北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕トピックス
┼───────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「地域ネットワーク会議in岩内」を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ノーステック財団では、産業クラスター創造活動に参加する地域研究会・研究
グループ間の交流、情報交換、連携促進を目的として、毎年、地域クラスターネ
ットワーク会議を開催しております。
この度、地域の食品加工施設と連携した食品開発に積極的に取り組んでいる岩内
町において、10月7日(火)から8日(水)の日程で、「地域資源(人・素材・
技術・設備)を活用した地域づくり」をテーマに、「地域クラスターネットワー
ク会議 in 岩内」を開催しました。
会議には地域研究会・岩内町内の企業等約40名の参加があり、フード企画コンサ
ルタント会社から講師を招いた基調講演のほか、地域の特色を活かした取組の報
告、パネルディスカッション等を行いました。
詳細は下記をご覧下さい。
http://www.noastec.jp/topics/2014/10/26-in.html


┼───────────────────────────────┼
 〔2〕募集・案内
┼───────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆フランス・日本合同シンポジウム
  「どの様に食の付加価値を高めるか 機能性? 味?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この度、フランスのフードクラスターの訪問団が来道することになり、この機
会を借りて、食にどの様に付加価値を付けるかについての意見交換を行うシンポ
ジウムを開催することにいたしました。食と栄養、健康にご興味をお持ちの方の
ご来場をお待ちしております。

◆ 日 時:平成26年11月4日(火)13:00~16:00

◆ 会 場:札幌グランドホテル
      ( 札幌市中央区北1条西4丁目)

◆ 参加費:無料

◆ 主 催:北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会
      公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
      在日フランス大使館 企業振興部・ユビフランス

◆ 後 援:一般社団法人北海道バイオ工業会
      特定非営利活動法人北海道バイオ産業振興協会
      健康食品管理士会北海道支部

◆ プログラム
 Ⅰ.日本側からの講演
   ①様々な機能性を示すセラミド-セラミド含有機能性食品の可能性
      北海道大学大学院先端生命科学研究院 五十嵐靖之 教授
   ②機能性評価と健康増進への活用
      北海道情報大学医療情報学部 西平 順 教授
 
 Ⅱ.フランス側からの講演
   ①栄養と健康(食べ物と抗老化、自律性)
   ②食品安全
   ③新しい付加価値を付けた新しい食物消費法
   ④食材の味とカスタマイゼーション

 Ⅲ.B to B ミーティング(16時から)
    講演会終了後、参加者の希望により個別企業間の意見交換の場を設けま
す。

◆ 申込方法:別添の参加申込書にご記入のうえお申込みください。

◆ 問い合わせ・申込先
  公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)
  地域イノベーション戦略推進室
  担当:北野 TEL 011-757-2288  FAX 011-757-2289
  E-mail: innovation@noastec.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆科学技術振興機構(JST)からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------------
「食・農・医に役立つナノテク!」
-観る/創る/測る 全国のナノテク先端機器と人材があなたの手に!-

    文部科学省 ナノテクノロジープラットフォーム 
平成26年度 第1回地域セミナーin北海道
------------------------------------------------------------------------


最高の機器と人材の助けを借りてあなたの問題を
解決するためのヒントをつかみませんか?

企業や大学若手研究者の方々大歓迎!
今回は食品の思わぬ分析方法から先端医学分野の解析まで
北海道に身近な食・農・医分野の多様な共用機器利用例を
分かり易く紹介します。

■日時    平成26年 10月31日(金) 13:30~17:30(意見交換会17:45-19:30)
          *参加費無料(意見交換会 1000円)

■会場 道立総合研究プラザ 1Fセミナー室
        (札幌市北区北19条西11丁目 http://www.hro.or.jp/access/)

■基調講演
 「食の産地・安全・安心と健康を守るイメージング 技術・ ナノテク技術が
  経済成長とQOL(quality of life)を向上させる」
  千歳科学技術大学 総合光科学部 バイオ・マテリアル学科 教授 木村 廣美

■事例紹介
 ・イメージング技術による食品等の品質評価
 ・生体材料、DDS等評価
 ・センサー微細加工 / 顕微鏡観察用培養器作成
 ・化粧品関連合成/解析 他
 ★実際に利用された企業や若手研究者の利用者講演も

■紹介予定共用機器
・超解像顕微鏡、Heイオン顕微鏡、クライオ電子顕微鏡
・各種微細加工関連装置群
・各種合成技術、質量分析装置、NMR 等

■プログラム詳細
http://www.jst.go.jp/pr/pdf/nanotech_event1401031.pdf


■申込み先
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8622583b315278


■問い合わせ先
(独)科学技術振興機構 担当:東(ひがし)
TEL:03-6261-0862
E-mail:yousuke.higashi@sangakukan-net.jst.go.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆産学官連携・若手ネットワークづくり交流会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーステック財団では、北海道の若手研究者のネットワーク形成支援のため、各
種交流機会を設けて、次代を担う研究者とのネットワークづくりを進めておりま
す。
今回は、産学連携でたいへんご活躍されている2名の若手研究者をお呼びし、最
近の研究動向や実用化事例などの話題提供を頂く機会を企画致しました。産・学
・官・金、幅広い分野で次代を担う若手人材のネットワークづくりの場と考えて
おります。皆さまのご参加をお待ちしております。


日 時:平成26年11月13日(木)17時10分~19時40分

場 所:コラボほっかいどう 大会議室

定 員:20名程度


●プログラム--------------


 17:10 ~ 【 話題提供 】(各40分程度)

  ①「(仮題)放射線治療・診断領域における放射線測定技術」

        北海道大学大学院医学研究科 教授 石川 正純 氏


  ②「(仮題)スマートスーツによるパワーアシストと軽労化」

       北海道大学大学院情報科学研究科 准教授 田中 孝之 氏


 18:30~ 【 懇親会 】 

------------------------


【問合わせ・申込み先】
ノーステック財団 研究開発支援部
伊藤・工藤
TEL:011-708-6392 FAX:011-747-1911
E-mail:y-ito@noastec.jp


◆準備の都合上、参加をご希望の方は、上記申込み先に、ご所属・お名前・連絡
先をお知らせ願います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ビジネスEXPOニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月6日7日の両日、「北海道 技術・ビジネス交流会」が、次の内容で開催
されます。

<開催内容>
 1.名 称  ビジネスEXPO「第28回 北海道 技術・ビジネス交流会」
 2.テーマ  連携! 北海道の未来へ
 3.会 期  平成26年11月6日(木)10:00~17:30
                      (オープニングセレモニーは9:30~)
             11月7日(金) 9:30~17:00   
 4.会 場  アクセスサッポロ
    (札幌市白石区流通センター4丁目3番55号 TEL 011-865-5811)
※地下鉄大谷地駅バスターミナルより、無料シャトルバス運行(15分間隔)
 5.入場料  無 料
 6.入場人員 19,020名(前回実績)
 7.主 催   北海道 技術・ビジネス交流会 実行委員会


1.ビジネスセミナープログラムのご紹介

毎回ご好評をいただいているビジネスEXPO「ビジネスセミナー」。
様々なジャンルのセミナープログラムの中でも、注目は、日本ユニシス(株)の八
田 泰秀氏による基調講演。今年のテーマ「連携!北海道の未来へ」、そのテー
マの根幹「連携・つながり」において、スマートシティーや地域情報連携など、
より大きな「つながり」で社会インフラ自体を変え始めている日本ユニシス様か
ら、北海道に特に関係が深い医、食、決済の社会インフラ形成の「今」と「未来
」についてご紹介していただきます。

さらに、特別講演として茂木 健一郎氏(脳科学者)が最新脳科学者の発想から
ビジネスをテーマに90分間語り尽くします!

また、5度目の出場となった今年のソチオリンピックでは見事4位入賞で、オリ
ンピック5大会連続入賞という快挙を成し遂げた"モーグルの上村愛子さん"が
来場いたします。

また、上村愛子さんをはじめ、日本のトップアスリートのスキーブーツの開発を
手助けしていたのが、北見工業大学の鈴木教授でした。アルペンの元国体選手で
、ブーツが傾くタイミングの3D撮影や、地面にかかる力の測定などのデータを解
析、各選手の骨格や筋力に合ったブーツの設計をして、北海道から最先端の"も
のづくり"を手助けしました。過去から未来に向けた"熱い対談"を期待してく
ださい!

このほかにもたくさんのプログラムを用意していますので下記パンフレットでご
確認下さい。
http://www.business-expo.jp/common/invitation.pdf (2.33MB)


2.その他

<同時開催イベント>
(1)平成26年度 「北海道新技術・新製品開発賞」受賞企業展      
   (主催:北海道)
(2)平成26年度 「北海道省エネルギー・新エネルギー促進大賞」受賞企業展
   (主催:北海道)
(3)資源リサイクルフォーラム 2014                
   (主催:北海道循環資源利用促進協議会、エコロジア北海道21推進協議
       会)
 (4)ものづくりフォーラム2014     
   (主催:経済産業省北海道経済産業局製造産業課、(独)中小企業基盤整備
       機構 北海道本部)
(5)食品・観光マッチング2014                   
   (主催:(独)中小企業基盤整備機構 北海道本部、経済産業省北海道経済
       産業局製造産業課)
 (6)さっぽろソーシャルビジネス見本市2014            
   (主催:札幌市)
(7)北のブランド・ものづくりフェア2014               
   (主催:札幌商工会議所)
 (8)札幌商工会議所 省エネ・耐震・防災フェア2014         
   (主催:札幌商工会議所)
 (9)シーズ・ニーズマッチングフェアwith金融機関           
   (主催:道内の大学、高専、公設試、金融機関、北大リサーチ&ビジネス
パーク推進協議会)  
 (10)開放特許活用ビジネス交流会
   (主催:札幌市、共催:北大&ビジネスパーク推進協議会、
       実施機関:(一社)北海道発明協会)
 (11)北のITシーズフェア2014                   
   (主催:(一社)北海道IT推進協会)
 (12)空飛ぶ6次化大作戦                       
   (主催:ノーステック財団 クラスター企画本部)
 (13)「食の臨床試験」相談会                      
   (主催:ノーステック財団 研究開発支援部)

詳しくは、下記のビジネスEXPOホームページ(http://www.business-expo.j
p/index.html)をご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【お問合せ先】
北海道 技術・ビジネス交流会 実行委員会 事務局
〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目コラボほっかいどう
公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)内
    飯田・細川
TEL 011-716-9150/FAX 011-708-6529

ビジネスEXPOホームページ  http://www.business-expo.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、主に札幌市内・近郊の中小
企業の皆様および新規に創業をお考えの皆様に対する、経営相談、各種雇
用助成金の相談・申請、人材確保等のサービスをワン・ストップで提供す
る施設として、今年2月に開設されました。

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、北海道と北海道労働局が共
同で設置し、管理・運営はハローワーク札幌が行っております。

 事業拡大、新事業展開などをお考えの際に、雇用に関する助成金の活用
や人材確保等にご活用ください。

所在地:札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
TEL:011-200-1622
営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

【サービス内容】

①経営相談
(なお、相談については、ビル内の同一フロアにあります(公財)北海道
 中小企業総合支援センターが行います。)

②雇用助成金の活用に関する相談および助成金の申請受付
(審査等は、北海道労働局雇用助成金さっぽろセンターが行います。)

③求人の受理および求人コンサルティング

※ なお、北海道ビジネスサポート・ハローワークでは、お仕事をお探し
の皆様への各種サービス(職業相談・求人情報の提供等)は取り扱ってお
りません。(お仕事をお探しの皆様へのサービスにつきましては、最寄り
のハローワークにて提供しておりますので、こちらをご利用願います。)

お問い合わせはこちら

→札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
  TEL:011-200-1622
  営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

こちらもご覧下さい
http://hokkaido-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/list/sapporo/shisetsu/_93897.html

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さま、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまのほか、ビジネスエキス
ポにご来場された皆様にも配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------