バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第232号( 2014.1.22発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2014.1.22発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第232号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━

1月20日は大寒でした。まさに大寒という気温でしたね。本格的な冬が到来して

います。

ニュース等で道内あちこちが最低気温マイナス20度以下になったという話を聞

きますが、北海道ではマイナス20度までは何とか我慢できると感じる人が多い

ようです。

札幌の最低気温もマイナス10度を下回る日が続きました。朝、家を出る時の一

歩目の「キュッ」という音に身が引き締まります。


昔の話ですが、トマムに泊まりがけでスキーに行ったときの朝の気温がマイナ

ス20度くらいでした。窓に近づくと体の暖気が窓に吸い取られていきます。

山の上が何度だったのかよくわかりませんが、鼻をつまむと、くっついてしま

います。良く晴れた空に輝く霧氷がすばらしく、感動したものです。


札幌の今日は朝から雪で、積雪もかなり多くなっていますが、同じ北海道でも

積雪量は地域によってかなりバラツキがあります。

札幌管区気象台のホームページで調べてみたところ、太平洋側の一部の地域の

ように積雪0センチメートルのところもあれば、日本海側は多くの場所が1メー

トル前後(以上)になっています。

平年比を見ると、日高山脈を境に東側は平年比50%以下のところが多いのに対

して、西側は100%を超え、ところによっては150%を超えるところもあり、今

年はいまのところ日本海側に降雪が偏っているようですね。

雪山で視界が悪くなっていたりします。ドライバーの方は運転ご注意下さい。


今の外の気温はマイナス5度くらいです。肌で感じようと外に出てみましたが、

雪がしんしんと降り続いているもののそれほど寒いという感じではないですね。


若い頃、競走馬で有名な静内町(現新ひだか町)に住んでいたことがありますが、

静内町は比較的雪が少ない地域です。

ところが積雪量と反比例して寒さは厳しくなるのか、私が住んでいた部屋は

ちょっと油断するとすぐに水道が凍ってしまい(日中出かけている間に凍った

りするんです!)何度も大家さんに溶かしてもらった懐かしい思い出があります。

それでは寒さをこらえつつ1月22日号をお届けします。

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕トピックス
・ノーステック財団若手研究人材育成事業理事長賞を受けた北大吉田助教が
 「北海道科学技術奨励賞」を受賞しました
〔2〕募集・案内
・地域新産業戦略推進事業(イノベーション基盤強化事業)
 「地域セミナーin北海道」の開催のご案内
・『「北海道の食」輸出促進事業』募集中
・北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕トピックス
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ノーステック財団若手研究人材育成事業理事長賞を受けた北大吉田助教が
 「北海道科学技術奨励賞」を受賞しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成25年度ノーステック財団若手研究人材育成事業理事長賞を受けた北海道大
学大学院医学研究科助教の吉田隆行氏が「不安や恐怖記憶を調節する新たな脳
内メカニズムの発見」をテーマとした研究で「北海道科学技術奨励賞」を受賞
されました。
吉田助教は不安や恐怖記憶に関与する情動メカニズムに関して、国際的にも高
く評価される学術誌で多くの研究報告をしており、社会問題にもなっている鬱
など精神疾患の発病予防や治療法の開発などに結びつく可能性が高く評価され
ました。
北海道科学技術奨励賞の贈呈式は2月20日札幌プリンスホテル国際館パミー
ルにおいて行われます。
吉田助教の今後の更なるご活躍をお祈りいたします。
┼───────────────────────────────┼
 〔2〕募集・案内
┼───────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆地域新産業戦略推進事業(イノベーション基盤強化事業)
「地域セミナーin北海道」の開催のご案内【再掲】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般財団法人日本立地センターと全国イノベーション推進機関ネットワークの
共催により1月29日札幌において標記地域セミナーが開催されます。セミナ
ーでは全国各地域で取り組まれている医農商工連携の取組みについての有識者
による講演のほか、全国に先駆け食と医によるヘルスイノベーションの展開を
推進する北海道の取り組みを紹介、また、参加者によるグループワークを実施
し、情報の共有化と参加者のネットワーク化を図ることを目指します。


【日 時】 2014年1月29日(水) 13:00~17:45

【会 場】 TKP札幌駅カンファレンスセンターカンファレンスルーム3B

【テーマ】 健康科学産業クラスターの形成に向けて

【主 催】 一般財団法人日本立地センター、全国イノベーション推進機関ネ
      ットワーク

【後援(予定)】 文部科学省、農林水産省、経済産業省、北海道、札幌市、
        (公財)北海道科学技術総合振興センター、(一財)さっぽ
         ろ産業振興財団

【参加費】 無料(交流会参加費 3,500円)

お申し込みはこちらから
http://www.innovation-net.jp/event/seminar0129.html


【プログラム】
13:00 開会
 来賓挨拶  北海道経済産業局
 歓迎挨拶  北海道

13:15~14:00 基調講演
 (仮題)「食と医との連携による健康科学産業クラスターの形成
      -北海道から世界へ」
     西村 訓弘氏 (三重大学大学院医学系研究科教授)

14:00~14:30 事例報告1
 (仮題)「健康科学・医療融合拠点の形成を目指して
      -さっぽろヘルスイノベーション'Smart-H'」
     西岡 純二氏
    (ノーステック財団 常務理事 地域イノベーション戦略推進事業
     さっぽろヘルスイノベーション'Smart-H' プロジェクト・ディレ
     クター) 

14:30~15:00 事例報告2
 (仮題)「研究成果の事業化にむけたファンド活用」
     石川 貴史氏
    ((公財)北海道中小企業総合支援センター 産業育成部長・6次産
     業化推進部 室長)

15:00~15:30 事例報告3
 (仮題)「北海道食品機能性表示制度の取り組みについて」
     岡村 好浩氏
    ((一社)北海道食産業総合振興機構(フード特区機構)
     企画総務部 統括部長)

15:30~16:15 施策紹介
    文部科学省、経済産業省、農林水産省

16:15~16:30 休憩

16:30~17:45 参加者によるグループワーク 
  テーマ①「市場参入にむけたファンド等の資金活用」
  テーマ②「地域資源の事業化のための連携活動」

17:45 閉会

18:00~19:00 交流会
   TKPガーデンシティ札幌きょうさいサロン


お申し込みはこちらから
http://www.innovation-net.jp/event/seminar0129.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『「北海道の食」輸出促進事業』募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「北海道の食」を海外バイヤーへ直接発信・PRするとともに海外販路の
開拓をサポートする『「北海道の食」輸出促進事業』がスタートします
(委託者:北海道庁、受託者:北海道ブランディング株式会社)。

この事業の最大の特徴は、輸出に取り組む際に障壁となる「言葉」「商談」
「輸出手続」「決済」及び「物流」を、ワンストップでサポート(サービ
ス提供)するものであり、お客様は国内取引と変わらないような感覚で販
売できます。
今なら、1事業者5製品まで無料でご登録いただけますので、「海外に販
路を開拓したい」、「海外の商談会に参加したけれども、その後の商談が
上手く進まない」などといったお悩みをお持ちの皆様、お気軽にお問い合
わせ下さい。

道内各地で説明会を開催しています。是非、説明会にお越し下さい。

詳しくは北海道ブランディング株式会社ホームページにて公開中!
http://www.hokkaido-bd.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、主に札幌市内・近郊の中小
企業の皆様および新規に創業をお考えの皆様に対する、経営相談、各種雇
用助成金の相談・申請、人材確保等のサービスをワン・ストップで提供す
る施設として、今年2月に開設されました。

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、北海道と北海道労働局が共
同で設置し、管理・運営はハローワーク札幌が行っております。

 事業拡大、新事業展開などをお考えの際に、雇用に関する助成金の活用
や人材確保等にご活用ください。

所在地:札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
TEL:011-200-1622
営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

【サービス内容】

①経営相談
(なお、相談については、ビル内の同一フロアにあります(公財)北海道
 中小企業総合支援センターが行います。)

②雇用助成金の活用に関する相談および助成金の申請受付
(審査等は、北海道労働局雇用助成金さっぽろセンターが行います。)

③求人の受理および求人コンサルティング

※ なお、北海道ビジネスサポート・ハローワークでは、お仕事をお探し
の皆様への各種サービス(職業相談・求人情報の提供等)は取り扱ってお
りません。(お仕事をお探しの皆様へのサービスにつきましては、最寄り
のハローワークにて提供しておりますので、こちらをご利用願います。)

お問い合わせはこちら

→札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
  TEL:011-200-1622
  営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

こちらもご覧下さい
http://hokkaido-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/list/sapporo/shisetsu/_93897.html

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さまのほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信
しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------