バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第224号(2013.10.23発行)

いよいよ秋も深まってきました。

街路樹も、赤く黄色くその色を濃くしています。

先日お休みをいただき、妻の母を連れ、札幌市清田区にある平岡樹芸園に

行ってきました。

ここは秋の紅葉がすばらしいことで有名ですが、当日はお天気にも恵まれ

多くの方達が訪れていました。

家から近いこともあり、私も毎年訪れていますが、例年11月の始め頃が

紅葉のピークで、今のところやや早いかなという色づき具合でした。

有名な紅葉スポットはどこも大混雑ですが、きれいな紅葉を楽しめるのは

毎年ほんの一瞬ですし、まして休みの日に好天が重なるとは限りませんか

ら気持ちはよくわかります。

私も既に何回も紅葉狩りにチャレンジしています。

渋滞の一因だったかもしれません。

 

それでは10月23日号をお届けします。

 

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕トピックス
・世界初!遺伝子組換え植物による動物用医薬品が認可
・平成25年度「北海道新技術・新製品開発賞」受賞企業決定
〔2〕募集・案内
・機能性食品開発セミナー 
 「~道産素材の安全性・有用性探索技術による新展開に向けて~」
・北海道機械工業会から'ものづくり技術セミナー'のお知らせ!!
・『「北海道の食」輸出促進事業』募集中
・北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼───────────────────────────────┼
 〔1〕トピックス
┼───────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆世界初!遺伝子組換え植物による動物用医薬品が認可
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 産業技術総合研究所北海道センター(以下産総研)に設置された「完全
密閉型遺伝子組換え植物工場」を利用して研究開発された遺伝子組換えイ
チゴを原料とするイヌの歯肉炎治療薬が、10月11日動物用医薬品とし
て農林水産省から認可されました。
 同薬品は産総研がホクサン(株)、北里第一三共ワクチン(株)と共同
で開発を進めてきたものです。

 弊財団は、この産総研の植物遺伝子組み換え技術を企業に橋渡しするた
め、昨年12月産総研北海道センター内に「グリーンケミカル研究所
(GCC)」を設置しました。GCCでは現在、完全人工光型研究室4室
と自然光併用型の研究室1室の計5室に民間企業5社が入居し、完全密閉
環境下で様々な研究を行っています。GCCでの研究が、今後より多くの
異なった医薬品原料や作物種に拡大され、北海道発の新たな物質生産技術
の発展と産業基盤の形成が進むと確信しています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成25年度「北海道新技術・新製品開発賞」受賞企業決定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 北海道では本道工業等の技術開発を促進し、新産業の創出や既存産業の
高度化を図るため、平成10年から道内の中小企業者等が開発した優れた新
技術・新製品に対し北海道新技術・新製品開発賞表彰を行ってきており、
昨年までに、食品加工や機械金属などのものづくり分野で、92件の特色
ある技術や製品を表彰しています。
 この度、今年度の受賞者を決定しましたので、お知らせします。
 なお、「第27回北海道技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO)」
において表彰式を実施するほか、受賞者によるパネルディスカッションを
実施することとしております。
 詳細については、北海道産業振興課HPをご覧ください。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ssg/shinshohinkaihatsusho.htm


受賞者

☆ものづくり部門
【大賞】
 漁船搭載型海水氷製氷機「海氷」  
(株)ニッコー(釧路市)

【優秀賞】(順不同)
 音声生成アプリ「ゆびで話そう」
(株)電制(江別市)

 気候変動(雪・雨・熱)対応システム道路「E3ロード」
  ※「E3」の「3」は本来は上付き文字です。(Eの3乗)
(株)ホクスイ設計コンサル(札幌市)

【特別賞】
 イカ活締め器具「イカ活チャ器」
(株)フジワラ(北斗市)


☆食品部門(「受賞企業概要」はこちらから)
【大賞】
 ナノ型コンドロイチン
  丸共水産(株)(稚内市)

【優秀賞】(順不同)
 機能性ドレッシング「北海道タマネギドレッシング」
(株)北海道バイオインダストリー(札幌市)

 フコキサンチン1000
(株)ノース技研(函館市)

 牛とろの熟成パテ・牛肉のからすみ
(有)十勝スロウフード(清水町)


┼───────────────────────────────┼
 〔2〕募集・案内
┼───────────────────────────────┼

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆機能性食品開発セミナー 
 「~道産素材の安全性・有用性探索技術による新展開に向けて~」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

道内最大のビジネスイベント「ビジネスEXPO」の会場ににて、食品の安全
性・機能性に関する技術を有する企業の技術紹介を行います。
また、本紹介に先立ちまして、北海道中央農業試験場 加藤 淳 農業環
境部長様より「北海道産豆類の機能性等」に関するお話しを伺うこととし
ました。
時節柄ご多忙と存じますが、皆様にぜひご参加いただきたくご案内申し上
げます。

             記

■日 時  平成25年11月8日(金) 13:30~15:30
  
■場 所  アクセスサッポロ 1F 小展示場
      (札幌市白石区流通センター4丁目:TEL 011-865-5811)
 
■主 催  北海道バイオ産業クラスター・フォーラム
      北海道経済産業局
      公益財団法人北海道科学技術総合振興センター

■共 催  一般社団法人 北海道バイオ工業会
      
■プログラム 
 1.基調講演
  「北海道の素材の魅力 ~北海道産豆類の機能性と付加価値の向上~」  
    北海道立総合研究機構中央農業試験場
    農業環境部長  加藤淳 氏
 2.道内企業の安全性・有用性探索技術
   ①「培養細胞を用いた機能性評価試験」
     一般財団法人日本食品分析センター
   ②「動物試験等による道産素材の機能性と安全性の評価」
     株式会社化合物安全性研究所
   ③「ヒト臨床試験とその事例」
     株式会社新薬リサーチセンター
   ④「新たな視点からみた腸内環境改善評価サービス」
     コスモバイオ㈱プライマリーセル事業部
   ⑤「次世代シーケンサーを用いた腸内メタゲノム解析の応用編」
     北海道システム・サイエンス株式会社
     
■参加料  無料

参加をご希望の方は、恐れ入りますが、参加申込書に記入の上、
11月5日(火)までに、下記宛E-mailまたはFAXにてお申し込み下さい。

申込書・内容↓
http://www.noastec.jp/biocluster/information/details.php?pid=1890826117138

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
 クラスター研究部 工藤昌史


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北海道機械工業会から'ものづくり技術セミナー'のお知らせ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ものづくり技術セミナー
革新的設計・生産技術
「3Dプリンター・積層成形技術・微細粉体に関する最新技術」
を開催します!

◆北海道機械工業会と室蘭工業大学では、研究機関でのシーズと先端技術
を学ぶ公開講座として、2013ものづくり技術セミナー(高度技術研修)を
企画しました。
革新的設計・生産技術として注目されている3Dプリンターや積層成形技術
に関して、最新技術動向や今後の展望、更には関連する微細紛体の特性に
ついて、第一線で活躍する講師陣に分かりやすく紹介してもらい、道内企
業での活用検討、技術戦略につなげることを目的とします。

日程:11月20日(水)13:00~17:00

会場:京王プラザホテル札幌 2階ローズルーム
   (札幌市中央区北5西7−2−1)
   参加費:1000円

内容:

13:05 ~ 「微細紛体の基礎的特性について」
            室蘭工業大学 くらし環境系領域 准教授 藤本 敏行
14:00 ~ 「3Dプリンターの技術動向と最新技術」
          (独)産業技術総合研究所 先進製造プロセス研究部門
       グループ長   岡根 利光
15:05 ~ 「無機粉末積層成形法による鋳造用鋳型製作事例」
       北海道立総合研究機構 工業試験場
       製品技術部  戸羽 篤也
16:00 ~ 「歯科用 CAD/CAM の積層造形への展開」
       東京歯科大学 歯科理工学講座 教授 小田 豊
17:00   終了

詳しくはこちらをご参照ください。
http://h-kogyokai.com/news/news251021.pdf

**********************************
申し込みは、企業名、所属、氏名、連絡先(FAX or E-mail) を記入の上、下
記へお願いします。

電 話   : 011-222-9591  (一社)北海道機械工業会 鎌田・長尾
ファクシミリ  : 011-251-4387
E-mail : kamata-renkei@mist.ocn.ne.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『「北海道の食」輸出促進事業』募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「北海道の食」を海外バイヤーへ直接発信・PRするとともに海外販路の
開拓をサポートする『「北海道の食」輸出促進事業』がスタートします
(委託者:北海道庁、受託者:北海道ブランディング株式会社)。

この事業の最大の特徴は、輸出に取り組む際に障壁となる「言葉」「商談」
「輸出手続」「決済」及び「物流」を、ワンストップでサポート(サービ
ス提供)するものであり、お客様は国内取引と変わらないような感覚で販
売できます。
今なら、1事業者5製品まで無料でご登録いただけますので、「海外に販
路を開拓したい」、「海外の商談会に参加したけれども、その後の商談が
上手く進まない」などといったお悩みをお持ちの皆様、お気軽にお問い合
わせ下さい。

道内各地で説明会を開催しています。是非、説明会にお越し下さい。

詳しくは北海道ブランディング株式会社ホームページにて公開中!
http://www.hokkaido-bd.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、主に札幌市内・近郊の中小
企業の皆様および新規に創業をお考えの皆様に対する、経営相談、各種雇
用助成金の相談・申請、人材確保等のサービスをワン・ストップで提供す
る施設として、今年2月に開設されました。

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、北海道と北海道労働局が共
同で設置し、管理・運営はハローワーク札幌が行っております。

 事業拡大、新事業展開などをお考えの際に、雇用に関する助成金の活用
や人材確保等にご活用ください。

所在地:札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
TEL:011-200-1622
営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

【サービス内容】

①経営相談
(なお、相談については、ビル内の同一フロアにあります(公財)北海道
 中小企業総合支援センターが行います。)

②雇用助成金の活用に関する相談および助成金の申請受付
(審査等は、北海道労働局雇用助成金さっぽろセンターが行います。)

③求人の受理および求人コンサルティング

※ なお、北海道ビジネスサポート・ハローワークでは、お仕事をお探し
の皆様への各種サービス(職業相談・求人情報の提供等)は取り扱ってお
りません。(お仕事をお探しの皆様へのサービスにつきましては、最寄り
のハローワークにて提供しておりますので、こちらをご利用願います。)

お問い合わせはこちら

→札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
  TEL:011-200-1622
  営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

こちらもご覧下さい
http://hokkaido-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/list/sapporo/shisetsu/_93897.html

 

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さまのほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信
しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

地域の話題のご紹介等をご希望の方は下記宛てご相談下さい。
当メールマガジンや、財団ホームページ等で紹介させていただきます。
(企業広告等財団業務にそぐわないものはご利用いただけません)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp

お問い合わせ:企画部
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------