バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第198号 (2012.11.30発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2012.11.30発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第198号(臨時号)
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━

本日は12月13日「第2回食品関連機械研究会」並びに12月17日「日本弁理士
会北海道支部 バイオテクノロジー専門委員会セミナー『記載要件の審査基
準改訂について』」のご案内をお送りいたします。

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕 募集・案内
・第2回食品関連機械研究会開催のご案内
・日本弁理士会北海道支部 バイオテクノロジー専門委員会セミナー
 「記載要件の審査基準改訂について」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕 募集・案内
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第2回食品関連機械研究会開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

食品関連機械研究会では、12月13日(木)に第2回研究会を開催いたしま
す。
今回は、大学、装置メーカー、食品衛生コンサルティングの各分野から専
門家をお招きし、センシング技術、装置開発、衛生管理技術の最新動向に
ついてご講演をいただきます。食品センシング応用や食品機械設計などに
ご興味のある方など、多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

◆開催日時:平成24年12月13日(木)14:00~17:30
◆開催会場:かでる2・7 10階 1040号室 ( 札幌市中央区北2条西7丁目 )
◆参加費 :無料
◆定員  :50名
(申込締切:12/10(月)定員になり次第、受付を終了させて頂きます)
◆主催  :食品関連機械研究会、北海道立総合研究機構 工業試験場

◆内容
基調講演
「京都大学『生物センシング工学研究室』の研究紹介 
  ~次世代の食料生産およびライフサイエンスに資する電磁波利用~」
  京都大学大学院 生物センシング工学研究室 准教授 小川雄一 氏

招待講演
1「光センサ技術・画像処理技術を応用した品質検査システムの開発と製
  品化事例」
  シブヤ精機(株) 製品企画部 山下雅弘 氏

2「食品機械のHACCP仕様と衛生管理」
  (株)キュー・アンド・シー 代表取締役社長 奥野和弘 氏

◆申込方法:下記URLをご覧の上、FAX、またはメールにてお申し込み願い
 ます。

http://www.iri.hro.or.jp/news/12/forum/20121213-Food-machinery.pdf

◆問い合わせ・申込先
  道総研 産業技術研究本部 ものづくり支援センター
  担当:本間 TEL 011-747-2956  FAX 011-726-4057
        E-mail: honma-toshinori@hro.or.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本弁理士会北海道支部 バイオテクノロジー専門委員会セミナー
「記載要件の審査基準改訂について」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内  容:平成23年10月の「明細書及び特許請求の範囲の記載要件」
 の審査基準の改訂について、その背景、検討経緯、医薬発明の審査に及
 ぼす影響など。
●講  師:東京大学大学院 新領域創成科学研究科
      メディカルゲノム専攻 バイオ知財コース
      准教授 安川 聡氏
●日  時:平成24年12月17日(月)18:00~20:00
●会  場:TKP札幌カンファレンスセンター 「カンファレンスルー
      ム6C」
      札幌市中央区北3条西3丁目1-6
●受 講 料:無料
●対 象 者:弁理士、知的財産業務に携わっている方
●定   員:20名

※申込・問い合わせ先:
芦田・木村国際特許事務所 札幌事務所 弁理士 太田 清子 
TEL 011-280-7090
mailto:ohta@akpat.com