バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第191号 (2012.9.26発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2012.09.26発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第191号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★  http://www.noastec.jp ★━━

先日東京で開催された「北洋銀行・帯広信用金庫インフォメーションバザール

inTokyo2012」を視察してきた職員曰く、

「30度を超える気温と日差しのせいか、日焼けした人がやけに多いと思ったら、

展示会で試飲を提供していた薩摩焼酎と道内産ワインのせいだった」・・・と

この展示会の来場者はプロ中心のはず、ということは仕事中?

・・・仕事で飲めるなんて、うらやましい・・・ビールの試飲があったら・・・

・・・仕事にならなかったでしょうね (^^;ゞ

そんな話を聞いているうちに、最近の北海道は秋の気配を感じることも。

朝晩肌寒かったりします。

季節の変わり目、体調に気をつけて下さい。


それでは9月26日号をお届けします。


━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕トピックス
・「ヘルスイノベーションカレッジ」開講記念シンポジウム」を
  開催しました
・「北洋銀行・帯広信用金庫インフォメーションバザールinTokyo2012」
   視察のご報告

〔2〕 募集・案内
・「ヘルスイノベーションカレッジ」受講者の募集について
・日本経営診断学会第45回全国大会公開シンポジウム
 「地域が掘り起こした宝もの」
  ~"江別小麦めん"北海道江別市・地域連携の取り組み~のご案内
・「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2012」開催のご案内
・北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
・「コラボほっかいどう」内研究ルームへの入居者を募集しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕 トピックス
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆「ヘルスイノベーションカレッジ」開講記念シンポジウム」を
   開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月18日(火)、ACUにおいて、「北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会 地
域イノベーション戦略推進事業 ヘルスイノベーションカレッジ開講記念シンポ
ジウム」を開催しました。
シンポジウムでは、西岡純二プロジェクトディレクターからの事業紹介、三浦敏
明 人材育成総括プロデューサーによるヘルスイノベーションカレッジの紹介を
行いました。
また、札幌医科大学の島本和明学長より「医と食・栄養の連携」と題して基調講
演をいただくとともに、北海道立総合研究機構 農業研究本部 中央農業試験場の
加藤淳 農業環境部長から「地域資源によるヘルスイノベーションの推進~豆類
の健康機能性と付加価値向上戦略~」をテーマに、北海道情報大学 医療情報学
科の西平順教授からは、「ヒト介入試験による機能性食品の研究開発から予防医
療への展開」をテーマとして講演いただきました。
本シンポジウムには、90名の方々にご参加をいただき、食の機能を基盤として
「食・健康・医療」の分野で活躍する人材の育成を目的とする本事業への理解を
深めていただきました。
ご参加いただいた皆様には、関係者一同より改めて御礼申し上げます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆「北洋銀行・帯広信用金庫インフォメーションバザールinTokyo2012」
   視察のご報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月12日・13日の両日、東京池袋サンシャインシティにて「北洋銀行・帯
広信用金庫インフォメーションバザールinTokyo2012」が開催されました。
「鹿児島アグリ&フード金融協議会南の逸品商談会inTokyo2012」も同時開催さ
れ、開会式には、高橋はるみ知事をはじめ、北海道と鹿児島を代表する経済人
の方々が多数参加され当財団常俊専務理事もお招きを受けました。
北海道からは127団体、鹿児島からは52団体の出展があり、連日30℃を超す猛
暑の中、2日間での来場者人数は、バイヤー等のプロを中心に4、200人と、
「北海道の食」に対するする関心の高さを痛感した2日間でした。

┼───────────────────────────────┼
 〔2〕 募集・案内
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「ヘルスイノベーションカレッジ」受講者の募集について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会では、「地域イノベーション戦略推進
地域【国際競争力強化地域】」の指定を受け、北海道における健康科学・医療融
合拠点の形成を目指して展開されている「ヘルスイノベーション」事業(平成24
年7月開始)の一環として、本年10月から「ヘルスイノベーションカレッジ」を
開講します。

ヘルスイノベーションカレッジでは、本年10月から開講するベーシックプログラ
ムの第1期生を募集しています。食機能に関する高度な知識を生かして、「食と
健康・医療」の分野での専門家として活躍したいと考えられておられる、意欲あ
ふれる方々の受講を歓迎します。

・ 日程:2012年10月~2013年2月(全15講座)
・ 時間:毎週金曜日18:30~20:00 ※一部を除く
・ 会場:ACU(札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45)
・ 定員:25名程度
・ 受講料:10,000円(学生5,000円)
・ 授業内容:食の安全、機能性評価、食品機能表示、新食品の開発など
・ 申込方法:申込書(ホームページからダウンロード可)を事務局まで送
    付下さい。
・ 申込締切:10月12日(火)
問合せ:公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)
    地域イノベーション戦略推進室
    ヘルスイノベーションカレッジ事務局
    TEL: 011-757-2288  E-mail:innovation@noastec.jp

なお、詳細は、下記URLをご覧ください。

URL:http://www.healthinnovation-hokkaido.jp/hic/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本経営診断学会第45回全国大会公開シンポジウム
 「地域が掘り起こした宝もの」
  ~"江別小麦めん"北海道江別市・地域連携の取り組み~のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本経営診断学会第45回全国大会公開シンポジウム
「地域が掘り起こした宝もの」
~"江別小麦めん"北海道江別市・地域連携の取り組み~ のご案内

 日本経営診断学会第45回全国大会が北海道大学工学部で、9月29日(土)
ならびに30日(日)に行われます。初日の29日に、下記のような一般公開
シンポジウムを開催します。

【テーマ】「地域が掘り起こした宝もの」
     ~"江別小麦めん"北海道江別市・地域連携の取り組み~
【日 時】9月29日(土)13:30~16:00
【場 所】北海道大学工学部 オープンホール(B1棟 2F)
     札幌市北区北13条西8丁目
【主 催】日本経営診断学会、一般社団法人北海道中小企業診断士会
【後 援】江別麦の会、江別経済ネットワーク
【参加費】無 料 ※申し込み不要、どなたでも自由に参加できます
【プログラム】
 〈開会あいさつ〉日本経営診断学会 会長 大江 宏
 〈講演〉    江別製粉株式会社 常務取締役 佐久間 良博 氏   
         株式会社菊水 代表取締役社長 杉野 邦彦  氏  
 〈パネルディスカッション〉
      パネラー 片岡 弘正  氏(かたおか農園)
           佐久間 良博 氏(江別製粉株式会社 常務取締役) 
           杉野  邦彦 氏(株式会社菊水 代表取締役社長)
           海老澤 栄一  (神奈川大学 教授)
  コーディネーター 森永 文彦 (日本経営診断学会北海道部会前部会長)
 〈閉会あいさつ〉一般社団法人北海道中小企業診断士会 理事長 笹山 喜市
【お問い合わせ先】 日本経営診断学会第45回全国大会実行委員会
     (北海道工業大学 湯川研究室内) 
      電話 011-681-2161 
      メール jmdahkd@gmail.com   
  ※詳細はWebをご覧ください。
   https://sites.google.com/site/jmdahkd2012/seminer
   http://www.shindan-hkd.org/2012/09/929.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2012」開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国立大学法人北海道大学大学院工学研究院及び大学院情報科学研
究科では、「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2012」を開催いた
します。
 当該フォーラムは、工学研究院・情報科学研究科で行われている実用化が期
待されるシーズ研究を紹介いたします。
工学研究院では16件、情報科学研究科では21件の発表を予定しています。

●日時 平成24年10月5日(金)13:00~17:45

●場所 北海道大学工学部
        オープンホール (工学)
        情報科学研究科棟 (情報)

●主催 北海道大学大学院工学研究院/大学院情報科学研究科


【お問い合せ】
  北海道大学工学系事務部総務課研究支援担当 渡部
  〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
  電話/011-706-6587  FAX/011-706-7895
  E-mail/kenkyou@eng.hokudai.ac.jp 

リーフレット→ http://labs.eng.hokudai.ac.jp/others/newsfeed/wp-content/uploads/2012/08/cf2012_004.pdf

  ※下記URLも参照願います。
   北海道大学工学部ウェブサイト
    http://www.eng.hokudai.ac.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北海道ビジネスサポート・ハローワークのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、主に札幌市内・近郊の中小
企業の皆様および新規に創業をお考えの皆様に対する、経営相談、各種雇
用助成金の相談・申請、人材確保等のサービスをワン・ストップで提供す
る施設として、本年2月に開設されました。

 北海道ビジネスサポート・ハローワークは、北海道と北海道労働局が共
同で設置し、管理・運営はハローワーク札幌が行っております。

 事業拡大、新事業展開などをお考えの際に、雇用に関する助成金の活用
や人材確保等にご活用ください。

所在地:札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
TEL:011-200-1622
営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

【サービス内容】

①経営相談
(なお、相談については、ビル内の同一フロアにあります(公財)北海道
 中小企業総合支援センターが行います。)

②雇用助成金の活用に関する相談および助成金の申請受付
(審査等は、北海道労働局雇用助成金さっぽろセンターが行います。)

③求人の受理および求人コンサルティング

※ なお、北海道ビジネスサポート・ハローワークでは、お仕事をお探し
の皆様への各種サービス(職業相談・求人情報の提供等)は取り扱ってお
りません。(お仕事をお探しの皆様へのサービスにつきましては、最寄り
のハローワークにて提供しておりますので、こちらをご利用願います。)

お問い合わせはこちら

→札幌市中央区北1条西2丁目2 北海道経済センタービル9F
  TEL:011-200-1622
  営業時間:月~金曜 9時~17時30分(土・日・祝日はお休みです)

こちらもご覧下さい
http://hokkaido-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/list/sapporo/shisetsu/_93897.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「コラボほっかいどう」内研究ルームへの入居者を募集しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊財団では、「コラボほっかいどう」内研究ルームC及び研究ルームGへの
入居希望者を募集しています。
北海道大学との共同研究をご検討中の方、既に行っている方で研究室の移
転をご検討中の方などがいらっしゃいましたら、下記の応募条件等をご確
認の上ご連絡・ご相談ください。
なお、利用者が内定次第募集を終了させていただきますので、予めご承知
おき願います。

1.入居開始:ご相談下さい
2.応募条件
(1) 北海道大学との共同研究を行う共同研究体であること。
(2) 北海道経済に寄与する共同研究であること。
(3) 産・学または産・学・官が参加する共同研究であること。
(4) 実用化・事業化を目指した共同研究であること。
(5) 次の7分野に該当する共同研究であること。
   ●食品・バイオ系 ●食関連機器システム系 ●環境・リサイクル系
   ●住・生活関連系 ●健康・福祉系(ハード、ソフト)
   ●情報通信系
3.募集施設の呼称・面積
  (建物の概要・研究室の配置図は以下のURLをご参照下さい)
  「C」ルーム (101.0㎡)
  「G」ルーム (51.7㎡)
                   http://www.noastec.jp/corabo4.html
4.施設利用費用
(1) 賃貸料金:Cルーム249,672円(冷暖房費を含みます)
       Gルーム127,802円(冷暖房費を含みます)
             *月額税込単価2,472円/㎡、H22.4.1改定
(2) 光熱水費:電気・水道は実費相当額 、ガスはガス会社との直接契約
(3) その他:会議室および駐車場の利用は無料です。
5.ご相談・お申し込み方法
  ・募集期間:利用者内定時まで
 ・お電話またはE-mailでお問い合わせください。
 ・お申し込み方法の詳細については、ご連絡いただいた際改めて担当者
    よりお伝えします。
 ・E-mailでご連絡いただく場合は、次の事項を記載してください。
     (1)企業(団体)名
     (2)研究の内容(研究テーマ等、概略で可)
     (3)ご担当者様のご氏名
     (4)ご連絡先(電話番号・E-mailアドレス)
 ・連絡先:ノーステック財団総務部(担当:中井、小関)
   TEL:011-708-6525  FAX:011-708-6529
   E-mail  info@noastec.jp(迷惑メール対策のため@が大文字に
                 なっていますのでご注意下さい)

 


┼───────────────────────────────┼
 ノーステック財団「賛助会員の募集について」
┼───────────────────────────────┼
 ノーステック財団は、北海道産業の振興と活力ある地域経済の実現に
資するため、研究開発から実用化・事業化まで一貫した支援活動や、産
学官連携による各種事業を実施していますが、事業の目的にご賛同して
いただける機関・団体及び個人の方々と密接な関係を保ち、あわせて
事業を円滑に運営するために、賛助会員制度を設けています。
 ビジネスチャンスを広げたい方、新規ビジネスを始めたいという方など
是非ご賛同いただき、ご入会ください。
 なお、、当財団は今年4月1日から公益財団法人に移行いたしました。
このため、賛助会費につきましては、公益法人への寄付金優遇税制の適応
を受けることができます。

※詳しくは、下記のURLをご覧ください。
 http://www.noastec.jp/support/

[お申し込み・お問い合せ先]
総務部  TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さまのほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信
しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp
総務部(企画担当)
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------