バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第173号 (2012.1.12発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2012.01.12発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第173号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp ★━━

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
・第8回Bio-Sライフサイエンス・フォーラム~食と健康科学の交差点~
  を開催しました
・「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」構想が国の指定
  を受けました
〔2〕 募集・案内
・食品関連産業交流会~道産素材の安全性・有用性探索技術による新展開
   に向けて~のご案内
・第4回北海道地区高専テクノ・イノベーションフォーラムのご案内
・平成24年度物質・デバイス領域共同研究拠点 共同研究(一般研究課題)
  の公募について
・平成24年度触媒化学研究センター 共同利用・共同研究の公募について
・「北のITシーズフェア2012」開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕 今週のトピックス
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「第8回Bio-S ライフサイエンス・フォーラム~食と健康科学の
  交差点~」を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 12月20日(火)、札幌グランドホテルにおいて、8回目となる「Bio-S
ライフサイエンス・フォーラムを開催しました。
 今回のフォーラムでは、「健康科学」への「食」の貢献に関する話題を
中心に、日大上野川修一教授、鈴鹿医療科学大学長村洋一教授、徳島大学
武田英二教授の基調講演に続き、北大千葉仁志教授からBio-Sの成果を、
北海道情報大西平順教授から健康情報科学研究センターの活動について
報告がありました。

詳細は、さっぽろバイオクラスターBio-Sホームページ(以下URL)をご覧
下さい。
http://www.hisc.co.jp/mcontents/news/mcdetail.php?k_id=10&g_id=3&kj_cd=15053

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」構想が国の指定
  を受けました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道・札幌市・江別市・函館市・帯広市・十勝管内18町村および道経
連が共同で9月に申請していた「北海道フード・コンプレックス国際戦略総
合特区」が、12月22日(木)に内閣総理大臣により指定を受けました。
これは、東アジアにおける「食」の研究開発と輸出の拠点を北海道に形成
することを目的としたもので、今後は具体的な計画策定を行い、制度化
された規制緩和などに沿って事業を推進していくこととなります。

申請の概要は、道経連ホームページ(以下URL)をご覧下さい。
http://www.dokeiren.gr.jp/assets/files/pdf/topics/20110930hfc.pdf

┼──────────────────────────────┼
 〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「コラボほっかいどう」内研究ルームへの入居者を募集します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊財団では、「コラボほっかいどう」内研究ルームCへの入居希望者を募集
しています。
北海道大学との共同研究をご検討中の方、既に行っている方で研究室の移転
をご検討中の方などがいらっしゃいましたら、下記の応募条件等をご確認
の上ご連絡・ご相談ください。
なお、利用者が内定次第募集を終了させていただきますので、予めご承知
おき願います。

1.入居開始:平成24年3月以降可能
2.応募条件
(1) 企業との共同研究を行う共同研究体であること。
(2) 北海道経済に寄与する共同研究であること。
(3) 産・学または産・学・官が参加する共同研究であること。
(4) 実用化・事業化を目指した共同研究であること。
(5) 次の7分野に該当する共同研究であること。
   ●食品・バイオ系 ●食関連機器システム系 ●環境・リサイクル系
   ●住・生活関連系 ●健康・福祉系(ハード、ソフト)
   ●情報通信系
3.募集施設の呼称・面積
  (建物の概要・研究室の配置図は以下のURLをご参照下さい)
  「C」ルーム (101.0㎡、小型のドラフトチャンバーと実験台が備え
          られており無償で利用可能)
                   http://www.noastec.jp/corabo4.html
4.施設利用費用
(1) 賃貸料金:249,672円(冷暖房費を含みます)
            *月額税込単価2,472円/㎡、H22.4.1改定
(2) 光熱水費:電気・水道は実費相当額 、ガスはガス会社との直接契約
(3) その他:会議室および駐車場の利用は無料です。
5.ご相談・お申し込み方法
  ・募集期間:利用者内定時まで
 ・お電話またはE-mailでお問い合わせください。
 ・お申し込み方法の詳細については、ご連絡いただいた際改めて担当者
    よりお伝えします。
 ・E-mailでご連絡いただく場合は、次の事項を記載してください。
     (1)企業(団体)名
     (2)研究の内容(研究テーマ等、概略で可)
     (3)ご担当者様のご氏名
     (4)ご連絡先(電話番号・E-mailアドレス)
 ・連絡先:ノーステック財団総務部(担当:中井、服部)
   TEL:011-708-6525  FAX:011-708-6529
   E-mail  info@noastec.jp(迷惑メール対策のため@が大文字に
                 なっていますのでご注意下さい)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第4回北海道地区高専テクノ・イノベーションフォーラムのご案内
 同時開催:第3回北海道地区高専と企業との技術相談会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道地区4高専は、北海道地区高専テクノ・イノベーションフォーラム、
第3回北海道地区高専と企業との技術相談会を開催します。
本フォーラムでは,北海道地区の4高専(函館・苫小牧・釧路・旭川)が
地域産業界のイノベーション創出及び社会貢献を目的に、知的財産関連の
ポスター展示やプレゼンテーションによる研究シーズ発表を行います。
 また、「第3回北海道地区4高専と企業との技術相談会」を同時開催し、
企業・金融機関との技術相談、共同研究、技術移転等の相談会を実施し、
企業との交流や技術移転の推進を図ります。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

<日時・場所等>
 [日 時]:平成24年1月27日(金)13:00~17:00
 [場 所]:ガーデンシティ札幌(札幌市中央区北4条西1丁目)
      芙蓉の間(8階)
  [内 容]:基調講演
      「北海道経済活性化に向けた高専の役割について(仮題)」
       経済産業省北海道経済産業局地域経済部長 友田正敏氏
       ポスターセッション
         プレゼンテーションによる研究シーズ発表会
        情報交換交流会(17:30~)飛鳥の間(7階)
  [対 象]:企業関係者、金融機関関係者、産学官連携組織関係者、
       公設試機関関係者、一般市民
 [参加費]:無料(尚、情報交換交流会に参加される方は簡単なお食事を
      用意いたします。別途会費4,000円)

<お申し込み・お問い合わせ>
 お役職・ご芳名・TEL・FA・E-mail・交流会参加の有無をFAX又は
 メールにて1月17日(火)までに下記までお申し込みください。
    〒059-1275 苫小牧市錦岡443番地
      苫小牧工業高等専門学校 総務課企画調査係
      TEL:0144-67-8901 FAX:0144-67-0814
      E-mail: kikaku@office.tomakomai-ct.ac.jp

<その他>
プログラム、お申し込み等の詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.tomakomai-ct.ac.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成24年度物質・デバイス領域共同研究拠点 共同研究(一般研究課題)
 の公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道大学電子科学研究所は、東北大学多元物質科学研究所、東京工業
大学資源化学研究所、大阪大学産業科学研究所、九州大学先導物質化学
研究所からなるネットワーク型の共同研究・共同研究拠点として、研究者
コミュニティとの共同研究等を展開しております。
このたび、平成24年度共同研究(一般研究課題)を公募します。
(詳細は、下記URLを参照願います。)

 締切日:平成24年1月23日(月)
 詳細 : http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/joint_research/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成24年度触媒化学研究センター 共同利用・共同研究の公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道大学触媒化学研究センターは、日本における触媒化学研究の拠点
として、研究者コミュニティと共同研究を展開しております。
 このたび、平成24年度共同利用・共同研究課題を公募します。
(詳細は、下記URL参照願います。)

 締切日:平成24年1月13日(金)  
 詳細 : http://www.cat.hokudai.ac.jp/h24_kyoten.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「北のITシーズフェア2012」開催のご案内
   ~クラウド・IT経営分野の25社が集結~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人北海道IT推進協会では、平成23年2月14日(火)に、
「クラウド」「IT経営」をメインテーマに「北のITシーズフェア
2012」(経済産業省北海道経済産業局「成長産業振興。発展対策支援
事業」の一環として実施)を開催いたします。
本フェアは、道内のITシーズを持つ25社が一同に集結する、道内最大
のITマッチングイベントです。基調講演として、最新の企業経営におけ
る必要なITの姿をご紹介し、事例報告として、ITトレンドを踏まえた
「クラウドの活用によるコスト削減や生産性向上に関する事例」、「道内企
業のIT経営実践事例の紹介」を通じ、IT利活用の具体的な事例を紹介
します。
会場には、25社のIT企業の展示ブースの他に、ITコーディネータに
よる無料相談コーナーを用意します。

詳細はこちらのウェブサイトをご参照下さい。
  http://www.hicta.or.jp/seedsfair/

~開催概要~
【日時】 平成24年2月14日(火)13:00~18:00
【会場】 ホテル札幌ガーデンパレス(札幌市中央区北1条西6丁目)
【参加費】 入場無料
【プログラム】
○展示・商談会(13:00~18:00開催)
◯基調講演
 「クラウド時代の企業経営とは~ソーシャルエンタープライズ:SNSと
  企業システム~」
  株式会社セールスフォース・ドットコム常務執行役員 福田康隆氏
◯事例報告I
 「中小企業の私たちがSalesforceに決めた訳」
  株式会社三好商会ビジネスソリューション部BS販売推進課係長 横田麻美氏
◯事例報告II
 ~札幌国際スキー場ファン作り「くるトククラブ」~
  株式会社札幌リゾート開発公社営業推進部営業企画GL 金野光芳氏
◯出展企業プレゼンテーション

【申込方法】 お申し込みは以下のウェブサイトからお申し込み下さい。
  https://secure.dosanko.co.jp/hicta/seedsfair/sanka/

【申込締切】 平成24年2月7日(木)
【主催】 一般社団法人北海道IT推進協会
【協力】 経済産業省北海道経済産業局/北海道
【後援(予定)】総務省北海道総合通信局/札幌市/北海道経済連合会/
北海道商工会議所連合会/北海道商工会連合会/北海道中小企業団体
中央会/北海道中小企業家同友会/札幌商工会議所/ITコーディネータ
協会/北海道中小企業総合支援センター/北海道テレコム懇談会/
北海道科学技術総合振興センター/北海道機械工業会/北海道食品産業
協議会/さっぽろ産業振興財団/北洋銀行/北海道銀行/北海道ソフト
ウェア技術開発機構
【対象】 IT経営に関心のある経営者・担当者、IT関連企業等
■お問い合わせ先■
一般社団法人北海道IT推進協会(HICTA)
事務局 小倉、畠中
TEL:011-590-1380  e-mail:info@hicta.or.jp

┼───────────────────────────────┼
     ノーステック財団「賛助会員の募集について」
┼───────────────────────────────┼
 ノーステック財団は、北海道産業の振興と活力ある地域経済の実現に
資するため、研究開発から実用化・事業化まで一貫した支援活動や、産
学官連携による各種事業を実施していますが、事業の目的にご賛同して
いただける機関・団体及び個人の方々と密接な関係を保ち、あわせて
事業を円滑に運営するために、賛助会員制度を設けています。
 ビジネスチャンスを広げたい方、新規ビジネスを始めたいという方など、
是非ご賛同いただき、ご入会ください。
 なお、、当財団は今年4月1日から公益財団法人に移行いたしました。
このため、賛助会費につきましては、公益法人への寄付金優遇税制の適応
を受けることができます。

※詳しくは、下記のURLをご覧ください。
 http://www.noastec.jp/support/

[お申し込み・お問い合せ先]
総務部  TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さまのほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信
しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp
総務部(企画担当)
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------