バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第172号 (2011.12.28発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2011.12.28発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第172号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp ★━━

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
・第8回Bio-Sライフサイエンス・フォーラム~食と健康科学の交差点~
  を開催しました
・「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」構想が国の指定
  を受けました
〔2〕 募集・案内
・食品関連産業交流会~道産素材の安全性・有用性探索技術による新展開
   に向けて~のご案内
・第4回北海道地区高専テクノ・イノベーションフォーラムのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕 今週のトピックス
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆】「第8回Bio-S ライフサイエンス・フォーラム~食と健康科学の
  交差点~」を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 12月20日(火)、札幌グランドホテルにおいて、8回目となる「Bio-S
ライフサイエンス・フォーラムを開催しました。
 今回のフォーラムでは、「健康科学」への「食」の貢献に関する話題を
中心に、日大上野川修一教授、鈴鹿医療科学大学長村洋一教授、徳島大学
武田英二教授の基調講演に続き、北大千葉仁志教授からBio-Sの成果を、
北海道情報大西平順教授から健康情報科学研究センターの活動について
報告がありました。

詳細は、さっぽろバイオクラスターBio-Sホームページ(以下URL)をご覧
下さい。
http://www.hisc.co.jp/mcontents/news/mcdetail.php?k_id=10&g_id=3&kj_cd=15053

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」構想が国の指定
  を受けました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道・札幌市・江別市・函館市・帯広市・十勝管内18町村および道経
連が共同で9月に申請していた「北海道フード・コンプレックス国際戦略総
合特区」が、12月22日(木)に内閣総理大臣により指定を受けました。
これは、東アジアにおける「食」の研究開発と輸出の拠点を北海道に形成
することを目的としたもので、今後は具体的な計画策定を行い、制度化
された規制緩和などに沿って事業を推進していくこととなります。

申請の概要は、道経連ホームページ(以下URL)をご覧下さい。
http://www.dokeiren.gr.jp/assets/files/pdf/topics/20110930hfc.pdf

┼──────────────────────────────┼
 〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆食品関連産業交流会~道産素材の安全性・有用性探索技術による新展開
  に向けて~のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 世界人口が70億人を超え、食糧危機が懸念される一方、本道の主要産
業である農業・食関連産業は原発事故やTPP問題などの影響を受け、よ
り安全で高品質の素材の生産、製品の開発が求められております。
 我が国の食品産業は、JAS法、食品衛生法、PL法など様々な法的な規
制を受けておりますが、今後は品質や機能を解明する適切で効率的な独自
の科学的データの取得等により、より付加価値を高めていく必要がありま
す。
 幸い本道では、大学を中心とする食品に関する科学研究が進められてい
るとともに、食品や化粧品の安全性・機能性を評価する優れた技術を保有
する企業が多く存在しています。
 この様なことから、農業者、食品生産・加工業者、流通業者、小売業者
などの皆様方に最新の評価手法をご理解いただき、新たな連携から科学指
標に基づく北海道ブランドが創出されることを目的に本交流会を開催する
ことといたしました。
 また基調講演では、今後の健康食品産業市場として拡大が期待される補
完代替医療に関する動向について専門家の講師をお招きいたします。
ご多忙の折りとは存じますが、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

■日時:平成24年1月10日(火) 13:30~17:00

■場所:ニューオータニイン札幌 2F 北斗の間
   (札幌市中央区北2条西1丁目:TEL 011-222-1111)

■主催:一般社団法人北海道バイオ工業会
    北海道バイオ産業・クラスターフォーラム
    北海道経済産業局
    公益財団法人北海道科学技術総合振興センター

■後援:北海道、札幌市、北海道経済連合会

■内容:
1.基調講演
「補完代替医療の展開と健康食品への期待」
早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 准教授 大野 智 氏

2.道内企業の安全性・有用性探索技術
  ①「食品の安全性と美味しさ分析」 日本ハム㈱中央研究所
  ②「ルートセンサー検知根によるホルモン活性評価解析」
                   ㈱エコニクス 
  ③「食品の抗酸化測定」 (財)日本食品分析センター 
  ④「食品および化粧品原材料の抗糖化試験」 ㈱プライマリーセル
  ⑤「メタゲノム解析を用いた腸内細菌叢解析」
                  北海道システム・サイエンス㈱
  ⑥「北海道特産品の機能性食品開発-動物試験からヒト試験まで-」
                   ㈱新薬開発研究所
  ⑦「食品の機能性評価と安全性試験」 ㈱化合物安全性研究所
  ⑧「化粧品の安全性と機能評価の実際」 ㈱エクサム

3 個別相談会・交流会  
   企業さんがブースを設けて個別相談に対応いたします。                    

■参加料:無料

■申 込:1月4日(水)までに添付の申込書に記載のうえ、
     メール又はFAXにてお送りください。
 
 申込書(HPよりダウンロードしてください)
  ↓
http://www.noastec.jp/biocluster/information/details.php?pid=373630391132

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第4回北海道地区高専テクノ・イノベーションフォーラムのご案内
 同時開催:第3回北海道地区高専と企業との技術相談会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道地区4高専は、北海道地区高専テクノ・イノベーションフォーラム、
第3回北海道地区高専と企業との技術相談会を開催します。
本フォーラムでは,北海道地区の4高専(函館・苫小牧・釧路・旭川)が
地域産業界のイノベーション創出及び社会貢献を目的に、知的財産関連の
ポスター展示やプレゼンテーションによる研究シーズ発表を行います。
 また、「第3回北海道地区4高専と企業との技術相談会」を同時開催し、
企業・金融機関との技術相談、共同研究、技術移転等の相談会を実施し、
企業との交流や技術移転の推進を図ります。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

<日時・場所等>
 [日 時]:平成24年1月27日(金)13:00~17:00
 [場 所]:ガーデンシティ札幌(札幌市中央区北4条西1丁目)
      芙蓉の間(8階)
  [内 容]:基調講演
      「北海道経済活性化に向けた高専の役割について(仮題)」
       経済産業省北海道経済産業局地域経済部長 友田正敏氏
       ポスターセッション
         プレゼンテーションによる研究シーズ発表会
        情報交換交流会(17:30~)飛鳥の間(7階)
  [対 象]:企業関係者、金融機関関係者、産学官連携組織関係者、
       公設試機関関係者、一般市民
 [参加費]:無料(尚、情報交換交流会に参加される方は簡単なお食事を
      用意いたします。別途会費4,000円)

<お申し込み・お問い合わせ>
 お役職・ご芳名・TEL・FA・E-mail・交流会参加の有無をFAX又は
 メールにて1月17日(火)までに下記までお申し込みください。
    〒059-1275 苫小牧市錦岡443番地
      苫小牧工業高等専門学校 総務課企画調査係
      TEL:0144-67-8901 FAX:0144-67-0814
      E-mail: kikaku@office.tomakomai-ct.ac.jp

<その他>
プログラム、お申し込み等の詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.tomakomai-ct.ac.jp/

┼───────────────────────────────┼
     ノーステック財団「賛助会員の募集について」
┼───────────────────────────────┼
 ノーステック財団は、北海道産業の振興と活力ある地域経済の実現に
資するため、研究開発から実用化・事業化まで一貫した支援活動や、産
学官連携による各種事業を実施していますが、事業の目的にご賛同して
いただける機関・団体及び個人の方々と密接な関係を保ち、あわせて
事業を円滑に運営するために、賛助会員制度を設けています。
 ビジネスチャンスを広げたい方、新規ビジネスを始めたいという方など、
是非ご賛同いただき、ご入会ください。
 なお、、当財団は今年4月1日から公益財団法人に移行いたしました。
このため、賛助会費につきましては、公益法人への寄付金優遇税制の適応
を受けることができます。

※詳しくは、下記のURLをご覧ください。
 http://www.noastec.jp/support/

[お申し込み・お問い合せ先]
総務部  TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さまのほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信
しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp
総務部(企画担当)
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------