バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第168号 (2011.11.9発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2011.11.9発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第168号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp ★━━

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
・「若手研究者交流会」を開催しました
〔2〕 募集・案内
・いよいよ明日から開催!「第25回ビジネスEXPO」
・「フードサミット2011 in 江別」のご案内
・「第3回さっぽろバイオクラスター国際シンポジウム」のご案内
・「産学官連携支援シンポジウム」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕 今週のトピックス
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「若手研究者交流会」と理事長賞授与式を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月4日(金)、当財団が若手研究者(40歳以下)の人材育成を目的として
実施しているタレント補助金助成対象者が参加しての交流会が開催されま
した。また、助成対象研究テーマの中から、名寄市立大学保健福祉学部栄
養学科助教 田邊宏基氏の「機能性食品素材開発を睨んだ食物繊維の水素
産生に関する基礎研究」が今年度の理事長賞を受賞しました。

詳しくは、弊財団ホームページ(以下URL)をご覧下さい。
http://www.noastec.jp/topics/2011/11/post-70.html

┼──────────────────────────────┼
 〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆いよいよ明日から開催!「第25回ビジネスEXPO」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよ明日から313社が一同に会しての北海道最大級ビジネスイベン
ト「第25回北海道技術・ビジネス交流会」がアクセスサッポロにて開催
されます。企業出展の他、「はやぶさ」プロジェクトマネージャーを務め
られた川口淳一郎氏による特別講演会をはじめ、様々なジャンルから講師、
パネラー、パフォーマーをお招きした多彩なプログラムを用意しています。
また、「北海道キラリ品★卸隊商談会」、「北のブランド・ものづくりフェア
2011」、「資源リサイクルフォーラム2011」、「素晴らしい出会いを探そう!
マッチング2011」、「ものづくりフォーラム2011」も同時開催していますの
で、皆さまお誘い合わせの上是非ご来場下さい。

詳しくは、以下URLをご覧下さい。
http://www.noastec.jp/business/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「フードサミット2011 in 江別」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「さっぽろバイオクラスター"Bio-S"」では、北海道情報大学を中心
に低コストで信頼性のある食のヒト介入試験システム(江別モデル)の
構築を目指しておりますが、今般、北海道情報大学主催による標記の
サミットが開催されることになりました。
本サミットでは、食の機能性、安全性などの研究開発について、国際
的な現状および道内における取組みを学生、市民の皆様に情報発信する
とともに食に関する研究開発のより一層の活性化を図ります。同時通訳
付きですので、お気軽にご参加ください。

■日 時:平成23年11月14日(月) 9:00~12:30
■場 所:北海道情報大学 松尾記念館講堂(江別市西野幌59番地2)
     URL:http://www.do-johodai.ac.jp/guidance/access.php
■講演内容:
・伝統的な知恵と現代科学の融合
   米国・カリフォルニア州立大学デービス校 Robert Hachman教授
・カナダにおける先進的な食品科学および先端技術の発信
   カナダ・ゲルフ大学 Yoshinori Mine教授
・宇宙の微少重力環境から学ぶ新たな食の有用性と食材の開拓
   米国・テキサス大学ヒューストン校 Anil Kulkarni教授
・生活習慣病の改善に有用な天然低カロリーシュガー研究の最前線
   中国・江南大学 Bo Jiang教授
・韓国における伝統的食素材の科学的評価と機能性食品の開発
   韓国・誠信女子大学 Hye-Kyung Na准教授
・海藻類を利用した機能性食品の開発と環境エネルギー産業への展開
   日本・北海道大学 宮下 和夫 教授
・地域を主体とした健康都市づくりと「食と健康」の国際ネットワーク
   日本・北海道情報大学 西平 順 教授
■入場料:無料
■申込:不要(定員500名を超えた際は入場をお断りする場合あり。
    駐車場には限りがありますので、公共交通機関でお越し下さい。)
■連絡先:北海道情報大学 健康情報科学研究センターTEL:011-385-4430
              または 国際交流・留学生支援事務室 TEL:011-385-4488

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「第3回さっぽろバイオクラスター国際シンポジウム」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「さっぽろバイオクラスターBio-S」では、海外のクラスターなどとの連携
を深めるため、国際シンポジウムを開催しております。
3回目となる今回は、研究成果の事業化に成功したアメリカ、オランダの
事例について基調講演をいただくほか、パネルディスカッションでは、
Bio-Sが構築しつつある5つのイノベーション拠点の今後の方向性を念頭
に、事業化の課題などについて、フランス、ニュージーランドの事例も
交えながら議論いただく予定です。是非、ご参加ください。
■日 時:平成23年11月18日(金)13:00~17:55
■場 所:ロイトン札幌(札幌市中央区北1条西11丁目1番地)
■主な内容
 ◇基調講演『サイエンスから事業へ』
  ①「3社のバイオ企業創立の経験~学術研究から事業成功への心躍る旅」
          ヘルスダイアグノスティックラボラトリー社.(アメリカ)
          Dr. Russ Warnick
  ②「科学的研究の応用と商品化における受託研究機関の役割」
      NIZO フードリサーチ (オランダ)      Dr. Rene Floris
  ◇パネルディスカッション『産学官連携から事業化での課題』
  (1)パネリスト招待講演
  ①「大学発分析技術の事業化事例」
     株式会社スカイライト・バイオテック 社長 中嶋 拓史
  ②「脂質研究から高度脂質分析ラボへの展開」
     北海道大学             教授 千葉 仁志
  ③「フランスの食品企業からの研究受託」
     フランス 農学研究所  Dr. Lionel Bretillon
  ④「ニュージーランドでの食品企業をサポートする受託研究」
     ニュージーランド 植物と食品研究所  Dr. R. Hurst
  (2)基調講演者、パネリスト、中嶋克行博士による意見交換
■参加費:無料(終了後18:00~交流会あり:会費3,000円)
■申込・問合せ:知的クラスター本部(担当:伊藤、中野(志)、笹山)
  TEL:757-2290(ノーステック財団内) FAX:011-757-2289
    E-mail:k-cluster@noastec.jp
   URL:http://www.bio-sss.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 産学官連携支援シンポジウム」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
産学官連携支援協議会(事務局:(一社)北海道中小企業家同友会)では、
夢のある農業、さらには生産(一次産業)、加工(二次産業)、販売・流通
(三次産業)を連結させた6次産業化の可能性を探ることを目的に以下の
とおりシンポジウムを開催します。是非ご参加下さい。
【日時】平成23年11月30日(水)13:30~17:00
【会場】ホテル札幌ガーデンパレス 2階 「丹頂」
(札幌市中央区北1条西6丁目 TEL:011-251-5311)
【主催】産学官連携支援協議会
【対象】企業経営者・社員・農業関係者・大学教員・公設支援機関職員・
    行政機関職員・学生など
【定員】250名
【参加費】無料(交流会参加費:2,000円)
【プログラム】・基調講演
       「日本農業の再生と北海道農業」
        北海道経済連合会 会長 近藤龍夫 氏
       ・パネルディスカッション
       「北海道アグリ・フーズ改革~近代農業の技術革新と
        売れる食品開発の条件~」
       <パネラー>
       ・北大大学院農学研究院 教授 野口伸 氏
       ・(有)植物育種研究所 代表取締役 岡本大作 氏
       ・(株)山本忠信商店 社長 山本英明 氏
       <コーディネーター>
       ・東海大学 前副学長 西村弘行 氏

プログラム詳細・参加申込は、以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.hokkaido.doyu.jp/sapporo/newsrelease/detail.php?id=169

┼───────────────────────────────┼
     ノーステック財団「賛助会員の募集について」
┼───────────────────────────────┼
 ノーステック財団は、北海道産業の振興と活力ある地域経済の実現に
資するため、研究開発から実用化・事業化まで一貫した支援活動や、産
学官連携による各種事業を実施していますが、事業の目的にご賛同して
いただける機関・団体及び個人の方々と密接な関係を保ち、あわせて
事業を円滑に運営するために、賛助会員制度を設けています。
 ビジネスチャンスを広げたい方、新規ビジネスを始めたいという方など、
是非ご賛同いただき、ご入会ください。
 なお、、当財団は今年4月1日から公益財団法人に移行いたしました。
このため、賛助会費につきましては、公益法人への寄付金優遇税制の適応
を受けることができます。

※詳しくは、下記のURLをご覧ください。
 http://www.noastec.jp/support/

[お申し込み・お問い合せ先]
総務部  TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さまのほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信
しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp
総務部(企画担当)
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------