バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第164号 (2011.09.28発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2011.09.28発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第164号
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp ★━━

━━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
・ノーステック財団設立10周年記念講演会を開催しました
・道内企業視察会を開催しました
〔2〕 募集・案内
・「健康を創る最先端技術と健康マネージメントセミナー」のご案内
・『ITと一次産業支援機械・機器』のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┼───────────────────────────────┼
 〔1〕 今週のトピックス
┼───────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ノーステック財団設立10周年記念講演会を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ノーステック財団では9月26日(月)、設立10周年を記念して小惑星
探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを務められた川口淳一郎
氏をお招きして『「はやぶさ」が挑んだ人類初の往復宇宙旅行、その7年間
の歩み。』と題した記念講演会を開催しました。
 また講演会に先立ち、財団設立以来様々な面で財団活動にご貢献された
木村良臣キリンビール元代表取締役副社長、小砂憲一アミノアップ化学
代表取締役会長、小林好佐小林経営研究所所長の三氏に感謝状と記念品が
贈呈されました。

詳細は弊財団HPをご覧下さい。
http://www.noastec.jp/topics/2011/09/10.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆道内企業視察会を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ノーステック財団では9月27日(火)、38名が参加しての道内企業
視察会を実施しました。
 今回は、北ガスさんの巨大LNGタンク、道総研中央水産試験場さん、
小樽商科大学ビジネス創造センターさん、 田中酒造さんの4カ所を視察
しました。

詳細は弊財団HPをご覧下さい。
http://www.noastec.jp/topics/2011/09/post-66.html

┼──────────────────────────────┼
 〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「健康を創る最先端技術と健康マネージメントセミナー」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「さっぽろバイオクラスターBio-S」では、科学的イノベーションの
ための研究拠点の形成を目指しておりますが、今般、その一つとして
北海道大学大学院保健科学研究院内に「健康イノベーションセンター/
高度脂質分析ラボラトリー部門」が設置されることになりました。
これを記念して、北海道大学サステナビリティー・ウィーク2011の
行事の中で標記の市民向けセミナーが開催されます。
セミナーでは、「さっぽろバイオクラスターBio-S」の研究成果である
疾病や老化に関係するストレスを血液中酸化脂質の測定で評価する液体
クロマトグラフィー質量分析法、カーボンナノチューブセンサーの研究、
さらにはこれらの評価系を世界中で活用する仕組みづくりについても
紹介します。是非、ご参加ください。

■日 時:平成23年10月16日(日)13:30~16:30
■場 所:北海道大学大学院保健科学研究院 会議室(6階)
(札幌市北区区北12条西5丁目)
■講演テーマ:
1. "心の健康"を支援する生体機能計測技術
    日立製作所中央研究所 研究員 佐藤 大樹
2. 質量分析が可能にする分子レベルの健康科学
    保健科学研究院健康科学分野 特任准教授 惠 淑萍
3.ナノテクノロジーは健康科学にどう貢献できるか
    保健科学研究院健康科学分野 特任助教 武田 晴治
4.地域から世界へ:拠点としての高度脂質分析ラボ
    保健科学研究院健康科学分野 教授 千葉 仁志
5.遠隔健康相談システムの挑戦
    保健科学研究院健康科学分野 教授 小笠原 克彦
6.健康を守る情報ネットワークシステム
    厚生労働省政策統括官付社会保障担当参事官室 室長補佐
    保健科学研究院健康科学分野 客員准教授 中安 一幸
■参加費:無料
■申込:不要(直接会場にお越し下さい)
■連絡先:北海道大学 医学系事務部保健科学研究院事務課
TEL 011-706-3315, E-mail:shomu@hs.hokudai.ac.jp, URL:http://www.hs.hokudai.ac.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『ITと一次産業支援機械・機器』のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道立総合研究機構 工業試験場では、産業技術連携推進会議ならびに
(独)産業技術総合研究所のご協力により、「ITと一次産業支援機械・機器」
をテーマとした技術セミナーを企画しました。
ITを積極的に活用して、農畜産業や林業、水産業などの一次産業に顕在化
する諸問題を解決する技術開発について、各県の取り組みを紹介します。
 時節柄ご多忙とは存じますが、多くの皆様にご参加いただきますようご案内
申し上げます。

■開催日時:10月6日(木) 13:30~17:00
■開催場所:科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ北海道 セミナー室
     (札幌市北区北19条西11丁目 TEL:011-708-1181)
■参加料:無料
■講演概要:
 【基調講演】 『 一次産業における情報化・ロボット化の現状と展望 』
          北海道大学 大学院農学研究院 教授 野口 伸 氏
 【事例発表】
 ① 画像処理を応用した原木材積自動計測システムの開発
    (地独)鳥取県産業技術センター 福留 祐太 氏
 ② 非接触型センサを用いた電力監視システム
    (地独)東京都立産業技術研究センター 武田 有志 氏
 ③ ZigBee Module を応用した省電力遠隔人センサの開発
    宮城県産業技術総合センター 小野 仁 氏
 ④ 音声連動型ワイヤレスセンサノードとその応用事例・製品について
    秋田県産業技術センター 佐々木 信也 氏
 ⑤ Android-クラウドコンピュータ連携システムの開発
   (地独)青森県産業技術センター 工業総合研究所 櫛引 正剛 氏
 ⑥ 果樹園向け除草作業支援ロボットの研究開発
   (地独)北海道立総合研究機構 工業試験場 大村 功 氏

▼詳しい内容、問合せ先はこちらをご覧ください。
 http://www.iri.hro.or.jp/techinfo/workshop/11/jyoho111006.pdf

┼───────────────────────────────┼
     ノーステック財団「賛助会員の募集について」
┼───────────────────────────────┼
 ノーステック財団は、北海道産業の振興と活力ある地域経済の実現に
資するため、研究開発から実用化・事業化まで一貫した支援活動や、産
学官連携による各種事業を実施していますが、事業の目的にご賛同して
いただける機関・団体及び個人の方々と密接な関係を保ち、あわせて
事業を円滑に運営するために、賛助会員制度を設けています。
 ビジネスチャンスを広げたい方、新規ビジネスを始めたいという方など、
是非ご賛同いただき、ご入会ください。
 なお、、当財団は今年4月1日から公益財団法人に移行いたしました。
このため、賛助会費につきましては、公益法人への寄付金優遇税制の適応
を受けることができます。

※詳しくは、下記のURLをご覧ください。
 http://www.noastec.jp/support/

[お申し込み・お問い合せ先]
総務部  TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529

================================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆
さまのほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信
しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信
および制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・
変更のご連絡は、以下のアドレスまでお願いいたします。

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp
総務部(企画担当)
E-mail: kikaku@noastec.jp
(迷惑メール対策のため「@」を全角にしていますのでご注意下さい)
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ---------------