バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第80号(2008.09.10発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 2008.9.10発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第80号
               -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp  ★━━━

━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
  ・「道内産業活性化支援のための低価格通信サービス提供実証事業」を実施
    ・共同開発した肥料コンテナシステム「COEL(コエル)」販売開始へ
  ・R&Bパーク札幌大通サテライトに「総合相談窓口」を9月1日に開設
    ・「北洋銀行ものづくりテクノフェア 個別技術相談会」を釧路で開催
〔2〕 募集・案内
  ・知的クラスター創成事業「実用化枠」研究テーマを公募中~残り3日
  ・「コラボほっかいどう」内研究ルームへの入居者を募集中
〔3〕 イベント・セミナー等情報
    ・「札幌スタイル・デザイン開発プロジェクト」商品開発テーマを募集
  ・「札幌スタイル・デザイン開発プロジェクト」商品開発セミナーを開催
  ・「ビジネスプラン作成アカデミー」の開催
  ・「北海道IT経営応援隊」の事業紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────┼
  〔1〕 今週のトピックス
┼──────────────────────────────┼

■ 「道内産業活性化支援のための低価格通信サービス提供実証事業」を実施

当財団では、道内中小企業活性化支援や企業立地促進を目的として、北海道総
合通信網(株)、ほくでん情報テクノロジー(株)の技術協力の下、北海道~首都圏
間の安価な通信サービスを有期限で提供する実証事業を来月より実施します。
本事業を通じ、「通信回線利用企業に対するコスト低減支援策の有効性」や「産
業振興への波及効果」等について検証します。

<事業概要> 対象企業:首都圏ビジネスへの進出を目指す道内中小企業や、道
               内への立地・拠点設置等を目指す首都圏企業
        提供地域:札幌市内(または近郊)~東京都内、10社程度に提供予定

        回線帯域:広域イーサネット 10Mbpsを基本
<提供料金> 通常価格の1割程度を目安
<事業期間> 平成20年10月から平成23年3月末日まで

※詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.noastec.jp/cgi-bin/topics_display.cgi?details=on&topics_id=83

<問い合せ先>
ノーステック財団 クラスター推進部(戸島、土門)
TEL:011-708-6526   FAX:011-708-6529


■  共同開発した肥料コンテナシステム「COEL(コエル)」販売開始へ

当財団では、十勝管内3農協(JA帯広かわにし、JA幕別町、JAさらべつ)、北海
道セイカン工業㈱、北海道立工業試験場と共同で、農家の施肥作業に大きく貢
献する標記製品の開発に成功、当製品が今秋より販売が開始されることとなりま
した。環境に配慮し、地震に強く、簡単軽量な当製品は、農業経営を効率化し、
肥料流通を変える画期的な新製品として、市場・マスコミからも大変注目されてお
ります。

※詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.noastec.jp/cgi-bin/topics_display.cgi?details=on&topics_id=81

<問い合せ先>
ノーステック財団 クラスター推進部(吉田)
TEL:011-708-6526   FAX:011-708-6529
北海道セイカン工業㈱ 帯広支店
TEL:0155-56-3535   FAX:0155-56-3136


■  R&Bパーク札幌大通サテライト(愛称「HiNT」)に「総合相談窓口」を開設

当財団では、経済産業省より受託した補助事業「北海道地域イノベーション創出
協働体形成事業」の一環として、9月1日、道内の大学・試験研究機関など48機
関から成る協働体と連携して企業や産業の課題を解決する「総合相談窓口」を
HiNTに開設しました。このような広域協働体としては道内最大規模であり、これら
協働体構成機関と連携して地域の課題解決に取り組む事業は、道内では初めて
となります。
この事業は、北海道内の大学や公設研究機関等からなる協働体を形成し、各機
関が保有する人・設備・情報などの研究開発資源を相互活用して、地域のイノベ
ーション創出基盤の整備と地域経済の活性化を図ることを目的とするもので、企
業や産業の課題についてもこれら協働体の資源を最大限に活用してワンストップ
で解決していくものです。
今回、企業の課題や産業課題へ対応するため、函館・室蘭など道内6圏域に地域
の窓口を設置したほか、札幌に「総合相談窓口」を設置し、課題解決に豊富な経
験を持つ「テクノ・コンシェルジェ」を配置しました。

※詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.noastec.jp/cgi-bin/topics_display.cgi?details=on&topics_id=78

<問い合せ先>
ノーステック財団 新事業推進室(西岡、堤)
TEL:011-708-6577   FAX:011-708-6529


■  「北洋銀行ものづくりテクノフェア」個別技術相談会を釧路で開催

北洋銀行と当財団では、北海道立工業試験場、(財)北海道中小企業総合支援セ
ンターと連携し、道内各地において開催する個別技術相談会の第一弾を、今月3
日(水)から4日(木)にかけ釧路工業技術センターにおいて開催しました。釧路地域
工業振興協会および(財)釧路根室圏産業技術振興センター(釧路工業技術センタ
ー)と共催し、大地みらい信用金庫と釧路信用金庫の協力も得て開催した相談会
には、地元企業11社が参加しました。

※詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.noastec.jp/cgi-bin/topics_display.cgi?details=on&topics_id=82

<問い合せ先>
ノーステック財団 クラスター推進部(吉岡、佐野)
TEL:011-708-6526   FAX:011-708-6529


┼──────────────────────────────┼
  〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼

◆ 知的クラスター創成事業「実用化枠」研究テーマを公募中~残り3日

知的クラスター創成事業(第Ⅱ期)「さっぽろバイオクラスター"Bio-S"」を進める知

的クラスター本部事務局では、北海道の優れた素材を科学の力で付加価値を付
け、高機能化された食材・食品・化粧品・医薬品原料として市場に提供することを
目指した研究テーマを新規に募集しております。募集は残り3日間です。お急ぎ下
さい。

<募集期間> 9月12日(金)まで ※書類審査後10月上旬にヒアリング審査を実施
<研究期間> 平成21年4月~平成23年3月 ※研究契約は1年毎
<研 究 費> 1件あたり 700万円~1000万円程度/年

※詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.bio-sss.jp/link/pdf/koubo_yoryo.pdf

<問い合せ先>
ノーステック財団内 知的クラスター本部事務局(菊池、本間)
TEL:011-757-2288   FAX:011-757-2289


◆ 「コラボほっかいどう」内研究ルームへの入居者を募集中!1組限定!

当財団は、研究ルームへの新しい入居者を1組募集しております。研究内容等応
募には条件がありますので、ご確認のうえ、ご希望の方は、お早めに下記担当箇
所までご連絡ください。折り返し、応募方法等をご案内いたします。なお、入居者が
内定次第募集を終了させていただきますので、予めご了承ください。

※募集内容・連絡方法等詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.noastec.jp/cgi-bin/topics_display.cgi?details=on&topics_id=72

<問い合せ先>
ノーステック財団 企画総務部(高野、笠谷)
TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529


┼──────────────────────────────┼
 〔3〕 イベント・セミナー等情報
┼──────────────────────────────┼

■ 「札幌スタイル・デザイン開発プロジェクト」商品開発テーマを募集
----------------------------------------------------------
札幌スタイル・デザイン開発プロジェクトは、札幌市立大学(デザイン学部)やデザ
イナー、公的支援機関等が地元企業とともに、互いの発想や強みを活かして商品
(製品)を共同で開発することを目的とした、産学官連携プロジェクトです。
この度、同プロジェクトでは、取り組む商品(製品)開発テーマを募集します。プロジ
ェクトを構成する産学官のメンバーが、商品開発をデザイン面等から支援しますの
で、「これまでにない斬新な発想を活用して魅力ある自社商品を開発したい」「様々
な分野のメンバーとともに新たなチャレンジをしてみたい」という企業の応募を受け
付けております。
----------------------------------------------------------
<募集期間> 10月31日(金)まで

※ 応募要項や応募方法等詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.city.sapporo.jp/keizai/sapporo-style/info/0809/ddp-invitation.html

<問い合せ先>
札幌スタイル・デザイン開発プロジェクト事務局
(札幌市経済局ものづくり支援担当課) 担当:関様
TEL:011-211-2362  FAX:011-218-5130
E-mail:sapporo-style@city.sapporo.jp


■ 「札幌スタイル・デザイン開発プロジェクト」商品開発セミナーを開催
----------------------------------------------------------
札幌スタイル・デザイン開発プロジェクトでは、デザインを生かした商品開発を推し
進めるため、デザインを生かして初めて自社商品を開発した中小企業の紹介と豊
富な経験を持ったデザイナーによる商品開発の進め方を題材としたセミナーを開
催します。現在、商品開発に興味のある受講者を募集しております。各回先着50
名。入場は無料です。
----------------------------------------------------------
<開催概要>
 第1回     テーマ:「さくらシート」に見る中小企業の商品開発とデザイン
         日 時:平成20年9月19日(金) 18:30~20:30
         講 師:山内ビニール(株) 取締役営業部長 山内 浩二氏
              (株)佐藤デザイン室  佐藤 斎氏、佐藤 裕子氏
 第2回     テーマ:「商品開発の進め方」~デザイナーの仕事
         日 時:平成20年9月26日(金) 18:30~20:30
         講 師:アームデザイン(株) 川越 文博氏
  各回共通  会 場:ユビキタス協創広場 U-cala(札幌市中央区大通東3丁目1)
<申込締切>  各開催日の前日

※詳細は、下記URLからご覧ください。
 http://www.city.sapporo.jp/keizai/sapporo-style/info/0809/ddp_seminar.html

<問い合せ先>
札幌スタイル・デザイン開発プロジェクト事務局
(札幌市経済局ものづくり支援担当課) 担当:関様
TEL:011-211-2362  FAX:011-218-5130
E-mail:sapporo-style@city.sapporo.jp


■ 「ビジネスプラン作成アカデミー」の開催
----------------------------------------------------------
北海道では、地域経済の活力向上と中小企業の経営革新への取り組み促進のた
め、中小企業の新たな事業展開等に必要なビジネスプランの作成に向けた研修
会「ビジネスプラン作成アカデミー」を道内6地域で開催します。現在、下記各会場
の受講者を募集しております。
----------------------------------------------------------
<日   程> 旭川:10月 1日(水)~ 3日(金)
         帯広:10月15日(水)~17日(金)
         函館:10月28日(火)~30日(木)
         釧路:11月18日(火)~20日(木)
         北見:11月27日(木)~29日(土)
<定   員> 各会場 20名
<受 講 料> 1社 25,000円

※詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/sky/sanshin/plan

<問い合せ先>
北海道経済部商工金融課経営支援グループ
TEL:011-204-5333


■ 「北海道IT経営応援隊」の事業紹介
  ~今年度もすべて無料で、セミナー・コンサル等を実施しています!~
----------------------------------------------------------
北海道IT経営応援隊は、道内の行政機関・金融機関・支援機関・中小企業団体
・IT企業団体等が参加し、中小企業のIT活用推進に向けた活動を展開していま
す。平成20年度事業では、IT経営実践に向けた支援事業を一元的に実施する
「IT経営何でも窓口」を設置するとともに、地域中小企業のニーズに応じたオー
ダーメイド的なセミナーやコンサルティング事業を展開しております。主な事業は
以下のとおりです。
----------------------------------------------------------
1.IT経営何でも窓口(無料)
 ITの導入や活用に関するどんなお悩みにも対応します。お気軽にお問合せく
 ださい。
    電話番号:011-816-9766
2.コンサルティング事業(無料)
 IT経営に課題をお持ちの企業に、IT経営のプロフェッショナルであるITコーディ

 ネータを無料で派遣します。課題の難易度により、1回・3回・7回派遣のコース
 があります。
  ※詳細は、下記URLからご覧ください。
  http://www.d-ouentai.com/modules/pico/content0015.html
3.各種セミナーの開催(参加無料)
 IT経営に関する各種セミナーを開催いたします。
  ※詳細は、下記URLからご覧ください。
  http://www.d-ouentai.com/

<問い合せ先>
北海道IT経営応援隊事務局((株)北海道ソフトウェア技術開発機構内)
TEL:011-816-9766(直通) E-mail:ouentai@deos.co.jp
URL:http://www.d-ouentai.com/

-------------------------------------------------------------
<編集後記>
とうとう「味覚の秋」になってしまいましたね。この季節、特定の方々にとっては嬉
しいような切ないような。そこで、今月各地で開催される催事情報を検索してみま
した。名称に冠される文字は、かに、かぼちゃ、じゃがいも、きのこ、さけ、ぶどう、

さんま、新そば、などなど。味覚の秋を体感するには、お店で商品を買うだけで
はなく、ぜひ各地に足を運んでその空気も一緒に味わっては。それは無理という
方には、「さっぽろオータムフェスト2008」があります。札幌の大通公園5~8丁目
を舞台に9月19日から17日間(8丁目会場は土日のみ)にわたり開催されるこの
催事には、各地の一次産品、ご当地グルメやラーメン、秋の味覚が集合。「飲ん
べえ」な方には、7丁目会場が良いでしょう。詳しくは下記ホームページでご確認
下さい。ところで、日本には横文字・カタカナ言葉が好きな方が多いです(当財団
の通称もそうです)が、「秋の味覚祭」の方が幅広い年代に直感的にイベント内容
を理解してもらいやすい気が。批判ではありませんので怒らないで下さいね。言
葉のバリアフリー(おおっとこれもカタカナ言葉)も大切かなと、最近考えるもので
すから、つい呟いてしまいました。(M.S)
http://www.sapporo-autumnfest.jp/index.html
-------------------------------------------------------------
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいたみなさま
のほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいたみなさまにも配信しており
ます。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信及び制作
以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、
kikaku@noastec.jp までお願いいたします。

ノーステック財団(財団法人 北海道科学技術総合振興センター) 
<Northern Advancement Center for Science & Technology> 
   URL: http://www.noastec.jp
   企画総務部 (担当:杉本、藤田)
   E-mail: kikaku@noastec.jp
   TEL: 011-716-9168
   FAX: 011-708-6529
-------------------------------------------------------------