バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第75号(2008.07.09発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 2008.7.9発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第75号
               -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp  ★━━━

━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
  ・「評議員会」「理事会」を開催、当財団理事長が交代しました
  ・「北海道バイオ産業クラスター・フォーラム総会・企業プレゼン会」開催報告
〔2〕 募集・案内
  ・「平成20年度ノーステック財団研究開発助成事業」助成案件の募集締切迫る
    ・ビジネスEXPO「第22回 北海道 技術・ビジネス交流会」出展者を募集中
  ・予告:知的クラスター創成事業「実用化枠」研究テーマを公募予定
〔3〕 イベント・セミナー等情報
  ・「平成20年度産学官連携推進事業」助成案件の募集中
  ・化学工学北海道懇話会等が「第11回技術懇談会」を開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────┼
  〔1〕 今週のトピックス
┼──────────────────────────────┼

■ 「評議員会」および「理事会」を開催、当財団理事長が交代しました

当財団では、去る6月30日(月)、札幌グランドホテルにおいて「第15回評議員会」
および「第18回理事会」を開催し、平成19年度の事業報告と決算報告の他、任期
中の辞任等による理事・評議員・顧問・企画委員の選任等について審議がなされ、
原案どおり了承されました。この結果、南山英雄・北海道電力㈱顧問が、同日付
けで当財団理事長を退任し、近藤龍夫・北海道電力㈱取締役会長が、7月1日付け
で新たに理事長に就任しました。
当財団では、近藤理事長の下、引き続き、研究開発から実用化・事業化まで一貫
した支援活動や、産学官連携による各種事業を実施することにより、北海道産業
の振興と活力ある地域経済の実現に成果を上げるべく取り組んで参ります。皆様
のご支援ご協力をお願い申し上げます。


※ 詳細は、下記URLからご覧ください。
 http://www.noastec.jp/cgi-bin/topics_display.cgi?details=on&topics_id=67
(ホームページの役員名簿は近日中に変更の予定です)


■ 「北海道バイオ産業クラスター・フォーラム総会・企業プレゼン会」開催報告

去る6月12日(木)、京王プラザホテル札幌において、「平成20年度北海道バイオ産
業クラスター・フォーラム総会・第1回企業プレゼン会」が、同フォーラム会員企業
等より102名の出席を得て開催されました。


※ 詳細は、同フォーラムのホームページ(下記URL)からご覧ください。
 http://www.noastec.jp/biocluster/cgi-bin/event.cgi?detail=y&event_id=50


┼──────────────────────────────┼
  〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼

◆ 「平成20年度 ノーステック財団 研究開発助成事業」助成案件の募集締切迫る

当財団では、平成20年度分「研究開発助成事業」による助成対象案件を募集して
おります。本年度の事業は、「若手研究人材育成」「イノベーション創出研究支援」
の二事業です。助成内容を大幅に見直しておりますので、関係資料をご参照のうえ、
お急ぎご応募ください。締切まであと2日です。


<募集期間> 7月11日(金)まで!

※ 事業内容・応募要領等詳細は、下記URL(中程の項目)からご覧ください。
 http://www.noastec.jp/division01.html

<お問い合せ先>
ノーステック財団研究開発部
TEL:011-708-6392   FAX:011-747-1911


◆ ビジネスEXPO「第22回 北海道 技術・ビジネス交流会」出展者の募集中 

当財団も実行委員会の一員として支援している道内最大級のイベント「ビジネスEX
PO」が、22回目を迎える今回、「未来への挑戦!-モノづくりが北海道を変える-」
をテーマとし、11月13日(木)~14日(金)の2日間にわたりアクセスサッポロにて開催
されます。
実行委員会事務局では、ただいま出展者を募集中です。出展をご検討中の皆様は、
要項等をご確認のうえ、お早めにお申し込みください。募集期間内であっても、予定
小間数に達し次第、受け付け終了となります。


<募集期間> 8月29日(金)まで

※開催要領・出展申込み方法等詳細は、下記URLからご覧ください。
 http://www.noastec.jp/business

<お問い合せ先>
実行委員会事務局:ノーステック財団企画総務部(飯田、石川)
TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529


◆ 予告:知的クラスター創成事業「実用化枠」研究テーマを公募予定

知的クラスター創成事業(第Ⅱ期)「さっぽろバイオクラスター"Bio-S"」を進める知的
クラスター本部事務局では、北海道の優れた素材を科学の力で付加価値を付け、
高機能化された食材・食品・化粧品・医薬品原料として市場に提供することを目指し
た研究テーマを新規に募集します。公募要領の詳細は、近日中に「さっぽろバイオ
クラスター"Bio-S"」ホームページに掲載される予定です。また、次号(7/23)のメルマ
ガでもお知らせいたします。


┼──────────────────────────────┼
 〔3〕 イベント・セミナー等情報
┼──────────────────────────────┼

■ 「平成20年度産学官連携推進事業」助成案件の募集中
----------------------------------------------------------
産学官連携推進事業実行委員会では、平成20年度「地域産学官連携推進事業」に
よる助成対象案件を募集しております。
本事業は、道内各大学の共同研究センター等における道内企業への移転・活用が
可能な研究・技術シーズの紹介や産学官の交流の場を設けることで、企業の新技
術開発や産学官共同研究の契機を創出し、地域が直面する課題や企業ニーズに
対し、道内各地域における新規産業の創出及び産業技術の高度化に資することを
目的としています。事業内容は、経費の一部支援などです。
----------------------------------------------------------
<募集期間> 7月18日(金)まで
<事業内容> 1.研究成果及び共同研究事例等の発表、紹介
         2.講演会、各種実務セミナー等の開催
         3.産学官の意見交換会など
<支援経費>  講師謝金・旅費、会場費、資料作成費、開催事務費
                   (概ね1事業あたり事業額の2分の1以内、50万円以内を目安)

※詳細は下記URLからご覧ください。
 http://www.hokkaido.doyu.jp/hope/suishin/2008/index.htm

<お問い合せ先>
産学官連携推進事業実行委員会事務局(北海道中小企業家同友会内)
担当:佐々木 氏
TEL:011-611-3411 FAX:011-611-9573 E-mail:hope@hokkaido


■ 化学工学北海道懇話会等が「第11回技術懇談会(第139回講演会)」を開催
----------------------------------------------------------
化学工学北海道懇話会と(社)化学工学会北海道支部では、道内の異業種交流、
北海道発の産業の構築を目指し、「画期的な問題解決の手法 TRIZ-その内容と
実際の進め方」をテーマに、講演会を開催します。
----------------------------------------------------------
<日 時> 7月22日(火) 14:00~17:00
<場 所> 北海道大学百年記念会館 大会議室
<参加費> 化学工学会員・化学工学北海道懇話会員 - 無料
         非会員 - 資料代:1,000円(1年間の懇話会員資格が得られます)

※詳細は下記URLからご覧ください。
 http://www2.scej.org/hokkaido/

<申込先>
北海道大学エネルギー変換マテリアル研究センター
林 潤一郎 氏
FAX:011-706-6850


-------------------------------------------------------------
<編集後記>
最近の湿度高いですね。気温は少し落ち着いてきたようですが。
さて、サミット一色かのようだった道内の関係地域も、明日からはようやく平穏な日
常に戻れますね。後片付けは当面続くのでしょうが、何はともあれ関係者の皆様お
疲れさまです。今回のサミットにより、「Hokkaido」「Toyako」の知名度は、世界的に

増したはず。高まった知名度をはじめ今後得られるであろう様々な形の経済波及
効果をいかに獲得・活用していくか、北海道にとってのサミットの成否は、まさにこ
れからの取り組み次第ですね。(M.S)
-------------------------------------------------------------

このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいたみなさま
のほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいたみなさまにも配信しており
ます。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信及び制作
以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、
kikaku@noastec.jp までお願いいたします。

ノーステック財団(財団法人 北海道科学技術総合振興センター) 
<Northern Advancement Center for Science & Technology> 
   URL: http://www.noastec.jp
   企画総務部 (担当: 杉本・藤田)
   E-mail: kikaku@noastec.jp
   TEL: 011-716-9168
   FAX: 011-708-6529
-------------------------------------------------------------