バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第151号(2011.5.11発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-  2011.05.11発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第151号
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp ★━━━

━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
 ・5月1日付人事異動についてのお知らせ
〔2〕 募集・案内
 ・平成23年度「重点分野開発推進事業」(札幌市補助事業)の公募について
 ・「Bio-Sフードサイエンスカレッジ・フォーラム」参加者募集
 ・「Bio-Sフードサイエンスカレッジ(Bio-S人材育成プログラム)」受講生募集
 ・経済産業省 北海道経済産業局 「公募情報」について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────┼
 〔1〕 今週のトピックス
┼──────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆人事異動についてのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当財団では5月1日付で役職員の人事異動を実施いたしました。
退職者につきましては、在任中大変お世話になりました。
新任者に対しましても、引続きよろしくお願い申し上げます。

詳細は、以下のURLからご覧下さい。
http://www.noastec.jp/topics/2011/04/post-56.html
┼──────────────────────────────┼
 〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平成23年度「重点分野開発推進事業」(札幌市補助事業)の公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 標記事業に係る平成23年度の募集を行います。
「札幌市産業振興ビジョン」で掲げている札幌市の様々な産業を牽引する重点
分野、及び高い付加価値を創り出すものづくり産業の振興を図るため、札幌
市内の中小企業者等が行なう新製品・新技術開発等に対して支援いたします。
本事業は、札幌市の補助金を活用して、ノーステック財団が推進・実施いたし
ます。
【受付期間】  平成23年5月9日(月)~平成23年6月3日(金)

※詳しくは、下記URLからご覧下さい。
 http://www.noastec.jp/h23_jyuuten.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 「Bio-Sフードサイエンスカレッジ・フォーラム」参加者募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当財団が事務局を務める「さっぽろバイオクラスター構想"Bio-S"」では、標記
フォーラムを開催します。
本フォーラムは、食品開発をはじめ、「食」に関わる人材に必要な知識の習得
を目指して2010年より開講した"Bio-Sフードサイエンスカレッジ"の一環と
して実施するものであり、今回は、健康食品の科学的根拠情報を定量的に
理解するための要点や医薬品との係わりについて、健康食品市場の現状、
製品から商品へのプロセス等に関する内容を3人の先生よりご講演いただき
ます。
形式は公開講座とし、受講生のみならず、研究機関、企業等をはじめ健康
食品開発に関心のある方々もご参加頂けます。フォーラムの参加は無料]
(情報交換会は2千円)です。皆様のご参加をお待ちしております。

[日 時] 5月24日(火) 14:00~17:00(受付 13:30~)
                 (情報交換会 17:20~)
[場 所] 大学共同利用施設ACU 大研修室1614
       (札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16階)
     ※会場位置は、下記URLからご覧下さい。
     http://www.acu-h.jp/koutsu_access/index.php
[内 容]
   基調講演:太田篤胤先生(城西国際大学)
          「健康食品の正しい理解と適正利用の要点」
    企業講演:高橋義宣氏((株)マルハニチロホールディングス)
          「健食素材の開発とこれからの健康食品」
    特別講演:本多芳彦氏(酪農学園大学)
          「新製品(食品)開発による市場創造 ~製品から商品へ~」
[対 象]  Bio-Sフードサイエンスカレッジ受講生、大学生、大学院生
         食品関連研究者・開発担当者(企業、公設試を含む)、
[申込み期日]
     5月19日(木)までFAXまたはE-mailにてお申し込み下さい。
[問い合せ先]
     知的クラスター本部(担当:本間/中野)
        TEL:011-757-2290(ノーステック財団内)
        E-mail:k-cluster@noastec.jp

※申込方法等詳細は、下記URLからご覧ください。
   
http://www.hisc.co.jp/mcontents/news/mcdetail.php?k_id=10&g_id=1&kj_cd=14159
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 「Bio-Sフードサイエンスカレッジ(Bio-S人材育成プログラム)」
  受講生募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当財団が事務局を務める「さっぽろバイオクラスター構想"Bio-S"」では、
2011年5月より「Bio-Sフードサイエンス カレッジ2011」を開講します。
 講義内容は、食と健康に関するサイエンスや健康食品開発に関連する
法令、規則、また、ビジネスとして実用化するための開発力を学ぶ講義、
そしてコミュニケーションスキルなど健康食品開発のキーパーソン育成
に向けたラインナップになっています。
 ベーシック・プログラムおよびコア/アドバンス・プログラムの申込期限
が4/28(木)までと迫っておりますので、お早めにお申し込み下さいます
ようお願い申し上げます。

【ベーシック・プログラム】
[日 時] 2011年5~8月(2期生) (全15講座開講予定)
[時 間] 毎週金曜日 18:30~20:00(第1回および第12~14回除く)
[場 所] 大学共同利用施設ACU(札幌市中央区北4条西5丁目 
    アスティ45) ほか
[定 員] 30名(書類審査、面接あり)

【コア/アドバンス・プログラム】
[日 時] 2011年5~8月(1期生)、2011年9~12月(2期生)
    (全15講座開講予定)
[時 間] 毎週金曜日 18:30~20:00(第1回および第12~14回除く)
[場 所] 大学共同利用施設ACU(札幌市中央区北4条西5丁目 
    アスティ45) ほか
[定 員] 15名(書類審査、面接あり)

【全プログラム共通】
[受講料] \10,000(学生\5,000)
[内 容] 講義概要やBio-Sフードサイエンス カレッジの詳細は、
下記URLからご覧ください。
     http://www.bio-sss.jp/ikusei/index.html
[対 象] 大学生、大学院生、食品関連研究者(企業、公設試を含む)
[申込み] 申込用紙に必要事項を記入の上、郵送またはe-mailなど
         でお申し込み下さい。
[個別説明会] 2011年4月以降、随時実施予定:ご希望の方は担当者
までご連絡下さい。 
[単科履修]  1講座あたり\1,000(学生\700)にて単科履修も可能です。

※詳細はお問い合わせ下さい。

[問い合せ先]
 知的クラスター本部(担当:本間/中野智)
 TEL:011-757-2290(ノーステック財団内)
 E-mail:bios_jinzai@noastec.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆経済産業省 北海道経済産業局 「公募情報」について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経済産業省 北海道経済産業局では、平成23年度向けの公募情報を適宜
ホームページに掲載されています。
 道内の企業が有効に活用できる「補助金」等が多数ありますので、今年度の
事業計画の立案や新たな事業展開に向け、是非ご覧になってください。
なお、東北地方太平洋沖地震の影響で公募開始が延期になっているものが
ありますのでご注意下さい。
*「公募情報」 ・・・・・・ 「補助金」「委託事業」等が掲載されています。

※詳しくは、下記URLからご覧下さい。
 http://www.hkd.meti.go.jp/information/koubo/hojokin.htm
 
┼──────────────────────────────┼
        ノーステック財団  「賛助会員の募集について」
┼──────────────────────────────┼
 ノーステック財団は、北海道産業の振興と活力ある地域経済の実現に
資するため、研究開発から実用化・事業化まで一貫した支援活動や、産学
官連携による各種事業を実施していますが、事業の目的にご賛同していただ
ける機関・団体及び個人の方々と密接な関係を保ち、あわせて事業を円滑に
運営するために、賛助会員制度を設けています。
 ビジネスチャンスを広げたい方、新規ビジネスを始めたいという方など、
是非ご賛同いただき、ご入会ください。
 なお、、当財団は今年4月1日から公益財団法人に移行いたしました。
このため、賛助会費につきましては、公益法人への寄付金優遇税制の適応
を受けることができます。

※詳しくは、下記のURLをご覧ください。
 http://www.noastec.jp/support/

[お申し込み・お問い合せ先]
  総務部  TEL:011-708-6525   FAX:011-708-6529

===========================================================
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいた皆さまの
ほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいた皆さまにも配信しています。
また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信および
制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡
は、kikaku@noastec.jp までお願いいたします。

ノーステック財団 (公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp
総務部(企画担当)
E-mail: kikaku@noastec.jp
TEL: 011-708-6525   FAX: 011-708-6529
--------------------------------------------- end ----------