バックナンバー

メルマガ NOASTEC通信 第121号(2010.3.24発行)

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- 2010.3.24発行 -・-
         メルマガ  NOASTEC通信  第121号
             -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
━━━━━━━━━━━━━━━━━★ http://www.noastec.jp  ★━━━

━【INDEX】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔1〕 今週のトピックス
 ・「コラボほっかいどう」に入居されている企業をご紹介します
   株式会社セラバリューズ 様
   日本ハム株式会社中央研究所 様
 ・「第19回評議員会」「第22回理事会」を開催しました
〔2〕 募集・案内
 ・4月から「コラボほっかいどう」内研究ルームの賃貸料金を値下げします!
 ・「コラボほっかいどう」内研究ルーム(2室)への入居希望者を募集中
 ・4月から財団事務局の組織が大幅に変わります
〔3〕 イベント・セミナー等情報
 ・北海道委託事業「道産研究シーズ活用型地域産業活性化事業」募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┼──────────────────────────────┼
〔1〕 今週のトピックス
┼──────────────────────────────┼

■ 「コラボほっかいどう」に入居されている企業をご紹介します

株式会社セラバリューズ 様 --------------------

「コラボほっかいどう」のE&Fルームに入居されている㈱セラバリューズ札幌研
究所様では、北海道大学などと共同研究を継続し、新しい創薬シリーズの発掘を
進めています。新しい発想で付加価値を創造し、製薬企業への橋渡し事業を展開
しています。
研究課題としては、キナーゼ阻害作用に基づく分子標的薬の開発研究、ウコンの
成分であるクルクミンの作用を明らかにし、さらにそれを凌駕する活性を示す類
縁体化合物を用いて研究を行っています。その他、レポーターアッセイによる核
内受容体受託サービスは、食素材、食品の新たな機能性の発見が可能です。
また、プロテオミクス解析も行っていますので、ご興味のある方は、㈱セラバリ
ューズ札幌研究所様へお問い合わせ下さい。
さらに、昨年12月から、高吸収性クルクミングミ「ウコンのヒミツ:カラダにし
みこむクルクミン」を販売しています。ウコンの成分であるクルクミンが、通常
のウコンドリンク等より体内に吸収され易くなっているため、お酒を飲む前に一
粒食べると、次の日スッキリ目覚められるということです。クルクミングミは、
楽天市場で上位にランクインするなど大変好評な売れ行きということです。皆様
も是非一度お試し下さい。マンゴー味でとても食べ易くなっているそうです。

※クルクミングミは、楽天の次のURLから購入できます。
http://www.rakuten.co.jp/theravalues/

※㈱セラバリューズ札幌研究所様を紹介する財団WebサイトのURLはこちら
http://www.noastec.jp/corabo2.html#729

※㈱セラバリューズ様のWebサイトのURLはこちら
http://theravalues.com/


日本ハム株式会社中央研究所 様 ------------------

日本ハム㈱中央研究所様は、北海道における産学官共同研究の拠点として、平成
21年4月、「コラボほっかいどう」に札幌サテライトを開設しました。
札幌サテライトでは、北海道の豊富な食材やそれらの未利用資源を有効活用した
健康機能性食品のほか、家畜飼料の開発を行うことを目的としています。研究成
果は、道内にある食品加工会社で商品化するほか、豚や鶏の飼料として活用し、
新たな北海道ブランドとして全国に展開します。
道内の産学官連携事業で産まれた「北海道ホエイ豚」は、株式会社北海道ファク
トリーにおいて、「北海道プレミアムシリーズ」として商品化されました。皆様、
是非一度お試し下さい。

※「北海道プレミアム ホエイ豚シリーズ」のプレスリリースはこちら
http://www.nipponham.co.jp/news/2010/0126/index.html

※日本ハム㈱中央研究所サテライト様のWebサイトのURLはこちら
http://www.rdc.nipponham.co.jp/news/satellite.html

※日本ハム㈱中央研究所様のWebサイトのURLはこちら
http://www.rdc.nipponham.co.jp/


■ 「第19回評議員会」「第22回理事会」を開催しました

当財団では、本日(3月24日)、評議員会と理事会を札幌市内で開催し、平成22年
度の事業計画と予算等を審議、決定しました。22年度には北海道経済連合会が
昨年提唱した「食クラスターの形成」に向け、オール北海道の取り組みが本格的
に開始されます。その実践部隊として当財団の果たす役割は大きいことから、新
たな組織体制の下、総力を挙げて取り組んで参りますので、皆様にはより一層の
ご支援・ご協力をお願いいたします。なお、事業計画と収支予算については、近
日中に財団Webサイトへ掲載しますので、ぜひご覧下さい。

※詳細は、下記URLのトピックスからご覧下さい。
http://www.noastec.jp/topics/2010/03/1922.html


┼──────────────────────────────┼
〔2〕 募集・案内
┼──────────────────────────────┼

◆ 4月から「コラボほっかいどう」内研究ルームの賃貸料金を値下げします!
    
当財団では、本年4月1日から、「コラボほっかいどう」内研究ルームの賃貸料金、
一ヶ月の平米あたり税込単価をこれまでの2,700円から2,472円へ値下げします。
この賃料には冷暖房費が含まれ、入居者には会議室や駐車場を無料でご利用いた
だけます(上記以外の水道光熱費は実費負担です)。


◆ 「コラボほっかいどう」内研究ルーム(2室)への入居希望者を募集中

当財団では、部屋面積101.0㎡と同23.7㎡各1室への入居希望者を募集しておりま
す。北海道大学との共同研究をご検討中の方、または共同研究を既に行っている
方で研究室の移転をご検討中の方などご興味のある方は、応募条件等をご確認の
上、お早めにご連絡ご相談ください。なお、利用者が内定次第、募集を終了させ
ていただきますので、予めご承知おきください。

※詳細は、下記URLからご覧下さい。
http://www.noastec.jp/subsidy/2009/post-1.html

[問い合せ先]
企画総務部
TEL:011-708-6525  FAX:011-708-6529


◆ 4月から財団事務局の組織が大幅に変わります

当財団では、4月1日付にて、これまでの4部3室の事務局体制を改廃し、次のとお
り5部3室とします。これにより、前記のとおり、今後総力を挙げて「食クラスタ
ーの形成」に取り組んで参ります。なお、今回の組織変更に伴う各職場の新しい
電話番号(ダイヤルイン)および当財団Webサイト掲載内容の変更は、作業完了次
第改めてご案内いたします。

[変更後体制]
○総務部 (変更)
○クラスター統括部 (新設) - 新プロジェクト室 (新設)
              - 知的クラスター推進室
○クラスター研究部 (変更) - 幌延地圏環境研究所
○クラスター事業部 (変更) - 地域クラスター支援室 (新設)
○産学官連携推進部

※各部室の業務分担等詳細は、下記URLからご覧下さい。
http://www.noastec.jp/topics/2010/03/2241.html


┼──────────────────────────────┼
〔3〕 イベント・セミナー等情報
┼──────────────────────────────┼

■ 北海道委託事業「道産研究シーズ活用型地域産業活性化事業」募集中
----------------------------------------------------------
北海道では、道内企業において失業者を雇用し、道内の大学や公設試等が有する
研究シーズを活用した新商品や新サービスの開発・事業化に向けた取り組みを実
施することにより、持続的な雇用の場の創出を図ることを目的に、厚生労働省の
ふるさと雇用再生特別交付金を活用し、委託事業を実施します。「健康」「環境」
「国際化」をキーワードとした分野で、道民生活の向上に資する新製品・新サー
ビスの開発および事業化に向けた取り組みを7テーマ募集しています。
----------------------------------------------------------
[応募期限] (1)参加表明書期限 平成22年4月16日(金)まで
       (2)企画提案書期限 平成22年4月21日(水)まで
[業務内容] 実現した場合、道民生活の向上に資する新製品・新サービスおよび
      それを具現化するための原理・方法論・ノウハウの提案、事業化に
      向けた調査・開発等の具体的活動の実施、一連の取り組みに係る
      報告書の作成
[委託金額] 1テーマ 12,130千円以内(但し、新規雇用者の人件費が50%以上)
[説  明 会] 3月26日(金)14:00から1時間程度、道庁別館西棟経済部2号会議室

※詳細は、北海道経済部産業振興課の下記URLから覧下さい。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ssg/dousan_seeds.htm

[問い合せ先]
北海道経済部商工局産業振興課産業企画グループ
TEL:011-204-5336  FAX:011-232-8860
E-mail:keizai.sangyousinkou1@pref.hokkaido.lg.jp


☆☆当メルマガ作成時のフォントにはMSPゴシックを使用しております☆☆
-------------------------------------------------------------
[編集後記]
約二年間メルマガ発行を担当して参りました筆者も、今号にて処払いとなりま
した。この間拙い文章をご愛読いただきありがとうございました。皆様には引
き続きノーステック通信をご愛読いただければ幸いです。(M.S)
-------------------------------------------------------------
このメルマガは、賛助会員のみなさま、配信をお申し込みいただいたみなさま
のほか、当財団職員と名刺交換をさせていただいたみなさまにも配信しており
ます。また、ご登録いただいたメールアドレス等の情報は、メルマガの配信お
よび制作以外には使用いたしません。ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連
絡は、kikaku@noastec.jp までお願いいたします。

ノーステック財団(財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
[Northern Advancement Center for Science & Technology]
URL: http://www.noastec.jp
企画総務部(担当:杉本)
E-mail: kikaku@noastec.jp
TEL: 011-716-9168   FAX: 011-708-6529
-------------------------------------------------------------