発展・橋渡し研究補助金

目的

次代の北海道にとって有用な新技術の創出や地域産業の振興につながる可能性が高い研究開発を推進します。

対象者

北海道内の企業と大学・公設試験研究機関等に所属する研究者で構成された共同研究グループ

  1. 北海道内に事業拠点を有する企業の参画が必須です。
  2. 研究代表者(管理責任者)は、大学など試験研究機関等に所属する研究者又は中小企業者とします。
対象となる研究開発

自然科学又は産業技術に関する研究開発のうち、北海道内での事業化に向けた発展的且つ具体的な研究計画を有し、次のいずれかに該当するもの。

  1. スタートアップ研究において優秀な成果を得ているもの。
  2. 国等の研究支援事業において優秀な成果を得ているもの。
  3. 国等が実施する研究開発プロジェクト等の活用を将来に向けて具体的に計画しているもの。
  4. 道内の大学・公設試験研究機関等で生み出された優れた技術シーズ・特許等を活用した研究開発であり、前出の「新北海道科学技術振興戦略」のいずれかに該当するもの。
研究分野(研究領域)

①食品・バイオ分野(食分野)

②ライフサイエンス分野(健康・医療分野)
③環境・エネルギー分野(環境・エネルギー分野)
④ものづくり分野(先進的ものづくり分野)
⑤情報通信分野(AI・IoT等利活用分野)
⑥その他の分野 
※括弧内は、北海道科学技術振興計画において特に推進する研究開発分野とした重点化プロジェクトに定める分野

 

応募締切
平成30年5月22日(火)
応募要領
採択予定件数

5件程度

補助金額(限度額)
400万円以内/1件
補助率

補助対象経費の10/10以内

事業実施期間

補助金交付決定の日から平成31年3月15日(金)まで

※但し、補助対象経費の執行期限は平成31年2月28日(木)までとします。

対象経費
  • 直接研究に必要な経費で次に掲げるもの
    機器装置費(200万円以内)、機器賃借料、研究補助員賃金、原材料・消耗品、旅費(80万円以内)、その他特に必要と認められる経費
注意事項
  • 経理処理上、当事業に要する経費として区分しがたいもの(既存設備・機械の使用料、固定資産税、水道光熱費等)、施設等の改造費、交際費、会議費、雑費等の一般管理費的な支出は原則対象外とします。
  • パソコン、プリンタ、コンピュータ周辺機器等の汎用物品は、原則として補助対象外とします。
  • 共同研究グループに対する助成であるため、共同研究グループを構成する企業からの物品の調達や、当該企業への外注委託等は原則認めません(補助対象外)。やむを得ず必要となる場合は、必ず事前にご相談ください。
  • 研究代表者が企業に所属する場合、消費税及び地方消費税額分(以下、消費税等)は補助対象経費から除きます(補助対象経費は消費税等抜き価格で積算して頂きます)。これは、課税仕入れに伴う消費税等の還付(仕入税額の控除)と補助金交付が重複しないようにするためです。
申込書類

※1

このWORD形式のファイルはWindows版のWordソフトで作成されております。
MACでご覧の方は、PDFファイルで画面表示や印刷結果を確認することを推奨します。

 

問い合わせ先

〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目 北海道大学構内コラボほっかいどう
ノーステック財団(公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
2F研究開発支援部 TEL:011-708-6392 FAX:011-747-1911