戦略的基盤技術高度化支援事業

平成21年度プロジェクト
低コスト、低燃費を目指した自動車用ATクラッチ板製造装置の開発
  • 研究機関
    シンセメック(株)、北海道大学
  • 研究概要
    自動車部品であるクラッチディスクは、ベース材の鉄板に約1mm の厚さのリング状摩擦材を貼り付けた構造である。この摩擦材は、シート材を打ち抜いて作られるが、残った円形中抜き材はスクラップとして廃棄処理される。本研究は、このスクラップ材をクラッチディスク用摩擦材として再利用するとともに、省工程を実現することで、クラッチディスクの製造コスト低減と省資源に資するものである。