北海道のバイオ産業のネットワーク、道外パートナーズとの連携・販路拡大

英語ページ
日本語ページ

イベント報告

「抗酸化値による北海道産品マーケティングシンポジウム~抗酸化値を活用した食品の高付加価値化~」を開催いたしました。

日時
2012/02/02  
13時30分~17時20分
(17時40分~19時00分:交流会あり(会費制))
場所
札幌アートホテルズ 2F ポプラ(札幌市中央区南9条西2丁目2-10)
主催
北海道経済産業局、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム、公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
詳細
 北海道では、抗酸化値を活用した道産品の高付加価値化への取組みについて研究会の開催やテストマーケティングの実施など様々な取組みを展開してきましたが、その成果をふまえ、さらに広範囲な民間事業者を巻き込んだ新たな実施計画の策定が求められております。
 そこで、本シンポジウムでは、抗酸化食品に関するこれまでの北海道の取組みについて報告、総括するとともに、抗酸化値を活用した道産品の高付加価値化、農水産事業者、流通業者、外食事業者等を巻き込んだ新たな実施計画及びそのための課題について議論したいと考えております。
 ご多忙の折とは存じますが、抗酸化値を活用したマーケティング活動にご関心をお持ちの事業者さまをはじめ、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

...★☆プログラム等の詳細につきましては、別添の開催案内をご参照願います。☆★...
備考
別添の参加申込書に記入の上、1月27日(金)までにFAXまたはE-mailにてお申し込みください。

結果報告

 寒波の影響により例年にない寒い日が続く今月2日、「抗酸化値による北海道産品マーケティングシンポジウム~抗酸化値を活用した食品の高付加価値化~」開催の札幌アートホテルズ ポプラには101名の参加者が集いました。
 また、交流会では北海道産品を用いたアンチエイジングメニューが提供され、ワインのコーナーではパネリストでもあります池田ブドウ・ブドウ酒研究所の内藤様が直接参加者にワインについて説明を行ったり、シンポジウムの出席者が講師に質問する姿などが見受けられ、活発な交流が行われました。
 
シンポジウム会場の様子

パネルディスカッション
お問合せ先
公益財団法人北海道科学技術総合振興センター クラスター研究部
担当:工藤賢・藤根淳子  TEL:011-708-6392  E-mail:fujine@noastec.jp