北海道のバイオ産業のネットワーク、道外パートナーズとの連携・販路拡大

英語ページ
日本語ページ

イベント報告

「健康産業創出シンポジウムin北海道-健康産業の未来と、食品の機能性表示のあり方を考える-」開催いたします!(先着200名)

日時
2010/10/28  13:30 ~ 17:15
場所
京王プラザホテル札幌 B1F プラザホール(札幌市中央区北5条西7丁目)
主催
北海道バイオ産業クラスター・フォーラム(ノーステック財団)、一般社団法人北海道バイオ工業会、経済産業省北海道経済産業局
詳細
健康産業創出シンポジウムin北海道
- 健康産業の未来と、食品の機能性表示のあり方を考える -

 近年、国民の健康意識の高まりや高齢化の進展に伴い、健康の維持・増進、疾病の予防・克服などの生活者ニーズに対応した機能性食品の開発・提供に対する期待が大きくなっています。一方、我が国では、食品の機能性表示について、特定保健用食品(トクホ)にて一定の基準に基づく表示が認められているものの、許可取得には多額のコストがかかり、中小企業の参入は困難であるともいわれています。
 これらを背景に、機能性表示に関する規制緩和や新たな仕組みづくりを求める民間団体、自治体等の活動が活発化しつつあることから、全国の関係団体・企業、専門家、自治体などが一堂に会し、食品の機能性表示のあり方等に関する議論、情報提供を行うシンポジウムを開催します。

 当日は、シンポジウムの後、講演者や参加者の方々と交流を深める場として「交流会」(3,000円)も予定しております。是非、ご参加下さい。

★☆...プログラム等の詳細、参加申込書については、別添の「健康産業創出シンポジウムin北海道」プログラム・参加申込書(PDF)をご覧下さい。...☆★


URL : http://www.hkd.meti.go.jp/hokio/kenko_sympo/index.htm
備考
「企業名、役職、氏名、電話番号、Eメールアドレス、交流会の出・欠」を明記の上(別添参加申込書もご利用下さい)、10月21日(木)までに、Eメール又はFAXにてお申し込み下さい。

結果報告

約150名近い参加者により開催されました。
当日は、基調講演の後、パネルディスカッション、展示スペースでの交流、また懇親会等を行い、意見交換・交流を深めていました。
 
セミナーの様子

パネルディスカッション
お問合せ先
(財)北海道科学技術総合振興センター クラスター研究部
担当:松岡・工藤  TEL:011-708-6392  E-mail:matsuoka@noastec.jp