北海道のバイオ産業のネットワーク、道外パートナーズとの連携・販路拡大

英語ページ
日本語ページ

TOPICS

北海道食品機能性表示制度認証に向けた「食品の安全性・機能性」に関するエビデンス取得の支援事業について(平成25年8月12日公募〆切り)

日時
2013/08/02
詳細
拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 さて、当財団では、北海道庁が本年6月より運用を開始しました「北海道食品機能性表示制度」の認証取得に向けた「食品の安全性・機能性評価試験」の実施に対する支援を行います。 つきましては、健康食品や保健機能性素材等の開発を行っております企業の皆様方で要望がございましたら、別添の要望調査票に記載のうえ、平成25年8月12日(月)までに申請ください。 敬具
                               

1. 試験評価の対象素材・製品 「北海道食品機能性表示制度」の認証を目指した食品素材・加工食品

2.評価区分(複数選択可) ①成分分析・機能評価(細胞) ②機能評価(動物) ③ヒト臨床試験に向けた安全性試験 ④ヒト臨床試験

3.対象素材・製品の決定と機能性評価に係る契約について 当財団が、外部審査委員会にて申請内容を審査し、支援の対象素材・製品を決定する予定です。支援対象となった企業様と当財団で、「食品素材・加工食品の安全性・機能性評価試験の実施に係る契約」を締結し、当財団と連名で評価機関に試験を依頼していただきます。

4.評価に係る費用等 支援する金額は、連名にて依頼した試験費用総額の3分の2程度を予定していますので、3分の1程度の自己負担が発生します。試験終了後、該当金額を請求させていただきます。 但し、大企業の場合は2分の1の支援額とさせていただきます。

5. 試験結果の公表 本試験で安全性・機能性が認められた場合には、試験結果の概要を公開させていただきます(公開する範囲は、企業様と当財団で協議して決定します。)。また、当財団が主催するセミナー等で、評価試験を実施したことについて、広報することにご承諾いただきます。

6.要望調査票の提出期限について 別添要望調査票に内容を記載のうえ、8月12日(月)迄郵送にてお送りください。

連絡先 : 札幌市北区北21条西12丁目 コラボほっかいどう
      公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
      クラスター研究部 工藤 中里
       Tel:011-708-6392 FAX:011-747-1911
       mail:mkudo@noastec.jp

URL : http://www.noastec.jp
資料
申請書