北海道のバイオ産業のネットワーク、道外パートナーズとの連携・販路拡大

英語ページ
日本語ページ

機能性食品の素材紹介

 コンブ、ワカメ、ノリなどの海藻類は、日本の食文化を語るうえで欠かすことのできない海の食材として親しまれている。そのなかで、日本人にとって最も馴染みの深い海藻がコンブだ。海藻由来の機能性素材は、フコイダンを中心にカロテノイドの一種であるフコキサンチンも今後の市場形成に大きな期待がかかる。海藻市場を牽引するフコイダンは、抗腫瘍、免疫賦活、抗ピロリ菌、抗ウイルスを切り口に食品用途での商品化が活発化。“二日酔い対応”“アスリート向け”“メタボ対応”など、新コンセプトの商品開発も進んでいる。化粧品用途では、保湿や美容・美白を訴求する商品への配合が目立つほか、育毛対応素材としての注目も高まっている。
 コンブは寒流の親潮海域に生息する代表的な海藻で、一大産地は北海道沿岸。コンブが群生する大きな藻場は、ウニやアワビなどの水産資源や多様な生態系を保つ上でも重要な役割を担っている。またコンブが群生する海域は、それだけ良好な漁場環境が保たれている証しともなっている。
 一般的には、生物学的な和名として「コンブ」という言葉を用いるが、正確にはコンブ科植物の種を標準和名として使う。日本の沿岸域には30 種以上のコンブが生息。北海道ではマコンブ、リシリコンブ(利尻コンブ)、オニコンブ(羅臼コンブ)、ホソメコンブ(細目コンブ)、ミツイシコンブ(日高コンブ)、ナガコンブ(長コンブ、厚いものは厚葉コンブ)、ガゴメコンブなどが漁獲される。特に日高コンブや利尻コンブは、ブランド物として高値で取引される。
 栄養面では、ビタミンやミネラルが豊富なほか、海藻特有のヌメリ成分にはアルギン酸などの食物繊維や、多糖類の一種であるフコイダンを豊富に含む。さらに、海藻由来の新規素材として注目されているのが、褐藻類特有のカロテノイドであるフコキサンチンだ。現在、抗肥満・抗糖尿作用に着目した研究が進められており、食品や化粧品・エステ分野において市場が形成されつつある。

フコイダン

 海藻由来の機能性素材の代表格はフコイダン。フコイダンは、グルコースやフコースなどの単糖類が数珠つなぎに結合したもの。原料由来はガゴメコンブのほか、モズク(オキナワ・トンガ)、マコンブ、ワカメのメカブなど多岐にわたり、海藻の由来別にフコイダンの構造が異なる。そのため、原料メーカーでは、抗腫瘍、免疫賦活、抗ピロリ菌、抗ウイルス、育毛、美容(保湿)など、由来別に違った視点から研究データを蓄積する。由来別に異なる訴求ポイントで市場を形成しているのがフコンダンの大きな特徴だ。代替医療の現場では、充実したエビデンスを背景に、高い評価を受けている製品もある。
 市場にはドリンク、顆粒、錠剤、エキスなどのサプリメントから、茶、飴、乳製品など多様な食品が流通する。また近年では、二日酔い対応、アスリート向け、メタボ対応など、新たなコンセプトによる商品化も進んでいるほか、育毛対応素材としての市場形成も本格化している。
 北海道産コンブでは、ガゴメコンブ、マコンブの仮根(ガニアシ)、スジメ由来のフコイダンが開発されている。

ガゴメコンブ

 コンブの中でも、トロロコンブ属に属するガゴメコンブは、水温・水深などの生育条件にデリケートで、北海道函館市の津軽海峡沿岸を中心とする限られた場所でのみ漁獲される。名前は、特徴のあるでこぼこ模様が籠の目に似ていることに由来する。ガゴメコンブはマコンブに比べて硬く、ぬめりが強いことから、トロロコンブや松前漬けなどの加工食品に利用されていた。
 しかし近年の研究で、他のコンブに比べ、フコイダンを高含有することが分かり、ガゴメコンブ由来のフコイダンを利用した商品開発が活発化。ガゴメコンブには乾燥重量当たり約5%のフコイダンを含有することが明らかとなった。
 函館市管内のガゴメコンブの年間漁獲量は250 ~ 300t で推移している。漁獲時期は7~ 10月。現在は天然のガゴメコンブが主流だが、各漁業協同組合では増養殖によって増産に対応できるよう、さまざまな取り組みを行っている。ガゴメコンブは、雑コンブ、元揃コンブ、折コンブ、長切コンブなどの形態で出荷されていたが、近年は90㎝ほどに切り揃えた雑コンブが主流となっている。
 函館では産学官連携で函館マリン・バイオ・クラスターを組織し、ガゴメコンブを活用した商品のPRに力を入れている。クラスターには民間企業約40 社が参画。開発された商品はサプリメントや化粧品のほか、松前漬、イカ明太、明太子などの水産加工品、キャラメルやチョコレートなどの菓子類、食酢、塩、しょう油、ドレッシング、ふりかけ、ラーメン、納豆など100 品目近くに上る。
 ガゴメコンブ由来のフコイダンを用いた機能性研究では、抗腫瘍作用、抗血栓作用、組織障害の修復作用、育毛促進作用、皮膚細胞活性化作用、抗ペプシン作用などのデータが報告されている。

取材協力先企業

ご紹介した北海道産機能性食品素材の内容は、以下の企業及び製品をもとに作成しております。
 企業名 主要製品
㈶函館産業振興財団 がごめ昆布